超得!Pythonを教育訓練給付制度で学ぶ方法【AIスキルで手に職】

現在、さまざまな分野でAIが使われるようになってきており、AI開発のニーズは高まっています。一方でAI開発者は常に不足しており、今後も供給が追い付かない状況が続くと見込まれています。


参照:経済産業省『IT人材需給に関する調査』

AI開発に多用されるPythonのスキルは、身につければ食いっぱぐれない手に職と言えるでしょう。プログラミング言語別の年収でもPythonは断トツです。

教育訓練給付制度を利用してPythonを学ぶ方法があります。経済産業省からReスキル講座として認定されたプログラミングスクールのAIコースデータサイエンスコースが教育訓練給付金の対象です。

教育訓練給付制度の対象プログラミングスクールPythonコース
スクールコース 料金/受講期間 特徴
キカガク
AI人材育成コース
792,000円/無制限
給付金利用→237,600円
追加料金なしで多数のコースを受講し続けていける。
Aidemy
Premium Plan
528,000円/3ヵ月
給付金利用→158,400円
858,000円/6ヵ月
1,078,000円/9ヵ月
全8講座のうち給付金対象は4講座あり。
テックアカデミー
Python+AIセット
174,900円/4週間
229,900円/8週間
284,900円/12週間
339,900円/16週間
給付金利用→問合わせ
もっとも安い。ただし期間が短い。
datamix
データサイエンティスト育成講座
742,500円/18週間
給付金利用→問合わせ
3ヵ月ごとの開講。入試あり。

これらのReスキル講座は、専門実践教育訓練給付制度(受講料の最大50%を給付)を利用できます。

キカガクAI人材育成コースのように長期的に受講できるコースもあるので、仕事後に帰宅してからでも無理なく学習を続けていくことが可能です。

専門実践教育訓練給付金をわかりやすく解説【条件と支給額】

Pythonを教育訓練給付制度で学ぶには

教育訓練給付制度でPythonを学習するには、経済産業省のReスキル講座に認定されたプログラミングスクールのPythonコースを選びます。

Reスキル講座とは

経済産業省は、AIやデータサイエンスなどの新技術・高度技術のIT教育を行う講座をReスキル講座に認定しています。受講すると厚生労働省が給付する専門実践教育訓練給付金(受講料最大70%給付)を受け取れます。

プログラミングを学べるReスキル講座はそこそこ見つかりますが、PythonのReスキル講座はまだまだ少ない状況です。

専門実践教育訓練給付金の利用の流れ

  • プログラミングスクールのカウンセリング・説明会に参加する。
    このときに「専門実践教育訓練給付を利用したい」という旨を伝えて、利用方法を案内してもらう。
  • ハローワークで受給資格を確認し、訓練前キャリアコンサルティングを受ける。(受講開始の1ヵ月前までに完了させる必要がある。)
  • 受講開始
  • 6ヵ月目(または受講修了時)に給付金申請書類をハローワークに提出する。
  • 受講料の最大50%が支給される。

プログラミングスクールのReスキル講座は、専門実践教育訓練給付金を受け取ることができます。給付金額は、スクールに支払った金額の50%(ただし上限40万円/年)です。

プログラミングスクールの授業料は、いったん自分で支払う必要があります。給付金の受け取りは、半年ごとにハローワークに支給申請すると銀行口座に振り込まれます。

要するに、格安でプログラミングスクールを利用できるというわけです。

プログラミングスクールのカリキュラムにそって、オンラインで自由時間に受講できます。そのため、仕事を続けながら帰宅後や休日に学習していくことが可能です。

スクールの転職サポートを利用して転職先を探すこともできます。Reスキル講座でスキル習得後に再就職した場合はさらに受講料の20%が給付されます。

Pythonをプログラミングスクールで学ぶなら、給付金を利用しない手はありません。

Pythonを学べる専門実践教育訓練対象コース

キカガク AI人材育成コース

AI人材育成コース修了後はWebアプリやデータサイエンスなど追加料金なしで無制限に学習できるお得なスクール。

キカガク
受講スタイル オンライン
言語
ライブラリ
Python
NumPy・pandas・Flaskほか
受講料 792,000円/無制限
給付金利用可能
237,600円
転職支援 転職相談あり
申込方法 無料オンライン説明会から申込可能
  • プログラミング未経験でも受講可能な体制
  • コース修了後はPython・AIの講座を学び放題
  • 環境構築なしですぐに学習開始可能
  • 講師に質問し放題+メンタリング/週1回
  • 転職サイト大手dodaと提携して転職支援

キカガクは、期間無制限でAI学習できるスクールです。AI人材育成コースは、6ヵ月の修了率90%以上と挫折しないカリキュラム。しかも修了後は機械学習・データ分析・自然言語処理・AIアプリ開発等を無料で受講して学習を続けていくことができます。数あるAIプログラミングスクールの中でもっともコストパフォーマンスが良いスクールです。

転職サイト大手dodaと提携しており、AI技術者として転職を目指す場合にも手厚いサポートを受けることができます。教育訓練給付金の利用方法は無料オンライン説明会で聞いてみると良いでしょう。

Aidemy プレミアムプラン

Aidemyプレミアムプラン
受講スタイル オンライン
言語
ライブラリ
Python
NumPy・pandas・Flask
受講料 528,000円/3ヶ月
↑ 158,400円(給付金利用)
858,000円/6ヶ月
給付金利用可能
1,078,000円/9ヶ月
転職支援 転職相談あり
申込方法 無料オンライン相談から申込可能
  • 未経験から最短3ヶ月間でAI・機械学習エンジニア
  • Pythonに特化したカリキュラムは選び放題
  • 環境構築なしですぐに学習開始可能
  • オンライン指導25分/回・チャットで質問し放題
  • 給付金対象講座はAIアプリ開発・データ分析・自然言語処理の3ヶ月または6ヶ月プラン

Aidemyプレミアムプランは、最短3ヶ月間でAIエンジニアを目指すコースです。 講座は、機械学習・データ分析・自然言語処理・AIアプリ開発等から選べます。しかも講座は選び放題のシステムなので、学習速度が早ければどんどん講座を追加して受講できます。

Aidemy Premium全8講座のうち給付金制度が利用できる講座は下記の4つです。

  • AIアプリ開発講座(3ヶ月/6ヶ月プラン)
  • データ分析講座(3ヶ月/6ヶ月プラン)
  • 自然言語処理講座(3ヶ月/6ヶ月プラン)
  • E資格対策講座(3ヶ月プラン)

教育訓練給付金を利用して受講を検討している人は、無料オンライン相談で利用方法を案内してもらえます。

テックアカデミー Python+AIセット

Python+AIセット
言語
ライブラリ
Python
Pandas・scikit-learn・Keras・TensorFlow
受講料 316,800円/8週間
360,800円/12週間
404,800円/16週間
503,800円/24週間
↑ 給付金利用可能
転職支援 転職サポートあり
受講スタイル オンライン
申込方法 コース案内ページから申込可能
  • 入金が完了すると受講開始日の前からすぐにチャットサポートを開始
  • 週2回マンツーマンでのメンタリング・毎日15〜23時のチャットでサポート
  • 先割:先行申込で受講料5%OFF
  • トモ割:同僚や友人と一緒に受講すると受講料が10,000円割引
  • Reスキル講座:教育訓練給付金を利用可能

テックアカデミーのPython+AIセットコースは、Pythonコースで基礎から学び、AIコースで人工知能・機械学習のスキルを習得できるコースです。AIコースの学習ではライブラリやデータベースなども学びます。プログラミング未経験の方は16~24週間のゆとりある期間で学習したほうが良いでしょう。

教育訓練給付金を受けられるコースには、ほかにPython+データサイエンスセットがあります。給付金の利用方法と割引額はカウンセリングで案内してもらえます。受講申し込みはプログラミング無料体験を受けてみて、検討してから申し込みできます。

\無料体験すると受講料10,000円OFF/ テックアカデミー Python+AIセットの詳細を見る

datamix データサイエンティスト育成講座

言語 Python・R言語・SQL
受講料 742,500円
+27,500円(入学金)
転職支援 転職支援サービスあり
受講スタイル オンライン・通学(東京)
申込方法 講座案内ページから申込可能
  • 入学試験あり(データやプログラミングの予備知識が必要)
  • 少人数制の授業体制
  • 説明会参加者にeラーニング「データサイエンス入門セット」プレゼント
  • 教育訓練給付制度を利用可能

datamixデータサイエンティスト育成講座は、データ分析・統計解析を身につけてビジネスで活用できる人材を育てる講座です。さまざまな産業・職種の実務でどう活かすのかという応用力に重点が置かれているのも特徴です。

datamixには入学試験があります。プログラミング未経験者は基礎講座から学習して、本講座へステップアップすることになります。

教育訓練給付制度を利用できる講座には、ほかにも気象データアナリスト育成講座があります。無料説明会・体験講座を実施しており、これらを受けてみて検討してから申し込みできます。

datamix データサイエンティスト育成講座の詳細を見る

おすすめはキカガク

給付金を利用すると、どのスクール(コース)もだいたい20万円前後で受講できます。同じような料金でありながらキカガクだけはさらに別のコースを次々と受講していくことができるため、結局100万円以上の価値があると言えるでしょう。

キカガクAI人材育成コースは、長期的にPythonを学習していきたい人にはお得なスクールです。AI人材育成コースを受講したあとに、追加料金なしで受講できる講座には次のようなものが用意されています。

Web開発、画像処理、自然言語処理、機械学習、ディープラーニング、データサイエンス、IoT、E資格取得

キカガクなら修了後に無料でスキルアップしていくことができるので、ずば抜けてお得というわけです。

まとめ

教育訓練給付制度の対象プログラミングスクールPythonコース
スクールコース 料金/受講期間 特徴
キカガク
AI人材育成コース
792,000円/無制限
給付金利用→237,600円
追加料金なしで多数のコースを受講し続けていける。
Aidemy
Premium Plan
528,000円/3ヵ月
給付金利用→158,400円
858,000円/6ヵ月
1,078,000円/9ヵ月
全8講座のうち給付金対象は4講座あり。
テックアカデミー
Python+AIセット
174,900円/4週間
229,900円/8週間
284,900円/12週間
339,900円/16週間
給付金利用→問合わせ
もっとも安い。ただし期間が短い。
datamix
データサイエンティスト育成講座
742,500円/18週間
給付金利用→問合わせ
3ヵ月ごとの開講。入試あり。
  • 経済産業省からReスキル講座として認定されたプログラミングスクールのAIコースデータサイエンスコースが教育訓練給付金の対象。
  • Reスキル講座は、専門実践教育訓練給付制度を利用できる。仕事後に帰宅してから学習していくことも可能。
  • 給付金額は、スクールに支払った金額の50%(ただし上限40万円/年)。
  • Reスキル講座でスキル習得後に再就職した場合はさらに受講料の20%が給付される。(つまり、最大70%の給付となる)

プログラミング自体をやったことがない未経験者の場合は、プログラミング(またはコーディング)がたして自分に向いているのかわからず、学習を続けられるか不安かもしれません。

プログラミングスクールが実施している無料体験を利用して、経験してみる方法もあります。

テックアカデミーではプログラミング無料体験ができます。HTML&CSSでウェブコーディング、JavaScriptでプログラミングに触れながら天気予報アプリ作成のカリキュラムを、本コース同様の学習システムを利用して1週間だけ無料で学ぶことができます。プログラミングに興味があるけど自分に向いているかどうかが心配な人は、無料体験で試してみると一歩を踏み出すきっかけになるでしょう。

テックアカデミー プログラミング無料体験

テックアカデミー プログラミング無料体験
言語 HTML&CSS・JavaScript
受講料 無料/1週間
受講スタイル オンライン
申込方法 無料体験案内ページから申込可能
  • 1週間、本コースと同様の教材・サポートなどの学習システムを無料体験
  • 講師は通過率10%の採用選考で選ばれた現役エンジニア
  • マンツーマンのメンタリング・毎日15〜23時のチャットでサポート
  • 必要なもの:パソコン・インターネット環境

こんな人におすすめ

  • いろんな口コミや評価があって、どのスクールにしようか決めかねている。
  • プログラミング未経験なので授業について行けるか心配。
  • テックアカデミーが気になっているが、自分に合っているのか不安。

テックアカデミー プログラミング無料体験は、本コースの学習システムと同様の教材・サポートなどを体験できます。無料体験ですがカリキュラムがあります。1週間の体験期間にウェブサイトの仕組みからHTML&CSS、JavaScriptでプログラミングの基礎を学習し、天気予報アプリ作成を経験できます。

この内容を無料で体験できるというのはすごいことです。プログラミングの予備学習として成り立つほど十分な内容となっています。スクール探しの際に、他のスクールとの比較基準にしても良いでしょう。「プログラミングなんて自分にできるんだろうか」と不安な方は、体験するのはタダなのでこの機会に利用してみると良いでしょう。

  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。プライベートではPHP・MySQLでウェブサービスを作りつつ、副業で収入を得ています。「プログラミングは人生を豊かにする」と実感しています。