専門実践教育訓練給付金をわかりやすく【在職中・働きながらも可】

教育訓練給付金制度のうち、もっとも給付割合が多いのが専門実践教育訓練給付金です。

就労中の人でも利用することができます。支給の申請はハローワークでおこないます。帰宅後や休日に時間を取って、自分のペースで学習するなら技術・スキル系がおすすめです。

専門実践教育訓練給付金でWeb系スキルを身につける方法もあります。

この記事では、専門実践教育訓練給付金制度をわかりやすく解説します。※教育訓練給付制度の詳細はこちらの記事で解説しています。

専門実践教育訓練給付金をわかりやすく!

専門実践教育訓練制度の位置づけ
教育訓練の種類 制度の目的 給付
一般教育訓練 雇用の安定・就職の促進に資する教育訓練を目的 受講費用の20%(上限10万円)を訓練修了後に支給
特定一般教育訓練 労働者の速やかな再就職及び早期のキャリア形成に資する教育訓練を目的 受講費用の40%(上限20万円)を訓練修了後に支給
専門実践教育訓練 労働者の中長期的キャリア形成に資する教育訓練を目的 受講費用の50%(年間上限40万円)を訓練受講中6か月ごとに支給

専門実践教育訓練給付金とは、教育訓練給付金制度のうちの一つです。雇用保険被保険者が、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練を受講した場合に、修了後に本人が支払った教育訓練費の一定額がハローワークから支給される制度です。

もっとも多く給付金をもらえるのが専門実践教育訓練給付金です。

専門実践教育訓練給付金とは

厚生労働省が指定する専門的・実践的な教育訓練を受講・修了した場合に訓練費用の一部を支給する制度です。利用は就労中の人でも構いません。

  • 学校・講座に支払った金額の50%(ただし上限は40万円/年)。
  • 資格取得・スキル習得後、1年以内に就職するとさらに20%上乗せ(ただし上限は16万円/年)。
  • 失業している場合は、受講期間中に教育訓練支援給付金の支給あり。

つまり、専門実践教育訓練の修了1年以内に雇用保険被保険者となる転職をした場合に、教育訓練費の70%(年間上限56万円)が支給されます。

専門実践教育訓練給付の条件

参照:厚生労働省『教育訓練給付制度のご案内』

専門実践教育訓練給付金の支給条件

  • 雇用保険被保険者(雇用保険加入者)の方。離職者は、離職日から1年以内の方。
  • 初めて専門実践教育訓練給付金を利用する場合は2年以上の雇用保被保険者。それ以外の方は3年以上の雇用保険被保険者。

雇用保険被保険者とは

雇用保険に加入している人のことです。正社員のみならず、アルバイトでも雇用保険に加入しているケースがあります。給与明細において雇用保険料が引かれている場合は加入者です。

つまり、雇用保険加入者であれば、就労中の人でも専門実践教育訓練給付金で資格・スキル習得が可能なお得な制度です。

専門実践教育訓の申請方法

  • ハローワークでジョブカード発行してもらう。
  • 訓練前キャリアコンサルティングを受ける。
  • 入校日の1ヵ月前までにハローワークで申請する。

専門実践教育訓練給付金をもらうには、ハローワークで事前に手続きが必要です。(お近くのハローワークで構いません。)訓練前キャリアコンサルティングを受けて、受給資格があることを確認する必要があります。

スクール・講座が決まったら、入校日の1ヵ月前までにハローワークで申請します。

支給申請のスケジュール

専門実践教育訓練給付金は半年ごとに支給申請します。そのため、支払った授業料の半期分について計算されて支給されます。

いくらもらえるかは、スクール・講座の授業料によって異なります。次の例を見ると理解しやすいかもしれません。

例:年間授業料100万円、入学金20万円

  • 入校1ヵ月前まで:ハローワーク申請
    訓練前キャリアコンサルティング
    ジョブカード発行
  • 入校1ヵ月前
  • 入校(訓練受講開始)
  • 6ヵ月後:35万円
    (100万円÷2+20万円)×50%
  • 1年後:5万円
    100万円÷2×50%(ただし上限40万円/年)
  • 1年半後:25万円
    100万円÷2×50%
  • 2年後:15万円
    100万円÷2×50%(ただし上限40万円/年)
  • 就職:32万円
    120万円×20%(ただし上限16万円/年)
    100万円×20%(ただし上限16万円/年)

給付金はいつ振り込まれるのか

専門実践教育訓練給付金は、受講開始日以降半年ごと(6ヵ月ごと)に支給申請する必要があります。

支給申請してから、早ければ1週間程度で銀行口座に振り込まれます。

給付金の対象資格・スキル

IT・情報

AIエンジニア、データサイエンティスト、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、IoTエンジニア、ITSSレベル3以上の資格

専門的サービス

キャリアコンサルタント

医療・福祉

看護師、准看護師、助産師、保健師、介護福祉士、美容師、理容師、保育士、栄養士、歯科衛生士、歯科技工士、社会福祉士、柔道整復師、精神保健福祉士、はり師、あん摩マッサージ指圧師、臨床工学技士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、視能訓練士

販売・製造

調理師、製菓衛生師

技術

測量士補

※そのほか大学・専門学校など履修科目に該当する場合があります。

在職中なら技術系がおすすめ

  • 他の資格に比べて学習期間が短く、最短3ヵ月程度で習得できる。
  • スクールを利用できるので、毎月募集されているので受講しやすい。
  • 技術者の年収が他の職業よりも高いので、費用対効果が良い。

専門実践教育訓練給付金は在職中の人も利用できます。働きながら利用する場合は、帰宅後や休日に学習を進めやすい技術・スキル系がおすすめです。資格のように受験日が決まっているわけではないので、自分のペースでスキルを習得していくことが可能です。

技術・スキル系スクールで専門実践教育訓練給付金を利用できるのは、経済産業省が指定する第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)に指定されたAIコースデータサイエンスコースを持つスクールです。

Web系のスキルを学習できるコースもあります。

[cx id="3690"]

まとめ

  • 専門実践教育訓練給付金とは、教育訓練給付金制度のうちの一つ。もっとも多く給付金をもらえるのが専門実践教育訓練給付金
  • 専門実践教育訓練の修了1年以内に雇用保険被保険者となる転職をした場合に、教育訓練費の70%(年間上限56万円)が支給される。
  • 専門実践教育訓練給付金をもらうには、ハローワークで事前に手続きが必要。
  • 専門実践教育訓練給付金は半年ごとに支給申請する。そのため、支払った授業料の半期分について計算されて支給される。
  • 専門実践教育訓練給付金は在職中の人も利用できる。働きながら利用する場合は、帰宅後や休日に学習を進めやすい技術・スキル系がおすすめ。
  • 帰宅後や休日に時間を取って、自分のペースで学習するなら技術・スキル系がおすすめ。専門実践教育訓練給付金でWeb系スキルを身につける方法もある。

Q & A

  • 専門実践教育訓練給付金はどんな制度か?
  • 厚生労働省が指定する専門的・実践的な職業訓練を受講・修了した場合に訓練費用の一部を支給する制度。
  • 自分が専門実践教育訓練給付金の対象かどうか?
  • 専門実践教育訓練給付金を始めて利用する場合は雇用保険加入期間が2年以上の方が対象。過去に利用したことがある場合は3年以上。
  • 専門実践教育訓練給付金はどのように手続きする?
  • 学校・講座の入校1ヵ月前までにハローワークで手続きする。訓練受講日の1ヵ月前までに訓練前キャリアコンサルティングを受けてジョブカードを作成する必要がある。
  • 専門実践教育訓練給付金の支給申請はいつまでに、どのように申請する?
  • 半年ごとに、半年経過から1ヵ月以内にハローワークに申請する。
  • 専門実践教育訓練給付金はいつ出る?いつ振り込まれる?
  • 支給申請から早ければ1週間程度で銀行口座に振り込まれる。
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。プライベートではPHP・MySQLでウェブサービスを作りつつ、副業で収入を得ています。「プログラミングは人生を豊かにする」と実感しています。