プログラミングのノートパソコン【何をどうやって選ぶのか】

プログラミングのノートパソコンのおすすめThinkPadの画像

プログラミングに使うノートパソコンをどうやって選んだらいいのか。

プログラミングに適したパソコンの性能(CPU、メモリ、容量)には目安があります。

ノートパソコンでも全然問題なくプログラミングできます。

私自身はプログラミングの経歴が10年です。家ではノートパソコン(ThinkPad)を使用してプログラミングしています。

この記事では、プログラミングのノートパソコンについて解説します。

プログラミングはノートパソコンで大丈夫なのか

プログラミングはノートパソコンで大丈夫です。全く問題ありません。私自身も毎日、ThinkPadというノートパソコンでプログラミングしています。

むしれ、プログラミング初心者の学習や入門にはノートパソコンが向いています。不明点やエラー解決方法を聞きに行くときに、パソコンごと持って行けるほうが便利だからです。

ノートパソコンを買うときには、つい性能面から考えがちです。しかし、プログラミングに使うノートパソコンを選ぶときに意識したいのは次の2点です。

  • キーボード:長時間のプログラミングでも手指が疲れないこと。(私はプログラミング用ノートパソコンを買うときに最も重要視しました。)
  • 画面サイズ:15インチ以上。画面をスクロールする頻度が少なくて済むからです。

これらを意識して選べば、プログラミングのストレスはかなり軽減します。

性能面だけではなく、プログラミングでの実用面を忘れないように。

プログラミングのノートパソコンの選び方

プログラミングに使うノートパソコンを選ぶときには、次の3つについて絞っていきます。

  • OS:こだわりがなければWindowsがおすすめ。ただし、iPhoneアプリの開発をするつもりならMac。
  • サイズ:画面は広いほうがいい。できれば15インチ以上。画面が小さいとストレスを感じる。
  • 性能:CPU Core-i5、メモリ 8GB、ストレージ SSD256GB

OSの選び方


OSシェア率は、Windowsが8割以上を占めていることが分かります。出典:Operating System Market Share

どのノートパソコンを買おうか選び始める前に、まず決めなければならないのがOSです。

市販されているノートパソコンのOSは、次の2つです。

  • Windows:MicrosoftのOS。Lenovo、DELL、hp、NECなどのパソコンが搭載。
  • MacOS:AppleのOS。Appleのパソコンのみが搭載。

このどちらかから選ぶことになります。

Windows

プログラミング言語のほとんどをWindowsで扱うことができます。

OSに特にこだわりがないのなら、Windowsのパソコンをおすすめします。その理由は、Windowsの利用者が多いから。

ウェブ検索で得られるプログラミングの情報も、Windows環境を前提としたものが圧倒的に多いです。

プログラミングは、ほとんどがエラーとの闘いです。エラーの解決方法が見つかりやすいというのは、Windows環境のメリットです。

MacOS

プログラミングでやりたいことがiPhoneアプリ開発なら、必然的にMacを選ぶことになります。

ウェブ系の開発でもMacがよく使われています。

Adobeのアプリケーション(イラストレーターやフォトショップ)との親和性が高いからです。

もし、iPhoneアプリ開発やウェブ業界への転職を視野に入れてプログラミングを学習するなら、Macに使い慣れていると転職でも有利になります。

面接で「うちの環境はMacなんだけど大丈夫?」と聞かれても、「家でもMacを使っているので大丈夫です!」と答えられます。

サイズの選び方

プログラミングのノートパソコンを選択する上で、サイズ(画面サイズ)はとても重要です。

  • 12~13インチ:コンパクトで持ち運びしやすいが画面は小さい。
  • 14~15インチ:プログラミングするなら確保したい画面サイズ。
  • 17インチ:デスクトップパソコンに近い十分な大きさ。

15インチ以上ならストレス無し

画面が広いとスクロールしなくても済むし、ウェブブラウザやエディタを同時に使いやすいです。

12.5インチのノートパソコンでプログラミングをしたことがありますが、スクロールしてばっかりでプログラミングがはかどりませんでした。画面の狭さはストレスになります。

現在は、15インチのノートパソコンでプログラミングしています。画面の広さは十分です。

できればキーボードにテンキーが付いているものを選ぶと、プログラミングでも便利です。

プログラミングを学習していく中でどうしても画面が狭く感じ始めたなら、モニターを使うことで解決します。

また、ウェブ系の言語(PHPやRuby)を学習する場合は、イラストレーターやフォトショップを使う必要が出た時点でモニターを追加すればよいでしょう。

なお、イラストや写真に関わる仕事で信頼を得ているのはEIZOのモニターです。色再現の忠実さで定評を得ています。

性能の選び方

プログラミングで使うノートパソコンには、最低でも次の性能が欲しいところです。

  • CPU:Core-i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ :SSD 256GB

もし、プログラミングスクールで学習する予定があるなら、必要な性能を指定されるかもしれません。

パソコンを買う前にスクールの無料体験で聞いてみる方法もあります。

CPU:Core-i5

CPUの性能は、i3 → i5 → i7 の順に高くなります。

プログラムの実行には、Core i5の性能があれば十分です。

CPUは、毎年のように進化していくパーツです。

一年も経てば次世代のCPUに進化していくことを考えると、高性能なCPUにこだわる必要はありません。

CPUをCore i5に抑えておいて、その浮いたお金をストレージ容量増にまわすのが得策です。

メモリ:8GB

ノートパソコンのメモリ容量は、4GB・8GB ・16GB …あたりが一般的です。

プログラミングでは、メモリは8GB以上あったほうが良いです。

プログラムを動かすだけじゃなくて、ブラウザやデータベースを同時に使うようになるからです。

プログラミング中は、不明点・エラーの解決方法をウェブで頻繁に検索します。

メモリが4GBだと、パソコンがクルクルと目を回してしまうでしょう。

ストレージ:SSD 256GB

※以前はハードディスクと呼ばれていたパーツです。現在は、SSD(ソリッドステートドライブ)が主流になりました。

SSDは、動作が早く、衝撃に強いという特徴があります。

ノートパソコンのSSDは、128GB、256GB、512GB、1TB …のラインナップが一般的です。

余裕を見て256GBは欲しいところです。

システムやアプリケーション、データに容量を取られて、どんどん空き容量が少なくなっていくからです。

せっかく持ち運びできるノートパソコンを買うのだから、衝撃に強いSSDがおすすめです。

ただし、SSDはちょっと価格が高めなのです。

そこでCPUをCore i5に抑えておいて、その浮いたお金をSSD 256GBへのグレードアップにまわすのが得策です。

プログラミング用パソコンのスペック【最低これだけあれば】

プログラミングのノートパソコン おすすめ

Lenovo ThinkPad

プログラミングのノートパソコンにWindowsマシンの購入を考えているなら、ThinkPadがおすすめです。

  • キータッチが優れていて、長時間のタイピングでも疲れない。
  • 頑丈で高性能なのに低価格だからコストパフォーマンスが良い。
  • 自分でメモリ増設できるなどカスタマイズしやすい。

ThinkPadのキーボードは反発力があり、長時間のタイピングでも手が疲れません。

頑丈なのも魅力です。ThinkPadはMIL規格に準拠するテストをクリアしています。

Lenovoの期間限定セールでは、2~5割引で直販されています。

期間限定セールをLenovo公式サイトで見る

CPUに、AMD Ryzen5を搭載したモデルはおすすめです。

AMD Ryzen5は、処理性能がインテルCore i5を凌ぐほどでありながら、インテルCPU搭載モデルよりも安いのが魅力です。

楽天のレノボ公式直販では、ThinkPad E595 AMD Ryzen5搭載モデルが特価で販売されています。

レノボ・ショッピング楽天市場店で見る

プログラマがThinkPadを選ぶ理由については、こちらの記事で解説しています。

プログラミングノートPC【プログラマはなぜThinkPadなのか】

Apple MacBook Pro

ウェブ系のプログラミング(PHPやRuby)やウェブデザインをするなら、MacBook Proがおすすめです。

  • プログラミング言語Rubyの環境がインストール済み。
  • イラストレーターやフォトショップと親和性が高い。
  • ウェブ系の仕事に就いても十分に通用する性能を備えている。

iPhoneアプリを開発したいならOSは必然的にMacOSになります。ウェブデザインの現場でもよく使われています。

MacBook Proの性能なら、Adobeのイラストレーターやフォトショップを動かすのも余裕です。

MacBookをAmazonアップルストアで見る

まとめ

  • プログラミングはノートパソコンで全く問題なし。むしろ、初心者の学習にはノートパソコンが向いている。
  • プログラミングに使うノートパソコンを選ぶときに意識したいのは、キーボードと画面サイズ。
  • プログラミングのノートパソコンは、OS、サイズ、性能の3つの観点で絞っていく。
  • OSに特にこだわりがないのならWindows。ただし、iPhoneアプリ開発やウェブ業界への転職を視野に入れているならMacOS。
  • サイズは15インチ以上。性能はCPU Core-i5、メモリ8GB、ストレージ SSD256GB。
プログラミングおすすめノートPC【現役が選ぶガチの3機種】

© 2019-2021 ノンブロ.