プログラミング初心者向けのパソコン【必要なサイズ・性能】

プログラミングに使うパソコンを選ぶときには、必要なサイズや性能を見て選びます。

私自身は業務でのプログラミング歴が10年以上になりますが、プライベートでのプログラミング用にThinkPadというノートパソコンを選びました。

つい性能面に意識が向くあまり、忘れがちなのはサイズやキーボードのことです。ストレスなくプログラミングするためにはキーボードはとても重要です。

Lenovo ThinkPadはキーボードが格段に優れています。プログラミング学習に使うならThinkPad一択といっても過言ではありません。

この記事では、プログラミング初心者が買うべきパソコンについて解説します。

プログラミング初心者向けのパソコンとは

プログラミング初心者向けのパソコンは、次の観点で選んでいきます。

  • パソコンの形状:デスクトップとノートパソコンはどちらが良いのか。
  • 画面サイズ:画面は何インチあれば良いのか。
  • パソコンの性能:CPU、メモリはどのくらい必要なのか。

パソコンの形状にはデスクトップとノートパソコンの2つがありますが、プログラミング初心者ならノートパソコンを選んでおくと良いです。

以前はデスクトップの方が安価だったという印象があって、安くパソコンを買おうと思うとデスクトップを思い浮かべる方もいるかもしれません。

しかし、近年はノートパソコンの価格が下がってきており、わざわざデスクトップを選ぶ必要はありません。持ち運びできるほうが何かと便利です。

プログラミング学習中の不明点を聞きに行くときに、エラーを見せて教えてもらえる状態である方が良いです。

画面サイズは、ノートパソコンの場合は15インチ以上が理想的です。大きな画面で広く作業できることは、学習中のストレスを軽減します。

プログラミングに必要なパソコンの性能には、最低ラインがあります。プログラムを実行したときにメモリがあふれてしまうようだと使い物になりません。

私はプログラミング用にThinkPadというノートパソコンを選びました。意外かもしませんが、もっとも重要視したのはキーボードの打ち心地です。ノートパソコンの場合はキーボードを付け替えることができないので、タイピングしやすさを最優先しました。

プログラミング初心者向けのパソコン

ThinkPad E15
サイズ:15インチ
CPU:Core-i3
メモリ:8GB
ストレージ:256GB
¥59,950

ThinkPad L590
サイズ:15インチ
CPU:Core-i5
メモリ:8GB
ストレージ:256GB
¥69,960

期間限定セールをLenovo公式サイトで見る

プログラミング初心者向けのパソコンで最良なのはLenovo ThinkPadです。現役プログラマーでもThinkPadを選ぶ人が多いほどの定番です。

その最たる理由は、キーボードの打ち心地にあります。LenovoのThinkPadのキーボードは、デスクトップPCのような深くしっかりとした打ち心地なのです。

プログラミングはひたすらキーを打つ作業になります。ThinkPad以外のノートパソコンはキーが薄くてペシャペシャしており、指が疲れてしまいます。

私は会社でDellやHPのパソコンを支給されて、それでプログラミングをしていたことがあります。のちにLenovo ThinkPadが支給されたときに、あまりの打ち心地の違いに驚いた経験があります。それほど、ThinkPadのキーボードは優秀です。多くのプログラマーに支持されている理由がわかります。

デスクトップPCキーボードの交換用に、わざわざThinkPadのキーボードだけが販売されているほどです。

プログラミングおすすめノートPC【現役が選ぶガチの3機種】

プログラミングに必要なパソコン性能

プログラミングには、必要なパソコンの性能があります。

プログラミング初心者の場合、どのくらいの性能が必要なのかが分からないかもしれません。次の性能を目安にすると良いでしょう。

  • CPU:Core-i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB

CPUは、Core-i5以上が理想的です。CPUは、プログラムの実行時に演算を行うパーツです。インテル社の場合はCore-i3、i5、i7があり、数字が大きいほど高性能で高価格になります。毎年のように性能がアップデートしていくパーツですが、そのためにもCore-i5を選んでおくのが望ましいです。

メモリは最低でも8GBは必要です。4GBのパソコンも多いのですが、メモリが少ないとプログラムの実行時にメモリーが足りなくなってしまいます。

プログラミング中は不明点やエラー解決策をウェブで調べることも多いです。プログラミングで使用する開発環境・エディタ・ブラウザを同時に使用するために、最低でも8GBのメモリが必要になります。

メモリは作業領域に例えられます。メモリが多ければ、プログラミング学習にも余裕が生まれます。

ストレージは、以前はハードディスクと呼ばれていたファイルを保存しておくパーツです。現在はSSDという動作の速いストレージが使用されています。パソコン自体のシステムやソフトウェアだけでも保存領域を食ってしまうので、ゆとりをもって256GBを選んでおくのが良いです。

私のThinkPadは、使用歴2年で150GBほど埋まってしまいました。128GBでは足りません。256GBを選んでおいて良かったです。

まとめ

  • 性能面に意識が向くあまり、忘れがちなのはサイズやキーボード。ストレスなくプログラミングするためにはキーボードが意外と重要。
  • プログラミング初心者向けのパソコンは、次の観点で選ぶ。ノートパソコン。サイズは15インチ以上。
  • プログラミング初心者向けのパソコンで最良なのはLenovo ThinkPad。現役プログラマーでもThinkPadを選ぶ人が多いほどの定番。
  • ThinkPadが選ばれる理由はキーボードの打ち心地。デスクトップPCのキーボードのような深くしっかりとした打ち心地。
  • プログラミング用パソコンに必要な性能は、CPU:Core-i5、メモリ:8GB、ストレージ:256GB。

Lenovo ThinkPadは、Lenovoのセールで買うのがお得です。Lenovoはシーズンセールや週末セールをよく開催しているのでチェックしてみると良いです。

Lenovoのセールでは、新品のパソコンが40%~50%も値引きされていることがよくあります。

期間限定セールをLenovo公式サイトで見る

© 2019-2021 ノンブロ.