初心者がプログラミングに使いやすいパソコンと学習のロードマップ

プログラミングを始めてみたい人のなかには、パソコン自体が初心者という人もいるでしょう。

どんなパソコンがプログラミングに使えるのか、手持ちのパソコンで大丈夫なのか、気になると思います。

パソコンを使わない仕事や、パソコン操作が苦手という人は、どうやってプログラミングに手を付けていけば良いのかロードマップを描くのが大変だと思います。

私自身は仕事でVBやPythonを使い、プライベートではPHPやJavaScriptを使うプログラミング経験があります。

この記事では、プログラミングを始めるパソコン初心者のためのロードマップとして、どんなパソコンで、どうやってプログラミングに手を付けていけば良いかを解説します。

プログラミングおすすめノートPC【現役がガチで選ぶ3機種】

初心者が使いやすいパソコンとは

プログラミングを始めたい人、パソコン自体が初心者の人でも、プログラミングしやすいサイズや性能を持つパソコンを使う必要があります。

私自身のプログラミング経験から、できるだけ価格が高くならないように、でもプログラミングしやすいサイズと最低限の性能を考慮すると次のようになります。

  • OS:Windows
  • 形状:ノートパソコン
  • サイズ:15インチ以上
  • 性能:CPU=Core-i5、メモリ=8GB

OS

OSの判断基準
 Windows  MacOS
一般的に普及しているのはWindowsを搭載したパソコン。パソコン初心者でも扱いやすい。いろいろなメーカーのパソコンを選べる。 Apple社のパソコンにのみ使われているOS。iPhoneアプリやMacOSで動くアプリを開発するならMac。パソコン初心者には扱いにくい。

OSとは、パソコンの動作の基盤となっているシステムのことです。市販されているパソコンは、WindowsかMacOSのどちらかです。

OSはWindowsを選んでおけば、ほとんどのプログラミング言語が対応しています。とくにこだわりが無ければWindowsのほうが選べるパソコンの種類が断然多いです。

iPhoneのアプリやMacのウェブアプリを開発してみたいなら、MacOSを選ぶ必要があります。ただ、Macのパソコンは、同等の性能のWindowsと比べても価格がだいぶ高いです。

形状

パソコン形状の判断基準
 ノート × デスクトップ
プログラミング初心者にとって、持ち運びできるのはメリット。ノートパソコンの価格が以前より下がったため買いやすい。パソコン初心者にもおすすめ。 家でのみプログラミングするならデスクトップ。映像編集やゲームなど高性能なパーツを増設できるメリットがある。パソコン初心者には余る性能。

デスクトップパソコンのほうが価格が低い印象を持っている人もいるでしょう。しかし、今はノートパソコンの価格もすいぶん下がりました。プログラミングの学習は、性能が同じなら持ち運ぶことができるノートパソコンのほうが、不明点を教えてもらうときなどに便利でしょう。

サイズ

画面サイズの判断基準
 15インチ以上  14インチ以下
プログラミングでは画面サイズが大きいほど、スクロールする手間が無くなりストレスが減る。ノートパソコンでも15インチは確保したい。 小さなサイズのパソコンは持ち運びしやすいのがメリット。ただ、プログラミング中に頻繁にスクロールする手間が増えてストレスになる。

サイズは、ノートパソコンの場合は15インチ以上が望ましいです。画面の表示領域が広い方がコーディング中のスクロール頻度が少ないためストレスが無いです。

スペック

CPUの判断基準
 Core-i5以上  Core-i3
プログラムを実行するためにはある程度の演算能力が必要。Core-i5以上のCPUが望ましい。 プログラムの実行にはやや能力不足。パソコン初心者であってもCore-i3は避けたい。

CPUは、Core-i5以上が理想的です。多くのパソコンに搭載されているインテル社のCPUはCore-i3、i5、i7があり、数字が大きいほど高性能で高価格になります。毎年のように性能がアップデートしていくパーツですが、そのためにもCore-i5を選んでおくのが望ましいです。

メモリの判断基準
 8GB以上 × 4GB
メモリは最低でも8GBは必要。プログラミング中にエディタやブラウザを同時に使用するなど、作業の余裕につながる。 4GBのパソコンも多い。プログラムの実行時にメモリーが足りなくなってしまう。

プログラミング中の不明点やエラー解決策をウェブで調べることも多いです。エディタやブラウザを同時に開くためにも、最低でも8GBのメモリが必要になります。

プログラミング用のパソコンに必要な性能は、こちらの記事で詳しく解説しています。

プログラミング初心者が使いやすいパソコン

Lenovo ThinkPad Eシリーズ
サイズ:14~15インチ
CPU:Core-i3,i5,i7
メモリ:4~16GB
ストレージ:128~512GB

ThinkPad Lシリーズ
サイズ:14~15インチ
CPU:Core-i3,i5,i7
メモリ:4~16GB
ストレージ:128~512GB

Lenovo期間限定セールを公式サイトで見る

プログラミング初心者が使いやすいパソコンはLenovo ThinkPadです。現役のエンジニアでもThinkPadを選ぶ人が多いほどの定番です。

その理由は、キーボードの打ち心地にあります。LenovoのThinkPadのキーボードは、デスクトップPCのような深くしっかりとした打ち心地です。

パソコン初心者でも入力しやすいので、プログラミングが楽しく感じることでしょう。

プログラミング用ノートPC|コスパ最高で安いのはThinkPad

パソコン初心者のプログラミング学習ロードマップ

パソコン初心者は、どうやってプログラミングに手を付けていけば良いのか。

途中で挫折することが無いように、できるだけ易しいスキルから自信をつけていくのが大切だと感じます。

  1. パソコンにできるだけ触れて慣れる
  2. プログラミングの動機を具体的に持つ
  3. HTMLでウェブページを作り、コーディングを学習する

1. パソコンにできるだけ触れて慣れる

スマホがあれば、指先でなんでも操作できてしまいますが、できればパソコンを使うクセをつけていくのが大切です。

何かを検索するときもスマホではなく、ウェブブラウザで検索するようにします。ウェブブラウザで見ると、検索結果がたくさん表示されていることにも気付くでしょう。

YouTubeを見る時も、音楽を聴くときも、パソコンを使うようにすると、だんだんパソコンを使う便利さに気付きます。

スマホに頼りすぎず、パソコンを使う機会を増やすようにすると良いでしょう。

2. プログラミングの動機を具体的に持つ

プログラミングを学習する動機をしっかりと持つことが大切です。

「ウェブデザインをやりたい。」「ゲームを作ってみたい。」「スマホアプリを作ってみたい。」といった動機です。

プログラミングを覚えて、やってみたいこと。を具体的にイメージできれば、習得への強い意欲になります。

私の場合は、ウェブページをインターネット上に公開してみたい!と学生のころに思ったのが具体的な動機でした。

「お金を稼げるようになりたい。」という動機はあまり良くありません。プログラミングじゃなくてもお金を稼ぐ方法はあるので、プログラミングに挫折しそうなときに「まぁ、別に稼ぐ方法があるし。」という逃げ道にもなってしまうからです。

3. HTMLでウェブページを作る楽しさを知る

パソコン初心者でも学習していきやすい言語はウェブ系の言語です。

あまりパソコンを使わない仕事をしている人やパソコンに苦手意識がある人は、あらゆる言語の中でもっとも易しいHTMLから始めるのがおすすめです。

HTMLは、ウェブページやゲーム画面、スマホアプリの画面のレイアウトをするためのマークアップ言語です。

プログラミング言語ではありませんが、プログラミングスクールでも必ずカリキュラムの最初で学習する言語です。

HTMLでコーディングすることに慣れれば、次はプログラミング言語に学習を進めていくことができます。

初心者のプログラミング学習の始め方については、こちらの記事で解説しています。

何はともあれ、プログラミング用のパソコンを買うところからですね。

まとめ

プログラミングを始めたい人、パソコン自体が初心者の人でも、プログラミングしやすいサイズや性能を持つパソコンを使う必要がある。

  • OS:Windows
  • 形状:ノートパソコン
  • サイズ:15インチ以上
  • 性能:CPU=Core-i5、メモリ=8GB

プログラミング初心者にも使いやすいパソコンはLenovo ThinkPadです。Lenovoはシーズンセールや週末セールをよく開催しているのでチェックしてみると良いです。

Lenovo期間限定セールを公式サイトで見る

パソコン初心者は、プログラミングを途中で挫折することが無いように、できるだけ易しいスキルから自信をつけていくと良い。

  1. パソコンにできるだけ触れて慣れる
  2. プログラミングの動機を具体的に持つ
  3. HTMLでウェブページを作る楽しさを知る
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。