PHPを習得できるプログラミングスクール・コース

近年、プログラミングを学習する人が多くなっており、プログラミングスクールも増えています。

プログラミングを学習するときに、どのプログラミングスクールを選べばよいのか迷うほどです。

未経験者でも習得しやすい言語であるPHPは、多くのプログラミングスクールにコースが用意されています。

コースによって、PHPと一緒に習得していく言語や技術が異なります。

サーバーエンジニア、ウェブエンジニアを目指したい場合は、PHPだけではなくフレームワークやデータベースも一緒に学習する必要があります。

PHPの場合は、未経験者でも6ヶ月程度の時間をかければ習得できます。転職をサポートしてくれるスクールもあります。

PHPは、多くのウェブサイトで利用されるツールWordPressを動かす言語でもあり、技術者の需要が常にあるため転職しやすく、またフリーランスにも向いています。

PHPを学習する前に、自分の目的ややりたいことに合っているかどうかを無料体験や無料カウンセリングを利用して確認するとよいでしょう。

この記事では、PHPを習得できるプログラミングスクール・コースを紹介します。

PHPを習得できるプログラミングスクールの選び方

  • オンラインでも十分。ブラウザやチャットで質問できたり、定期的なマンツーマン指導が用意されているため。
  • 地域は限られるが、教室を持つスクールもある。パソコンスキルに不安があるなら、通学を利用する。
  • 目的に合うコースを選ぶ。PHP以外のウェブ系の言語を習得すれば、ウェブ業界の実務で活かせる。
  • 無料体験・無料カウンセリングでスクールの応対・姿勢を判断する。

PHPだけを習得したいのか。それともウェブエンジニアとして仕事に就くためのスキル全般を身に付けたいのか。

プログラミングスクールのコースのカリキュラムはそれぞれ異なるので、スクールを選ぶうえでは目的をしっかり持つことが大切です。

PHPはサーバー側で動くプログラミング言語です。そのため、ウェブエンジニアに必要な言語(HTML&CSS、SQLなど)を全般的にカバーするカリキュラムもあります。

PHPの開発現場では、Laravelというフレームワークを使用することがあります。さらに、データベースと連携させる機会が多いのでSQLのスキルも必要です。

これらのフレームワークやスキルまで習得する必要があるのかどうかも含めて、PHPのスクール・コースを選ぶとよいでしょう。

HTML&CSSの経験があるなら、PHPだけのコースでも目的に合います。言語自体が未経験の場合は、HTML&CSSも一緒に習得なければ実践では厳しいです。

Web系のプログラミング言語【役割とその職種を徹底解説】

PHPを習得できるプログラミングスクール・コース

スクール
コース
オンライン
教室
料金
入会金
tech boost
スタンダードコース
32780
126500
CodeCampWeb
マスターコース
330000
33000
テックアカデミー
PHP/Laravelコース
339900
-
CodeVillage 495000
-
侍エンジニア
デビューコース
298000
68000

tech boost(スタンダードコース)

出典:tech boost(テックブースト)

  • 受講形態:オンライン・マンツーマン・通学(東京)
  • 習得可能な言語:PHP、HTML&CSS、Ruby、SQL
  • 未経験者向けプラン:6ヶ月 月額32780円 入会金126500円

未経験からのエンジニア転職を目指して、アプリケーションの作成に取り組みながらPHPを身に付けていくカリキュラムです。

メンター(講師)とのマンツーマン指導は回数を選べます。メンターは全員が現役のエンジニアです。

また、運営会社であるBranding Engineerは、フリーランスエンジニアのエージェントMidWorksを運営しており、習得後にはフリーランスへの転向をサポートできる体制を持っています。

3ヶ月プラン、12ヶ月プランもあります。すでにHTML&CSSの経験がある方は3ヶ月プランでも習得できます。また、必要なら1ヶ月ごとの延長が可能です。

オンライン無料説明会を実施しています。個人の目的に応じたコースの提案や、未経験からのキャリアチェンジの方法、学習計画などを話し合うことができます。

tech boostの無料説明会の案内を見る

CodeCamp(Webマスターコース)


出典:CodeCamp(コードキャンプ)

  • 受講形態:オンライン可・マンツーマン指導あり
  • 習得可能な言語:PHP(Laravel含む)、HTML&CSS、JavaScript(jQuery含む)
  • 未経験者向けプラン:6ヶ月プラン 330000円 + 入学金33000円 = 363000円

プログラミング未経験からWebサイトを自作して、さらにウェブサイト制作・運営の仕事に就けるまでのスキルを身に付けることができます。

PHPと一緒にHTML&CSS、JavaScript(jQuery)などウェブ系の言語を複合的に学習するカリキュラムなので、ウェブエンジニアへの就職では強みになります。

2ヶ月プラン(165000円)、4ヶ月プラン(275000円)もあります。すでにHTML&CSSの経験がある方なら、4ヶ月プランでも習得可能です。

無料体験ができます。(※無料体験を受講すると受講料が1万円引きになります。)

CodeCamp『Webマスターコース』の詳細を見る

テックアカデミー(PHP/Laravelコース)


出典:テックアカデミー

  • 受講形態:オンライン・マンツーマン(週2回)
  • 習得可能な言語:PHP(Laravel含む)、HTML&CSS、SQL
  • 未経験者向けプラン:24週間プラン 339900円 + 入学金0円 = 339900円

PHPとフレームワークLaravelに加えて、HTML&CSS、SQLといった技術まで広げて、掲示板アプリやTwitter同等のWebサービスを作成するカリキュラムとなっています。

テックアカデミーオリジナルの学習教材を使って自ら学習をすすめていくカリキュラムです。

4週間プラン、8週間プラン、12週間プランもあります。データベース言語SQLの学習も含まれるので、学習期間は余裕をもった6ヶ月(24週間プラン)がよいでしょう。すでにHTML&CSSの経験がある方なら、12週間プランでも習得可能です。

無料体験を受けられます。

テックアカデミー『PHP/Laravelコース』の詳細を見る

CodeVillage


出典:CodeVillage(コードヴィレッジ)

  • 受講形態:オンライン・マンツーマン
  • 習得可能な言語:PHP(Laravel)、HTML&CSS、JavaScript(Node.js)、RubyOnRails
  • 未経験者向けプラン:6ヶ月 料金495000円

CodeVillageはウェブ特化型のスクールです。受講生の目的に合うプログラミング言語をカリキュラムに含めて学習します。

Web系エンジニアの需要に対応して、PHPやHTML&CSS、JavaScript、RubyOnRailsといったウェブ系のプログラミング言語から選択できます。

未経験から6ヶ月間の学習を通して、実務で通用するエンジニアになるまでのスキルが身に付きます。6ヶ月間の十分な学習期間を設けて、挫折させないカリキュラムとなっています。

無料カウンセリングを実施しています。PHPについてどういったカリキュラムになっているのか話を聞いてみるとよいでしょう。

CodeVillageの無料カウンセリングの案内を見る

侍エンジニア(デビューコース)


出典:侍エンジニア

  • 受講形態:オンライン・マンツーマン(週1回)
  • 習得可能な言語:PHP、HTML&CSS、JavaScript(vue.js含む)、Ruby
  • 未経験者向けプラン:6ヶ月24週間プラン 298000円 + 入学金68000円 = 376000円

プログラミング学習の挫折率が約90%と言われるなかで、侍エンジニアの受講生は挫折率8%です。しっかりと学び切ることができます。

PHPとあわせて、HTML&CSS、JavaScript(vue.js含む)、Rubyなど、受講生の目的にあったカリキュラムのオーダーメイドが可能です。

4週間プラン(98000円)、12週間プラン(198000円)もあります。実践的な力を身に付けるなら6ヶ月の学習期間(24週間プラン)がおすすめです。

無料カウンセリングを受けられます。「PHPの習得にはどのようなカリキュラムがよいのか」を聞いてみるとよいでしょう。

侍エンジニア『デビューコース』の詳細を見る

どんな人にどのスクール・コースがおすすめ?

PHPはサーバー側で動くプログラミング言語です。そのため、データベース言語のSQLや、ウェブページに使うHTML&CSSも一緒に学習するカリキュラムになっています。

サーバーエンジニア、ウェブエンジニアとして実践でやっていけるスキルを身に付けるには、6ヶ月程度の期間を見たほうが良いでしょう。

HTML&CSSの経験・スキルをすでに持っている方なら、3~4ヶ月のプランのコースを選んでもPHPを習得できます。

PHPだけを習得したい

PHPを習得できるコースがあるプログラミングスクールは多くありますが、多くはウェブエンジニアに必要なウェブ系の言語を全般的に学習するカリキュラムとなっています。

PHPだけに絞ったコースを持つスクールは少ないです。

テックアカデミー:PHPを主軸にしたカリキュラムになっています。テックアカデミー『PHP/Laravelコース』の詳細を見る

通学しながら習得したい

オンラインでの学習だけでは不安な場合は、通学できるコースを持ったプログラミングスクールを選ぶようにします。ただし、地域は大都市圏に限られます。

オンライン学習が主流なので、通学できるプログラミングスクールは少ないです。

tech boost:東京(渋谷)に教室があります。tech boostの無料説明会の案内を見る

転職サポートのコースで習得したい

tech boost:キャリアサポートがあります。tech boostの無料説明会の案内を見る

CodeVillage:転職サポートが付いています。CodeVillageの無料カウンセリングの案内を見る

また、本記事で紹介したコースとは別に、エンジニアへの転職を目指すコースを持つプログラミングスクールがあります。

侍エンジニア:転職コースがあります。侍エンジニア『転職コース』の詳細を見る

テックアカデミー:エンジニア転職保証コースがあります。テックアカデミー『エンジニア転職保障コース』

まとめ

  • 未経験者でも習得しやすい言語PHPは、多くのプログラミングスクールにコースが用意されている。習得期間は6ヶ月が目安。
  • プログラミングスクールのコースのカリキュラムはそれぞれ異なるので、スクールを選ぶうえで学習の目的をしっかり持つことが大切。
  • HTML&CSSの経験があるなら、PHPだけのコースでも目的に合う。HTMLの経験がない場合は、HTML&CSSも一緒に習得した方が実務で活かせる。
  • 各プログラミングスクール・コースには無料体験や無料カウンセリングが設けられている。有効活用して、いくつかのスクールで話を聞いてから選ぶのが良い。
プログラミング言語の選び方【4つの観点で学ぶ言語を絞る】
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。