Ruby(RubyonRails)を学習できるプログラミングスクール・コース

Rubyを学習できるスクール・コース
スクール
コース
学習言語 受講料
テックキャンプ
エンジニア転職コース
HTML&CSS
JavaScript
Ruby
SQL
877,800円/6ヶ月(夜間休日)
↑ 317,800円(給付金利用)
+110,000円(通学の場合)
DIVE INTO CODE
Webエンジニアステップアップコース
Ruby
HTML&CSS
JavaScript
14,800円/月
コードキャンプ
Rubyマスターコース
Ruby
HTML&CSS
JavaScript
165,000円/2ヶ月
275,000円/4ヶ月
330,000円/6ヶ月
+33,000円(入会金)
テックアカデミー
Webアプリケーションコース
HTML&CSS
Ruby
179,400円/4週間
229,900円/8週間
284,900円/12週間
339,900円/16週間
DMM WEBCAMP
はじめてのプログラミングコース
HTML&CSS
Ruby
88,000円/4週間
110,000円/8週間
RUNTEQ
Webマスターコース
Ruby
HTML&CSS
JavaScript
SQL
398,000円/9ヶ月
テックブースト
スタンダードコース
HTML&CSS
PHP
Ruby
32,780円×3ヶ月
32,780円×6ヶ月
32,780円×12ヶ月
+126,500円(入学金)

RubyルビーとフレームワークRuby on Railsルビーオンレイルズを学習できるコースを持つプログラミングスクールです。

Ruby on Railsのおかげで、Rubyは未経験者にもかなり学びやすい言語です。

フレームワークとは、プログラムのテンプレートのようなものです。パーツを当てはめていく感じでスピーディーな開発ができます。

そのおかげで、「未経験から短期間でITエンジニアを目指せます。」と、Rubyをカリキュラムにしているスクールが多くあります。

Rubyはウェブとの親和性が高い言語であるため、フロントエンド(画面側)開発で使うHTML&CSS・JavaScriptもカリキュラムに含まれています。ウェブエンジニアを目指すなら、これらも身に付ける必要があります。

未経験者からウェブエンジニアとしての実践的なスキルを身に付けるには、最低でも4~6ヶ月程度の学習期間を取ったほうが良いでしょう。

もしHTML&CSSの経験・スキルをすでに持っている方なら、2~3ヶ月程度のコースを選んでも十分です。

簡単とはいえ、Rubyをしっかり習得するならRuby専門コースを持つスクールで受講することがウェブエンジニアへの確かな近道になります。

入校前に必ずカウンセリングがあります

プログラミングスクールへの入校は、カウンセリング(体験・説明会とも)に参加するところから始まります。本人のやりたいことが本当にスクールのカリキュラムと合っているか、間違いないことを確認するためです。カウンセリングは無料なので、できれば複数のスクールでカウンセリングを受けて、内容や対応を比較するのが良いでしょう。カウンセリングで無理に勧誘されることはありません。

プログラミングスクールの選び方|言語次第でコースは決まる

Rubyを学習できるスクール・コース

Rubyを学習するなら、絶対に候補に入れたいのがTECH CAMPテックキャンプです。

TECH CAMP エンジニア転職コースは、Rubyの生みの親である、まつもとゆきひろ氏本人がカリキュラムを監修しています。

プログラミングスクール選びはカウンセリングでの情報収集から始まります。TECH CAMPテックキャンプを候補の軸にいくつかのスクールでカウンセリングを受けてみて、比較しながら検討するのが良いでしょう。

テックキャンプ エンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職
言語
フレームワーク
HTML&CSS・JavaScript・Ruby・SQL
Ruby on Rails
受講料 657,800円/10週間(短期集中)
↑ 197,340円(給付金利用)
877,800円/6ヶ月(夜間休日)
↑ 317,800円(給付金利用)
+110,000円(通学の場合)
転職支援 転職が決定するまで転職サポートあり
受講スタイル オンライン・通学(東京渋谷ほか)
申込方法 無料カウンセリングから申込可能
  • Rubyの生みの親、まつもとゆきひろ氏がカリキュラムを監修
  • 毎日何回でも質問し放題
  • 通学可能:教室は東京渋谷・東京丸の内・名古屋栄・大阪難波・福岡天神(コロナ禍オンラインのみ)
  • 教室利用:夜間休日プランは平日19時以降と土日・短期集中プランは平日のみ
  • ITエンジニア転職保証:転職活動で内定が出なかった場合は受講料全額返金 
  • 厚生労働省の教育訓練給付金を利用可能

カリキュラム

  1. HTML&CSS・JavaScript:ウェブフロント開発
  2. Ruby on Rails:ウェブプログラミングの実践
  3. Ruby・SQL:データベース連携・ウェブサービス開発

TECH CAMPテックキャンプのエンジニア転職コースは、短期集中なら10週間、就業中なら6ヶ月間でエンジニアに転職できるスキルが身に付くコースです。 受講スタイルは2通り。短期集中プラン(就業していない人向け)、または夜間休日プラン(就業中の人向け)を選択できます。 プログラミング未経験者率は97%。それでも、600時間の学習時間でウェブエンジニアのスキルが身に付くカリキュラムです。 副業・フリーランスへの転身を目指すフリーランスコースもあります。 無料カウンセリングで適切なプランを案内してもらえます。教育訓練給付金を利用したい場合も無料カウンセリングで聞いてみると良いでしょう。

DIVE INTO CODE Webエンジニアステップアップコース

DIVE INTO CODE Webエンジニアステップアップコース
言語
フレームワーク
HTML&CSS・JavaScript・Ruby・SQL
Ruby on Rails
受講料 1,010円/月(ライト)
14,800円/月(ベーシック)
↑ 4,980円(キャンペーン)
転職支援 就職相談サポートあり
受講スタイル オンライン
申込方法 無料説明会から申込可能
  • 未経験でも働きながらウェブエンジニアを目指せる
  • 受講料は月々の支払いなので目的のスキルを身に付けた段階で解約可能
  • 質問掲示板でメンターに質問しながら疑問を解決して学習を進める

カリキュラム

  1. HTML&CSS・JavaScript:ウェブプログラミングの基礎
  2. Ruby on Rails:バックエンド・フロントエンド開発の実践
  3. Ruby・SQL:データベース連携とフルスタック技術の実践

DIVE INTO CODEダイブイントゥコード エンジニアステップアップコースは、サブスク型で自分の目的にあった学習ができるカリキュラムです。 未経験者でもHTML&CSSからRubyでのウェブプログラミング、データベース連携まで、学習を進めるほどスキルが身に付いていきます。 学習は課題を次々に解いていき、疑問は質問掲示板(オンライン)で解決しながら進めます。 受講申し込みは無料説明会に参加して、検討してから申し込みできます。無料会員登録で教材を確認できます。

コードキャンプ Rubyマスターコース

コードキャンプ Rubyマスターコース
言語
フレームワーク
Ruby・HTML&CSS・JavaScript
Ruby on Rails
受講料 165,000円/2ヶ月
275,000円/4ヶ月
330,000円/6ヶ月
+33,000円(入会金)
転職支援 転職サポートあり
受講スタイル オンライン
申込方法 無料カウンセリングから申込可能
  • 未経験からウェブサービス開発者を目指す
  • マンツーマンレッスンは当日予約可能で早朝7:00~24:00(チャット対応も可能)
  • 転職サポートではGeekly・Typeエージェントと提携
  • カウンセリング後にアンケート回答で受講料10,000円割引

カリキュラム

  1. HTML&CSS:マークアップ言語の基本
  2. JavaScript:動的サイトへの応用
  3. Ruby on Rails:バックエンド開発の実践

コードキャンプのRubyマスターコースは、未経験者でも挑みやすいウェブ系プログラミングのコースです。 HTML&CSSで画面デザイン、JavaScriptとRubyでウェブアプリのプログラミングを習得するカリキュラムです。 HTML&CSSの経験がある方は2ヶ月でも良いでしょう。未経験者の場合は、4ヶ月以上は必要です。 Rubyのプログラミングでは、開発効率の良さから現場でも多用されるフレームワークRuby on Railsを使用します。 ウェブエンジニア目指すうえでもっとも近道な言語がRubyです。受講申し込みはカウンセリング(無料)を受けてみて、検討してから申し込みできます。

テックアカデミー Webアプリケーションコース

テックアカデミー Webアプリケーションコース
言語
フレームワーク
HTML&CSS・Ruby
Ruby on Rails
受講料 179,400円/4週間
229,900円/8週間
284,900円/12週間
339,900円/16週間
受講スタイル オンライン
申込方法 無料体験から申込可能
  • 入金が完了すると受講開始日の前からすぐにチャットサポートを開始
  • 週2回マンツーマンでのメンタリング・毎日15〜23時のチャットでサポート
  • 同僚や友人と一緒に受講すると受講料が10,000円割引

カリキュラム

  1. HTML&CSS:マークアップ言語の基礎
  2. Ruby on Rails:ウェブプログラミングの基礎・応用
  3. PHP・SQL:データベース連携とウェブサービス開発の実践

実務レベルのプログラミングスキルを身に付けるなら12~16週間が適切な学習期間です。 週2回のマンツーマンメンタリングがあります。初回のメンタリングで目標を設定し、学習を開始します。 ステップアップアップ講座に中級者向けのWebアプリ実践ポートフォリオコースがあります。 プログラミング未経験の場合は、自分に必要な学習期間について無料体験(カウンセリング)の中で相談してみると良いでしょう。

DMM WEBCAMP SKILLS はじめてのプログラミングコース

DMM WEBCAMP SKILLS はじめてのプログラミングコース
言語
フレームワーク
HTML&CSS・Ruby
Ruby on Rails
受講料 88,000円/4週間
110,000円/8週間
転職支援 特に設けていない
受講スタイル オンライン
申込方法 無料カウンセリングから申込可能
  • 未経験者がプログラミングの基礎的な知識とスキルを習得できるコース
  • 学習中の質問は回数無制限・対応時間(13~22時)

カリキュラム

  1. ウェブ・プログラミングの基礎知識
  2. HTML&CSS:ウェブサイト作成の実践
  3. HTML&CSS・Ruby on Rails:ウェブアプリ開発の実践

DMM WEBCAMP はじめてのプログラミングコースは、未経験者でも無理なくウェブの知識やプログラミングを学習できるコースです。 プランは2通り、4週間と8週間がありますが、HTML&CSSに触れたことがない未経験者の場合は8週間を選ぶと良いでしょう。 ウェブサイト作成のスキルが身に付けば、IT業界への転身の足掛かりになります。ウェブ業界で多用されるRuby on Railsの開発経験があれば、転職する際にもアピールになり有利です。 パソコンスキルに不安な人でも挑みやすいコースです。無料カウンセリングを受けてみて、検討してから申し込みできます。

ランテック Webマスターコース

RUNTEQ Webマスターコース
言語
フレームワーク
Ruby・HTML&CSS・JavaScript・SQL
Ruby on Rails
受講料 398,000円/9ヶ月
転職支援 就職サポートあり(就職先は首都圏)
受講スタイル オンライン
申込方法 無料キャリア相談会から申込可能
  • 受講条件:18歳以上・パソコンはMacのみ
  • 未経験から実務レベルのウェブ開発エンジニアを目指す
  • サポート:2回/月のオンライン面談・質問は平日11~22時と土曜10~18時

カリキュラム

  1. Ruby on Rails:プログラミングの基礎
  2. Ruby on Rails・SQL:ウェブアプリ開発の基礎
  3. Ruby・JavaScript:ウェブアプリ開発の実践

RUNTEQランテック Webマスターコースは、プログラミング未経験者でもウェブサービスの仕組みから実践的なプログラミングスキルを身に付けられるコースです。 受講期間は最大9ヶ月(1000時間)を見込んでいますが、未経験者でも十分な学習期間です。 オンラインで学習が進められます。ウェブサービス開発を行うRUNTEQ自身が開発現場で積んできたノウハウをもとにカリキュラムを作っており、エラーや不具合の課題を受講者に解かせて学習させていく実践的な学習方法です。 余裕のある学習期間が設けてられているので、働きながら学習できます。 カリキュラムの中でポートフォリオを作成するので、就職活動の際にアピール材料にできます。 無料キャリア相談会を実施しています。キャリア相談を受けてみて、検討してから申し込みできます。

tech boost スタンダードコース

tech boost スタンダードコース
言語
フレームワーク
HTML&CSS・PHP・Ruby
Laravel・Ruby on Rails
受講料 32,780円/3ヶ月
196,680円/6ヶ月
393,360円/12ヶ月
+126,500円(入学金)
転職支援 転職サポートあり
受講スタイル オンライン・教室(東京渋谷・東京新宿・大阪難波)
申込方法 無料説明会から申込可能
  • メンタリング:34,760円/月4回・52,140円/月6回・69,520円/月8回。
  • 教室(東京渋谷)利用:22,000円/月・平日10:00~22:00、土日10:00~19:00
  • 転職支援「Tech Stars」・フリーランス支援「Midworks」あり
  • エンジニアとして就職・転職したい方はブーストコースを選択可能

カリキュラム

  1. HTML&CSS:ウェブコーディングの基礎
  2. PHP・Laravel:ウェブアプリケーション開発の実践
  3. Ruby on Rails:ウェブアプリケーション開発の実践

tech boostテックブーストのスタンダードコースは、ウェブアプリケーション開発をとおしてウェブプログラミングを学習するコースです。 プログラミング未経験者の場合でも、HTML&CSSとウェブプログラミングの基礎を身に付けるなら3ヶ月で良いでしょう。 現役エンジニアのメンターとのマンツーマンレッスンは月8回。東京(渋谷)には教室もあるので、通うことも可能です。教室でメンターに直接教そわりたい人、勉強仲間が欲しい人は通学がおすすめです。 無料説明会では受講希望者の意向をヒアリングし、一人一人に合ったカリキュラムを提案してもらえます。 無料説明会で話を聞いてみて、検討してから申し込みできます。

どんな人にどのコースがおすすめか

低料金

もっとも低料金でRuby、Ruby on Railsを学習できるのがDIVE INTO CODEです。ウェブアプリ開発に必要なスキルを網羅するカリキュラムで、未経験者でもHTML&CSSからRubyを経てサーバーサイドのスキルまで、必要な分を学習していくことができます。

オンラインで学習したい

オンライン学習ができるシステムを構築しているスクールは多くありますが、やはり大手のオンライン学習システムがサポートや通信の安定性の面で安心感があります。

通学しながら学習したい

オンラインでの学習だけでは不安な場合は、通学できるコースを持ったプログラミングスクールを選ぶようにします。ただし、地域は大都市圏に限られます。

TECH CAMPは主要都市に教室があります。ただ、コロナ禍で利用できる教室・時間に制限があるので、詳しくはカウンセリングで聞いてみると良いでしょう。

転職支援を受けたい

  • テックキャンプ エンジニア転職コース転職が決定するまで転職サポートしてくれます。就職・転職に成功しなかった場合は受講料が返金されます。
  • DIVE INTO CODE Webエンジニアコース:就職サポートのアドバイザーとともに就職活動を行うところまでがカリキュラムに含まれています。

多くのプログラミングスクールでは、転職支援のサービスを持っています。ただ、転職保証をするスクールは限られています。

確実にウェブエンジニアを目指すなら、転職保証のスクールを選ぶのがおすすめです。

教育訓練給付金を利用したい

教育訓練給付金を利用できるプログラミングスクール・コースは、こちらの記事で解説しています。

まとめ

  • Rubyという言語が、未経験者にも習得しやすい性質であることから、Rubyの学習をカリキュラムに持つスクールは多くある。
  • とはいえ、Rubyをしっかり習得するなら、かならずRuby専門コースを持つスクールで受講することがウェブエンジニアへの近道。
  • ウェブエンジニアとして実践でやっていけるスキルを身に付けるには、3~4ヶ月程度の期間を見たほうが良い。
  • 教育訓練給付金を利用すると受講料が大幅に割引されるコースを持つプログラミングスクールもある。
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。