ThinkPad SSD増設【M.2 2242 NVMeがWWANポートに適合】

ThinkPadのWWANポートが空いている場合、SSDを追加増設できます。

適合するSSDのサイズは、2242。

しかし、2242をリリースするメーカーが極端に少ないのが困りどころです。

探してみると、SanDisk、東芝メモリ(現KIOXIA)、Transcendの3社の製品が候補にあがりました。

ThinkPadのモデルによっては、マザーボードとの干渉を避けるために片面実装のSSDを選ぶ必要があります。

ThinkPadレビュー【プログラミングでがっつり3年使った感想】

現在、新品で購入できる SSD M.2 2242 NVMe

今回の購入にあたって、信頼性の高い製品を探しました。

2280なら悩むほど多くの製品が出てるのに、2242になると探すのが大変なほど製品が少なくなります。

候補になったのは次の3つです。

  • SanDisk WesternDigital PC SN520
  • TOSHIBA OCZ-RC100
  • Trancend MTE452T

このうち、現在、新品で購入できるのはTrancendの製品のみとなります。

業務用/産業用の製品ですが、Amazonで一般販売されています。

Trancend MTE452TをAmazonで見る

SanDisk WesternDigital PC SN520 (入手困難)

westerndigital-sn520
SanDiskからは、Western Digitalをブランドに冠したモデル。

現在、Lenovo ThinkPadが正式採用している製品です。

  • 128GB、256GB、512GB
  • 片面実装
  • Made in China、またはMalaysia

今回のSSD増設には、WesternDigitalのSDAPMUW-512Gを選びました。

TOSHIBA OCZ-RC100 (販売終了)

toshiba-rc100
NAND型フラッシュメモリーの生みの親、東芝の製品です。

信頼性が非常に高い製品ですが、もう手に入りません。

120GB、240GB、480GBがリリースされていたようです。

  • 120GB、240GB(現在流通しているのはこの2つ)
  • 片面実装
  • Made in Taiwan

Transcend MTE452T

transcend-mte452t
Transcendからは、業務用/産業用のモデルMTE452Tがリリースされています。

一般販売は無いとのことでしたが、Amazonで購入できます。

しかも保証対象がAmazon.co.jpが販売した物のみとなっています。

  • 128GB、256GB、512GB
  • 両面実装
  • Made in Taiwan

ThinkPad SSD増設にあたっての注意点

M.2 2242 NVMe SSDを選ぶときは、形状やインターフェースに注意する必要があります。

  • 片面実装:ThinkPadのモデルによっては両面実装のSSDがシステムボードと物理的に干渉してしまう。SSDは両面実装の製品が多いので注意。
  • PCIe 3.0 x2:ThinkPadのモデルによっては3.0 x2のWWANポートとなっている。PCIe 3.0 x4が主流なので注意。

市場で見かけるSSDメーカー

2242のSSDを探してみると、実は結構たくさんメーカーがあります。

ただし、ほとんどが中国です。うーん…。

Dogfish: 中国。
GamerKing: 中国。
Goldenfir: 中国。
KingShark: 中国。
KingSpec: 中国。日本販売代理店は池袋の恵安株式会社。
KKmoon: 中国。
Lexar: 中国。元はアメリカの会社だが、現在は中国企業に。
Shark: 中国。
TCSunBow: 中国。
Zheino: 中国。

 

  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。