ThinkPadメモリ増設【BIOS起動、裏蓋の外し方もすべて解説】

この記事では、内蔵バッテリー型ThinkPadをメモリ増設(8→32GB)したときの手順を解説します。

作業時間は30分ほど。

私は今回、愛機のThinkPad L580をメモリ増設しました。

増設用のメモリには、Crucialの『DDR4-2400 SODIMM 32GB KIT』を選択。

32GB満載のパワフルなマシンに変身しました。

プログラミング用のパソコンを探し中ならLenovoのセール(最大50%割引)もお得です。

期間限定セールをLenovo公式ページで見る

1. BIOSを起動する(内蔵バッテリー無効化)

感電事故を防ぐために、BIOSで内蔵バッテリーを無効化する必要があります。作業に入る前に、必ず内臓バッテリーを無効化してください。

まず、ThinkPadにつないであるACアダプターを外して、電源を内蔵バッテリーに切り替えます。

続いて、BIOSを起動して、内臓バッテリーを無効化します。

ThinkPad L580の内臓バッテリーを無効化する作業手順を示す画像

  1. ThinkPadを再起動して、画面が黒いうちからF1キーを連打して、BIOSを起動する。
  2. Configタブの中のPowerを選択して、Enterキーを押す。
  3. Disable Built-in Batteryを選択して、Enterキーを押す。
  4. ポップアップが出たらYesを選択して、Enterキーを押す。

これで、内蔵バッテリーが無効になり、電源が完全に切れます。

内蔵バッテリーを有効にするには

内蔵バッテリーは、ACアダプターをつなげると自動的に有効になります。ですので、作業中についうっかりして、誤ってACアダプターをつなぐことがないように気を付けます。

2. ボトムカバーを外す(裏蓋の外し方)

ここからの作業は、ThinkPadをひっくり返しての作業になります。

天面に傷がつかないように、下にタオルなどの布を敷くことをおすすめします。

私は、裏蓋を外す道具に、ギターのピックを使いました。コンビニ弁当のスプーン、クリアファイル(2回折)などでも外すことができます。

ThinkPad L580の裏蓋を外す作業を示す画像

  1. 裏蓋を留めているネジ(赤丸)を緩めていく。
  2. ギターのピックを裏蓋の角の隙間に押し当てる。
    隙間が広がって裏蓋が外れるきっかけができる。
  3. 隙間にピックを差し込んだまま裏蓋の周囲を滑らせていく。
    すると、「パキ、パキ、パキ」と連続的に裏蓋を留めているラッチが外れていく。

裏蓋を留めている本体周囲のラッチがすべて外れると、裏蓋が取れてメモリスロットが現れます。

ThinkPad L580の裏蓋を外してメモリスロットを確認する様子を示す画像

3. メモリ増設する(交換の仕方)

ThinkPad L580のメモリを増設・交換する作業手順を示す画像

  1. 取り付けてあるメモリの両端のラッチ(赤丸)を左右に広げる。
    すると、メモリが斜めに浮き上るので、メモリを取り外す。
  2. 新しいメモリを斜めに差し込んで、メモリの浮いている部分を指で押し下げる。
    「カチッ」と音がすれば、取り付けは成功。
  3. 今回は2枚に増設するので、となりの空きスロットにもメモリを取り付けする。

今回のメモリ増設にはCrucialメモリを選びました。Crucialは、世界に先駆けて直販体制を整えたアメリカのメーカーです。信頼性の高いMicron社のチップを使って、高品質ながらも価格を抑えることに成功しています。

CrucialのメモリをAmazonで見る
パソコンCPU対応メモリ規格の調べ方【失敗ない適合性確認】

4. 裏蓋を閉める

ThinkPad L580の裏蓋を閉める様子を示す画像

裏蓋を閉めていきます。

裏蓋を定位置に置いて、周囲を指で押し込みながら裏蓋を閉じていきます。

あとは裏蓋のネジを締めて、もとの状態に戻します。

ThinkPadが多くのプログラマーに愛用されるのは、キーボードの品質が良いからです。期間限定セール(学生は学割で)なら最大50%OFFなので格安です。プログラミング用ならCPU:Core-i5、メモリ:8GB、ストレージ:256GBが目安。画面が大きいほうがストレスは少ないので15インチ以上がおすすめです。

Lenovo期間限定セールを見る

5. メモリの認識を確認

メモリ増設・交換の動作確認をする様子を示す画像

メモリ増設の作業が終わったら、新しく取り付けたメモリが認識されていることを確認します。

ACアダプターをつないで内蔵バッテリーを有効化します。

ThinkPadを起動して、タスクマネージャーで確認しました。

ちゃんと認識されて32GBになりました。


  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。