アフィリエイトサイトの運用に使われるプログラミング言語

言語 アフィリエイトサイトでの用途
HTML&CSS 必須。記事執筆とサイトのレイアウト・デザインに使用する。
JavaScript ウェブページに動きのあるデザインや計算機能を実装できる。
PHP サイト運用を便利にする工夫やワードプレスにカスタマイズ機能を実装できる。

アフィリエイトサイトの運用には、プログラミングのスキルは必要ありません。

現在の多くのアフィリエイトサイトはワードプレスというサイト管理ツールで運用されており、ワードプレスを使えば、プログラミングのスキルが無くても直感的な操作でサイト運用・記事執筆ができるからです。

ただ、ワードプレスにおいても記事はウェブページとして公開されるので、HTML&CSS(マークアップ言語)のスキルは必須です。

ウェブページに動きのあるデザインをつけたり、計算機能を設置したりするのにはJavaScriptというプログラミング言語が使われます。

そして、そもそもワードプレスはPHPというプログラミング言語で作られ動いています。

そのため、HTML&CSSに加えてJavaScriptとPHPを使いこなすスキルがあれば、サイト運用を便利にする工夫や機能カスタマイズをほどこしていくことができ、それはアフィリエイトの収益増にもつながっていきます。

この記事では、アフィリエイトサイトの運用に使われるプログラミング言語について解説します。

アフィリエイトで使うプログラミング言語

アフィリエイトで使う言語は、すなわちワードプレスで使われる次の3つです。

  • HTML&CSS:ウェブページのレイアウトと装飾に使用される。プログラミング言語ではない。
  • JavaScript:ウェブページに動きを付けたり、計算機能を付けたりするプログラムに使用される。
  • PHP:ウェブサイト運用のプログラムに使用される。データベースと連携してウェブページを生成する。

すべての言語を習得しないとアフィリエイトサイトを運用できないわけではありません。

HTML&CSSのスキルがあれば記事を書くことができます。ウェブブラウザで見えている記事自体はテキストや画像ですが、実体はHTMLとCSSだからです。

ウェブページのレイアウト(広告配置やアフィリエイトリンク設置など)をHTMLで行い、ウェブページの装飾や(文字の強調やクリックボタン作成など)をCSSで行います。

HTML&CSSのスキルだけでも、アフィリエイトのための記事執筆、つまりウェブページ作成はできるわけです。

しかし、JavaScriptやPHPのスキルがあると、もっとアフィリエイトサイトの運用が機能的に効率的になります。

JavaScriptのスキルあれば、記事に計算機能を付けたり、動きを付けたりできます。読者が触れて楽しい機能的なウェブページを作れます。

PHPのスキルがあれば、アフィリエイトの広告を複数の記事に一括表示したり、アフィリエイトのリンク導線を作るのに活かせます。収益化のための効率的な仕組みを作れます。

HTML&CSS(必須)

HTML&CSSは、プログラミング言語ではありません。

HTMLは「HyperTextMarkupLanguageハイパーテキストマークアップランゲージ」と言うマークアップ言語にあたります。また、CSSは「CascadingStyleSheetカスケーディングスタイルシート」と言うスタイルシート言語にあたります。

これらの言語を記述する行為はプログラミングではなく、コーディングになります。

アフィリエイトの記事作成、すなわちウェブページ作成においては、必ずHTML&CSSの知識が必要になります。

HTMLでウェブページのレイアウトを行い、CSSでウェブページの装飾を行うからです。この親密な関係性により、HTML&CSSと一緒に呼ばれています。

HTML&CSSのスキルは、ウェブサイトの完成度にそのまま反映します。

要点がわかりやすいようにレイアウトする。クリックしやすいようにリンクを装飾する。といった工夫はアフィリエイトの効果として現れます。

JavaScript

JavaScritpジャバスクリプトは、ユーザーのウェブブラウザで動くプログラミング言語です。

ウェブページのなかでタブ切り替えできるようにしたり、目次をクリックしたときになめらかにスクールする機能は、JavaScriptで実装されています。

アフィリエイトサイトの運用にワードプレスを使う場合は、JavaScriptのスキルは無くても構いません。

ワードプレスに導入するテーマ(ウェブサイトの装飾や機能をひとまとめにしたもの)にはあらかじめJavaScriptプログラムが組み込まれているからです。

とは言え、JavaScriptでプログラミングできるとウェブサイトをより機能的に作り込むことができます。読者が楽しいと感じるウェブサイトに仕上げることができるわけです。

その結果、サイトに滞在する時間が長くなる効果を期待できるので、SEO(検索エンジン最適化)にも強く、アフィリエイトの収益アップにもつながることになります。

JavaScriptはウェブブラウザで動くプログラミング言語ですが、近年はサーバー側で動く技術Node.jsとしても注目されています。JavaScriptをベースにしてGoogle Apps ScriptやTypeScriptという派生言語も生み出されています。今後も期待の大きい言語なので、身につけるとスキルを活かせる仕事の幅が広がります。

WordPressで使われるプログラミング言語【必須はHTML&CSS】

PHP

PHPは、ウェブサーバー側で使われるプログラミング言語です。

現在の多くのアフィリエイトサイトで使われているワードプレスはPHPで作られています。ウェブブラウザからのリクエストに応じてPHPがウェブページを生成しています。

アフィリエイトサイトの運用にワードプレスを使う場合は、PHPのスキルは無くても構いません。

ワードプレスのようなサイト管理システム(CMS)は、そもそも、プログラミングスキルが無くてもウェブサイト運用できるように考慮されているからです。

ただ、PHPのプログラミングスキルがあるとアフィリエイトサイトの運用がより楽になります。アフィリエイトリンクをすべての記事に一括表示したり、一括でリンク差し替えができたりします。

通常なら数日間かかるようなリンク差し替え作業も、PHPを使えば数時間で終わります。アフィリエイトサイトの運用・保守のためにPHPのスキルは大いに役立ちます。

PHPはウェブサーバー側で動くプログラミング言語です。ワードプレスと共にあるPHPが世界中のウェブサイトを支えています。そのため、PHP技術者の需要はとても安定しています。クラウドソーシングでもワードプレスのカスタマイズ案件は多く、身につけると副業で案件を請け負うことも可能になります。

PHPを学習できるプログラミングスクール・コース

まとめ

  • アフィリエイトで使う言語は、ウェブサイトで使われるHTML&CSS、JavaScript、PHP。
  • HTML&CSSだけでもアフィリエイトのための記事執筆、つまりウェブページ作成はできる。
  • アフィリエイトサイトの運用において、JavaScriptやPHPのプログラミングスキルは無くても構わない。
  • WordPressのようなサイト管理システムは、そもそも、プログラミングスキルが無くてもウェブサイトを運用できるように考慮されている。

ITの経験がなかったり、プログラミング未経験者の場合は、プログラミングスクールを頼ってスキルを身につけるのが良いでしょう。

アフィリエイトサイトでの記事執筆、つまりウェブページ作成は、HTML&CSSの知識さえあれば始められます。

テックアカデミー WordPressコース は、ワードプレスに特化したコースです。HTML&CSSとカスタマイズに応用できるPHPがカリキュラムになっています。

テックアカデミー WordPressコース

テックアカデミー WordPressコース
言語
開発ツール
HTML&CSS・PHP
WordPress
受講料 179,400円/4週間
229,900円/8週間
284,900円/12週間
339,900円/16週間
転職支援 転職サポートあり
受講スタイル オンライン
申込方法 コース案内ページから申込可能
  • 入金が完了すると受講開始日の前からすぐにチャットサポートを開始
  • 週2回マンツーマンでのメンタリング・毎日15〜23時のチャットでサポート
  • 同僚や友人と一緒に受講すると受講料が10,000円割引

カリキュラム

  1. HTML&CSS:ウェブコーディングの基礎
  2. WordPress:ウェブサイト制作の実践
  3. PHP:動的ウェブプログラミングと開発実践

テックアカデミーのWordPressコースは、HTML&CSSでのウェブコーディングとPHPプログラミングを用いて、WordPressでのウェブサイト構築を身につけられるコースです。 プログラミング未経験者の場合は、PHPの習得にある程度の期間が必要なので、12~16週間が適切な学習期間です。 レンタルサーバーを使って実際にサイト公開をするので、転職の際のポートフォリオにもなります。 受講申し込みは無料体験を受けてみて、検討してから申し込みできます。

テックアカデミー WordPressコース案内ページはこちら

当メディアはAmazonのアソシエイトの適格販売により収入を得ています。

  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。プライベートではPHP・MySQLでウェブサービスを作りつつ、副業で収入を得ています。「プログラミングは人生を豊かにする」と実感しています。