WordPressで使われるプログラミング言語【必須はHTML&CSS】

ワードプレスで使われるプログラミング言語

  • nullHTML:Webページのレイアウト
  • nullCSS:Webページのデザイン
  • nullJavaScript:Webページの動的な表示や機能
  • nullPHP:サーバー側でHTMLを生成

WordPressで使われる言語です。

HTMLは、ウェブページのレイアウトをするためのマークアップ言語です。

CSSは、ウェブページの装飾・デザインをするためのスタイルシート言語です。HTML&CSSとセットで呼ばれることが多いです。

HTMLとCSSはプログラミング言語ではありません。

JavaScriptジャバスクリプトは、ウェブページに動きを付けたり、計算機能を付けたりするためのプログラミング言語です。ブラウザ側で動作します。

PHPは、HTMLを生成(組み立て)するプログラミング言語です。データベースと連携して、問い合わせや予約システムなどを実現できます。サーバー側で動作します。

JavaScriptとPHPは、HTMLの中に混ぜ込んで書くことができます。

WordPressがウェブページを表示する仕組み

  1. サーバーでPHPがデータベースからページの中身(本文やタグ)を取得して、HTMLを生成する。
  2. HTMLCSSJavaScriptが、サーバーからインターネットを通じてユーザーの端末に送られる。
  3. ユーザーの端末では、ウェブブラウザがHTMLをレンダリングしてウェブページのレイアウトを表示する。
  4. CSSがウェブページを装飾し、JavaScriptがウェブページに動的機能を付加して、表示が完了する。

WordPressに携わる仕事・職種

WordPressに携わる仕事には、次のようなものがあります。

  • ブログ運営:企業のオウンドメディア、または自分自身のブログ運営をする。
  • ウェブデザイナー:クライアントのホームページ制作やデザインをする。
  • ウェブプログラマー:ウェブページの動的なデザインや、サーバー側でプログラミングをする。
  • サーバーエンジニア:サーバー側でプログラミングしたりデータベースを運用する。

ブログ運営

ブログ運営に必要な言語はHTML&CSSです。

WordPressは、HTML&CSSさえ知らない人でも運用できるCMS(サイト管理システム)ですが、HTML&CSSだけでもできれば格段に見栄えが良くなります。

企業のオウンドメディアが注目されており、SEO(検索エンジン最適化)の実績があれば企業メディアを個人で請け負うケースもあります。

自分自身でブログ運営することで、副業として収入を得ている人も増えています。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーが主に使用する言語はHTML&CSSです。

HTMLでウェブページのレイアウトをして、CSSでウェブページを装飾(デザイン)していく仕事です。

ウェブページに埋め込む画像を作成するのもウェブデザイナーが担当します。

画像作成には主にフォトショップやイラストレーターが使われます。

ウェブページに動きのあるデザインを実装するときに、JavaScriptでプログラミングすることもあります。

ウェブプログラマー

ウェブプログラマーが主に使用する言語はJavaScriptとPHPです。

ウェブサイトに動きを付けたり、計算機能を付けるためのプログラムを書く仕事です。

JavaScriptの応用性は高く、ウェブアプリやゲームなのにも使用されることが増えています。

JavaScriptは、ライブラリや派生技術(Ajax・vue.js・Node.js・Reactなど)を生み出しながら進化し続けているプログラミング言語です。習得できれば、ウェブ業界で幅広く活躍ができます。

また、ウェブサイトに特定の機能を持たせるためにPHPを使います。

WordPress自体はPHPで作られています。

サーバーエンジニア

ウェブ系のサーバーエンジニアが主に使用する言語はPHPです。

WordPressに、特定の機能やデザインを追加するためのプログラムを書く仕事です。

予約システムやSNSなど、ユーザーの要求に応じて表示が変わる仕組みはPHPで作ることができます。

データベースを操作する言語であるSQLを一緒に使うことが多いです。

WordPressの言語を学ぶには

WordPressの言語を学ぶなら、次の順序が良いでしょう。

  1. HTML&CSS:言語の中でもっとも簡単。腕試しにちょうどよい。
  2. JavaScript:HTMLファイルに記述できるほど簡易な環境で動く。
  3. PHP:サーバーサイドの言語なのでやや学習コストが高い。

HTML&CSSは学習しやすい言語です。ウェブページ作成・デザインで学習していくので、未経験者でも親しみやすく挫折しにくいです。

ウェブデザインは、始めてみるとハマってしまうほど楽しいです。自分でウェブサイトを作ってみたくなるでしょう。

HTML&CSSを習得したあとは、JavaScriptを学習するのが良いです。

JavaScriptはHTMLファイルに記述できるほど簡易な環境で動くので、実行結果がわかりやすく習得しやすいのです。派生技術が次々と生まれて利便性が高くなっている言語なので、覚えるとウェブ業界で長く使える強力な武器になります。

PHPは習得にやや時間がかかります。SQLなどサーバーサイドの仕組みを一緒に学ぶ必要があるため、学習コストが高くなります。

初心者向けプログラミング言語【学びやすく挫折しない言語】

まとめ

  • WordPressで使われる言語はHTML&CSS、JavaScript、PHP。
  • ウェブページが表示される仕組みがわかれば、WordPressの言語の役割を理解しやすい。
  • WordPressに携わる仕事は、ウェブデザイナー、ウェブプログラマー、サーバーエンジニアに分けられる。
  • WordPressのプログラミング言語を学ぶなら、HTML&CSS → JavaScriptの順が良い。

当メディアはAmazonのアソシエイトの適格販売により収入を得ています。

  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。プライベートではPHP・MySQLでウェブサービスを作りつつ、副業で収入を得ています。「プログラミングは人生を豊かにする」と実感しています。