Web系のプログラミング言語【役割とその職種を徹底解説】

Web系の仕事で使うプログラミング言語は限られています。

未経験者の場合は、HTML&CSSを覚ればWebデザイナーを目指す道が開けます。

Web系のプログラミング言語の主力はJavaScriptやPHPです。これらを習得すればWeb業界で長く活躍できるでしょう。

この記事では、Web系のプログラミング言語について解説します。

Web系のプログラミング言語とは

Web系のプログラミング言語とは、WebサイトやWebページの制御(生成や表示)に使われる言語です。

現在、Webで使われるのは次の言語です。

言語 役割 職種
nullHTML Webページのレイアウト Webデザイナー
nullCSS Webページのデザイン Webデザイナー
nullJavaScript Webページの動的な表示や機能 Webデザイナー
Webプログラマー
nullPHP サーバー側でHTMLを生成 Webプログラマー
サーバーエンジニア

HTMLは、Webページのレイアウトをするためのマークアップ言語です。

CSSは、Webページの装飾・デザインをするためのスタイルシート言語です。HTML&CSSとセットで呼ばれることが多いです。

HTMLとCSSはプログラミング言語ではありません。

JavaScriptジャバスクリプトは、Webページに動きを付けたり、計算機能を付けたりするためのプログラミング言語です。ブラウザ側で動作します。

PHPは、HTMLを生成(組み立て)するプログラミング言語です。データベースと連携して、問い合わせや予約システムなどを実現できます。サーバー側で動作します。

JavaScriptもPHPも、HTMLの中に混ぜ込んで書くことができるほど仲良し同士です。

Web系言語の役割と相関性

Webページが表示される仕組みがわかれば、Web系の言語の役割を理解しやすいです。

Webページのリクエストを受けてから表示されるまでの流れは次のとおりです。

  1. サーバーでPHPがデータベースからページの中身(本文やタグ)を取得して、HTMLを生成する。
  2. HTMLCSSJavaScriptが、サーバーからインターネットを通じてユーザーの端末に送られる。
  3. ユーザーの端末では、WebブラウザがHTMLをレンダリングしてWebページのレイアウトを表示する。
  4. CSSがWebページを装飾し、JavaScriptがWebページに動的機能を付加して、Webページの表示が完了する。

Web系言語の職業・職種

Web系の職業は、Web開発やWeb制作と呼ばれます。これらの職業はさらに次職種に分けられます。

  • Webデザイナー:Webサイト、Webページのデザインをする。
  • Webプログラマー:Webページの動的なデザイン、サーバー側でWebプログラミングをする。
  • サーバーエンジニア:サーバー側でプログラミング、データベースを操作する。

Webデザイナー

Webデザイナーが主に使用するのはHTML&CSSです。

HTMLでWebページのレイアウトをして、CSSでWebページを装飾(デザイン)していく仕事です。

Webページに埋め込む画像を作成するのもWebデザイナーが担当します。

画像作成には主にフォトショップやイラストレーターが使われます。

Webページに動きのあるデザインを実装するときに、JavaScriptでプログラミングすることもあります。

Webプログラマー

Webプログラマーが主に使用する言語はJavaScriptとPHPです。

Webサイトに動きを付けたり、計算機能を付けるためのプログラムを書く仕事です。

JavaScriptの応用性は高く、Webアプリやゲームなのにも使用されることが増えています。

また、Webサイトに特定の機能を持たせるためにPHPを使います。

多くのWebサイトで使用されているワードプレスというツールもPHPで作られています。

JavaScriptは、ライブラリや派生技術(Ajax・vue.js・Node.jsなど)を生み出しながら進化し続けているプログラミング言語です。習得できれば、Web業界で幅広く活躍ができます。

サーバーエンジニア

Web系のサーバーエンジニアが主に使用する言語はPHPです。

多くのWebサイトに使われるワードプレスに、特定の機能やデザインを追加するためのプログラムを書く仕事です。

ウェブ予約システムやSNSなど、ユーザーの要求に応じて表示が変わる仕組みはPHPで作ることができます。

データベースを操作する言語であるSQLを一緒に使うことが多いです。

未経験者がWeb系言語を学ぶには

プログラミング未経験者がWeb系言語を学ぶなら、次の順序が良いでしょう。

  1. HTML&CSS:言語の中でもっとも簡単。腕試しにちょうどよい。
  2. JavaScript:HTMLファイルに記述できるほど簡易な環境で動く。
  3. PHP:サーバーサイドの言語なのでやや学習コストが高い。

HTML&CSSは学習しやすい言語です。Webページ作成・デザインで学習していくので、未経験者でも親しみやすく挫折しにくいです。

Webデザインは、始めてみるとハマってしまうほど楽しいです。自分でWebサイトを作ってみたくなるでしょう。

HTML&CSSを習得したあとは、JavaScriptを学習するのが良いです。

JavaScriptはHTMLファイルに記述できるほど簡易な環境で動くので、実行結果がわかりやすく習得しやすいのです。覚えるとWeb業界ではずっと使える強力な武器になります。

PHPは習得にやや時間がかかります。SQLなどサーバーサイドの仕組みを一緒に学ぶ必要があるため、学習コストが高くなります。

初心者向けプログラミング言語【学びやすく挫折しない言語】

まとめ

  • Web系のプログラミング言語とは、WebサイトやWebページの制御(生成や表示)に使われる言語。
  • 現在、Webで使われるのは、HTML&CSS、JavaScript、PHP。
  • Webページが表示される仕組みがわかれば、Web系の言語の役割を理解しやすい。
  • Web系の職業は、さらにWebデザイナー、Webプログラマー、サーバーエンジニアに分けられる。
  • プログラミング未経験者がWeb系言語を学ぶなら、HTML&CSS → JavaScriptの順が良い。

© 2019-2021 ノンブロ.