どのプログラミング言語を最初に学ぶべきか【未経験からの学習順序】

[sx1]最初に覚えるプログラミング言語ってどれがいいのかな。[/sx1]

どのプログラミング言語を最初に学ぶべきか。

プログラミング未経験者の場合、何から手を付けていけば良いのかわからず困る方も多いでしょう。

プログラミング言語には習得しやすい言語があります。たとえば、ウェブ系のJavaScriptジャバスクリプトやPHPは学習期間が短くて済み、挫折する可能性も低い言語です。

せっかくプログラミング学習に時間とお金をかけるなら、今後も長く使われていくプログラミング言語を学ぶのが得策です。

この記事では、どのプログラミング言語を最初に学ぶべきかについて解説します。

どのプログラミング言語を最初に学ぶべきか

プログラミング未経験者が、どのプログラミング言語を最初に学ぶべきか。

HTML&CSSの経験の有無によって、次のどちらかに分かれます。

  • HTML&CSSの経験が無い場合:HTML&CSSから始める
  • HTML&CSSの経験がある場合JavaScriptジャバスクリプト、PHP、VBA、PythonパイソンSwiftスウィフトのどれかで始める

HTML&CSSの経験が無い場合は、まずHTML&CSSを体験してみるのが良いです。

HTML&CSSとはウェブページをレイアウト・デザインする言語です。正しくはプログラミング言語ではありませんが、コーディングの基礎が詰まっています。

私自身も、最初はHTML&CSSでウェブサイト作成に夢中になりました。その後はVBAを経てPythonのプログラマーになりました。

HTML&CSSの経験がある場合は、ウェブと親和性の高いJavaScriptが未経験者に向いています。

JavaScriptは、プログラム実行の結果をウェブページで確認できるためとても学びやすく、楽しんで学習できる言語だと感じます。

なぜ最初にHTML&CSSを学ぶのか

まったくの言語未経験者が最初にHTML&CSSを学ぶ理由には、次の3つを挙げられます。

  • 言語のなかでもっとも簡単。
  • プログラミングの向き不向きを試せる。
  • 環境構築の必要がない。

HTML&CSSは、プログラミング言語ではありませんが、プログラミングに通じるコーディングの基礎を学ぶことができます。

HTMLはウェブページのレイアウト、CSSはウェブページのデザインをするための言語です。ウェブページを作る楽しさのなかで習得できるのも魅力です。

実務でプログラミングするようになっても、実行結果をウェブブラウザに表示させることも多いので、プログラマーなら身につけておくべき言語なのです。

プログラミング未経験者にとって、自分がプログラミングやコーディングに向いているかどうかの判断材料にもなります。

ちょっと厳しい言い方ですが、HTML&CSS程度で難しいと感じるようならプログラミングの適性が無いかもしれません。だからこそ、まずHTML&CSSで試してみると良いわけです。

HTML&CSSは、パソコンさえあればとくに環境構築は必要ありません。お持ちのパソコンのなかにメモ帳ウェブブラウザが入っていれば、いますぐに学習を始められる手軽さがあります。

プログラミングスクールでも、HTML&CSSでのウェブサイト作成をカリキュラムの最初にしているコースがあるくらいです。たとえば、プログラミングスクールの最大手であるテックアカデミーにははじめてのプログラミングコースがあり、最初はHTML&CSSから学習が始まります。

『はじめてのプログラミングコース』をテックアカデミー公式ページで見る

学びやすいプログラミング言語

言語 習得期間 展望
nullJavaScript 3ヶ月 ウェブデザイナー
ウェブエンジニア
nullPHP 3ヶ月 ウェブエンジニア
ブログ運営者
nullVBA 3ヶ月 Excel業務自動化
社内エンジニア
nullPython 6ヶ月 人工知能エンジニア
ウェブアプリ開発
nullSwift 6ヶ月 iPhoneアプリ開発者
Mac用アプリ開発者

JavaScript - ウェブデザイン

HTML&CSSに引き続きウェブデザインをやってみたいならJavaScript。

もしHTML&CSSを習得している経験者なら、JavaScriptとのコンビネーションはとても強力な武器になります。

JavaScriptは、ウェブページに動きをつけたり、計算機能を実装するために使われている言語です。

JavaScriptの応用技術であるAjaxエイジャックスはGoogleマップに使われています。派生言語であるGoogleAppsScriptはGoogleスプレッドシートなどのウェブアプリに使われています。

JavaScriptの技術はウェブデザインにとどまらず、近年はNodo.jsという派生言語でサーバーサイドの制御も担うようになりました。

身に付けておけば、高い需要がつづくウェブ業界で幅広く活躍できる強みがあります。

PHP - ブログ運営も可能

ウェブサービスやブログ運営に興味があるならPHP。

HTML&CSSを習得している方ならPHPの学習は難しくありません。ただ、環境構築がやや面倒なので、パソコンが得意ではない場合はスクールに頼るほうが良いでしょう。

世の中の多くのウェブサイトでワードプレスというツールが使われています。ワードプレスはPHPのプログラムで動きます。

PHPを学習するときにもワードプレスは良い学習材料になります。Yahoo!やFaceBook、Wikipediaなどの大規模なウェブサービスにもPHPが使われています。

PHPの需要は高く、クラウドソーシングでの案件数も常に多い状況です。PHPは副収入を得やすいプログラミング言語です。

VBA - Excel業務自動化

仕事でExcelを使っていて、手作業を自動化したいならVBA。

仕事で普段からExcelを使っている方も多いと思います。Excelのシートに手入力したり、シートからシートへ値を書き写したり…といった手作業を自動化できるのがVBAです。

マクロとも呼ばれることがあります。パソコンにExcelが入っていれば、開発モードにするだけですぐに学習を始めることができます。

VBAに関する情報はウェブにたくさんあります。学習中の不明点・疑問点はウェブで検索すれば解決策が見つかることが多々あります。

VBAを習得するだけでも社内の業務を大幅に軽減できるので、目に見えて評価されやすいのがVBAのメリットです。

私が30代で転身したときに武器になったのがVBAです。業務の自動化でずいぶん頼られて感謝されたのが嬉しかったです。

Python - 未来を作る言語

人工知能やロボットなど未来の技術に興味があるならPython。

Pythonは近年、人工知能やデータサイエンスで急速に需要を伸ばしている注目株のプログラミング言語です。

Pythonの魅力は、人工知能やデータサイエンスのみならず、幅広い分野で応用が利く多様性にあります。Excelを操作することもできます。

Pythonの環境構築は、プログラミング言語のなかでは簡単な方です。パソコン操作に慣れているなら、学習を始めるハードルは低いほうでしょう。

ライブラリ(その分野に特化したプログラムツール)が豊富なので、Pythonを習得すれば幅広い業界で活躍することが可能です。

人工知能やブロックチェーンなど未来の技術を作る言語として定着したので、今後も需要が増えていく一押しの言語です。

私はVBAの次にPythonを習得しました。Pythonは学習コストが低いわりに高収入なので習得してよかったと思っています。

Swift - iPhoneアプリ

iPhoneアプリを作ってみたいと思ったことがあるならSwift。

お持ちのスマホがiPhoneの場合は、アプリを作ってみたいと思った経験がある方もいると思います。

SwiftはiPhoneアプリを作れるプログラミング言語です。開発環境にはAppleのMacOSが入ったパソコンが必要です。

Appleは長らくObjective-Cを開発言語にしていましたが、近年はSwiftでの開発を推しています。若宮正子さん(81歳)が作ったアプリが注目を浴びたのが記憶にも新しいです。

日本ではiPhone利用者が目立ちますが、世界的にはAndroidの利用者の方が多いです。今後の需要を考慮したうえでプログラミング言語を選択したほうが良いでしょう。

iPhoneが好きで、iPhoneのアプリを開発したい思いを強く持っているならSwiftに挑戦する価値があります。

まとめ

  • プログラミング言語には習得しやすい言語がある。ウェブ系のJavaScriptジャバスクリプトやPHPは学習期間が短くて済み、挫折する可能性も低い。
  • HTML&CSSの経験が無い場合は、まずHTML&CSSを体験してみるのが良い。
  • HTML&CSSの経験がある場合は、ウェブと親和性の高いJavaScriptが未経験者に向いている。
  • HTML&CSSは、プログラミング言語ではありませんが、プログラミングに通じるコーディングの基礎を学ぶことができる。
プログラミング言語の難易度【実際に書いた経験による感想】

© 2019-2021 ノンブロ.