ハローワーク雇用保険説明会中止でも動画視聴で求職活動実績

長引くコロナ禍で、地域の労働局によっては雇用保険説明会を中止している場合があります。

このようなとき、雇用保険説明会をYouTube動画の視聴で代替する案内がされています。

この動画はYouTubeの厚生労働省チャンネルで視聴でき、その視聴が求職活動実績1回分になります。

最初の失業認定は、この動画視聴による求職活動実績1回分で認定してもらえます。

この記事は、ハローワークの雇用保険説明会が中止の場合に、YouTube動画視聴による求職活動が実績になることについて解説します。

さらに後半では、外出を控えたいコロナ禍で自宅に居ながら求職活動実績をつくる方法についても説明します。

コロナで求職活動実績が免除【条件は?失業認定申告書は?】

説明会中止でも動画で実績

ハローワークの雇用保険説明会が中止された地域では、YouTubeの厚生労働省チャンネルの動画で説明会を代替しています。

この動画を視聴することが求職活動になると案内された場合は、最初の失業認定で動画視聴を求職活動実績1回分として申告できます。

雇用保険説明会に参加したときに見せられる動画と同じ内容です。

雇用保険説明会は、地域によって『雇用保険受給説明会』『雇用保険受給者説明会』とも呼ばれます。

また雇用保険説明会と同時期に行われる講習会は『初回講習』『職業講習会』とも呼ばれます。

雇用保険説明会が中止されていなければ、通常は説明会と講習会へ参加することで求職活動実績1回分になり、それが最初の失業認定分になります。

もし、「YouTubeの動画視聴では求職活動にならない」と案内された場合は、求人への応募や職業相談などで求職活動実績1回分をつくる必要があります。

雇用保険説明会の動画とは

雇用保険説明会の動画は、YouTubeの厚生労働省チャンネルで視聴できます。

  • 動画のタイトル:『基本手当を受給されるみなさまへ
基本手当ってなんですか?
失業手当のことです。要するに失業保険を受給されるみなさまへということです。

基本手当を受給されるみなさまへ

ボタンを押すと動画を視聴できます。

出典:YouTube厚生労働省/MHLWchannel

失業認定申告書への記入

地域によっては、受給資格決定のときに失業認定申告書を渡されることがあります。(ほとんどは雇用保険説明会のときに渡されます。まだ手元にない場合は失業認定申告書への記入を必要としません。つまり、動画を視聴して説明会に参加したものとして認定してもらえます。

失業認定申告書を渡されて、最初の失業認定で提出する必要がある方だけ、次のように記入します。

  • 求職活動の方法:(ア)
  • 活動日:YouTube動画を視聴した日付
  • 利用した機関の名称:厚生労働省YouTubeチャンネル
  • 求職活動の内容:雇用保険説明動画を視聴『基本手当を受給されるみなさまへ』

コロナ禍で活用できる転職サイトを利用した求職活動

コロナ禍では外出するのを敬遠しがちですが、それでも求職活動を2回行わなければ失業保険を受給できません。

こういう場合に活用できるのが、転職サイトを利用した求職活動です。

転職サイトのセミナー受講

転職サイトが実施するセミナーを受講すると、1回の受講が求職活動実績1回分になります。

セミナーを受講できる転職サイトは限られていますが、開催の頻度が高いので利用しやすいです。

申し込みだけでは実績になりません。受講を済ませたことを失業認定申告書で申告します。

転職サイトのセミナ-を受講して求職活動実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

ハローワークはオンラインセミナー無し【でも求職活動になるセミナー】

転職サイトの求人に応募

転職サイトの求人へ応募すると、1社への応募が求職活動実績1回分になります。

応募に利用しやすい転職サイトは、自分で求人を探して直接応募できるサイトを利用します。

ウェブ履歴書を作成しておくと、今後も応募で使い回すことができます。

転職サイトの求人に応募して求職活動実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

まとめ

  • ハローワークの雇用保険説明会が中止された地域では、YouTubeの厚生労働省チャンネルの動画で説明会を代替している。
  • YouTube動画を視聴することで説明会に参加したことになり、求職活動実績1回分になる。
  • 雇用保険説明会の動画は、YouTubeの厚生労働省チャンネル『基本手当を受給されるみなさまへ』。
  • コロナ禍で外出するのを敬遠しがちな場合に活用できるのが、転職サイトを利用した求職活動
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。