認定日当日の求職活動実績【行ったついでに職業相談!次回認定が楽になる】

失業保険の求職活動実績は、認定日当日に行った求職活動なので次回の失業認定分になります。

また、認定日にハローワークへ行ったついでに職業相談をするのは、その日のうちに1回分の実績を得られる良い方法です。

職業相談で求職活動実績2回分を作ってもよいので、さらに別の日にハローワークで職業相談を受ければ実績2回分を達成できます。

この記事では、認定日当日の求職活動実績の扱いと、有効な求職活動の方法について解説します。

認定日当日の求職活動実績

認定日当日の求職活動は、次回の認定分になります。

求職活動実績は、認定期間(認定日から認定日前日まで)に行った求職活動と規定されているからです。

認定期間に行った求職活動について原則2回以上の求職活動実績があれば、その期間の失業手当が給付されます。

たとえば、

  • 認定日当日にハローワークで職業相談をした場合は、次回の失業認定の求職活動になります。
  • 認定日前日にハローワークで職業相談をした場合は、今回の失業認定の求職活動になります。
  • 認定日にハローワークに行く前に転職サイトで求人に応募した場合は、今回の失業認定の求職活動になります。

行ったついでに職業相談

認定日にハローワークに行ったついでに職業相談をすることもできます。

この場合は、次回の認定分の求職活動実績にできます。

認定日に職業相談を済ませると、次回の認定までにあと残り1回分の実績をつくればよいことになります。

認定の帰りに職業相談をするのは良い方法です。ハローワークによっては「ついでに職業相談を受けて帰ってくださいね。」とわざわざ案内してくれるところもあります。

職業相談を利用するときの手順や、相談で使える質問はこちらの記事で解説しています。

認定日当日に、認定時間の前に求職活動をすれば間に合うのではないかと考える方もいると思います。

これは残念ながら、認定期間(認定日の前日まで)に当てはまらないので、認定時間までに間に合わせたことにはなりません。

ただ、ひとつ抜け道があるとすれば、転職サイトで求人に応募する方法です。

認定前に転職サイトで応募

認定日にハローワークに行く前なら、転職サイトの求人に応募して間に合わせることができます。

この場合は、「認定日の前日までに応募しました。」と説明できる求職活動実績になります。

転職サイトの応募なら、認定日前日23:59を過ぎて当日になってしまっても、ハローワーク側では調べようがありません。

失業認定申告書には、うっかり認定日の日付を書かないように注意してください。

転職サイトで応募するときの手順やコツは、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

応募には、直接応募できる転職サイトを利用すると良いです。

リクナビNEXTなら直接応募できて、大手なので求人数が多く、求職活動実績を作りやすいです。

リクナビNEXTに無料登録して求人を見る

認定日当日なのに実績が無い

認定日当日なのに実績が無い場合は、次回の認定期間を設定してもらうためにハローワークに行く必要があります。

実績が無いからといって行かないままにすると、次回の認定期間の設定が無いため給付してもらえなくなります。

  1. 実績が無くてもハローワークに行く。
  2. そのついでに職業相談を済ませて実績1回分を稼いでくる。

こうすれば、次回の認定までに残り1回分の実績をつくればよい状態になります。

認定日に職業相談を受けるのは合理的なんですね。
ハローワークでも、それをおすすめしています。

まとめ

  • 失業保険の求職活動実績は、認定日当日に行った活動なら次回の認定分。
  • 求職活動実績は、認定期間(認定日から認定日前日まで)に行った求職活動と規定されている。
  • 認定日に職業相談を済ませると、次回の認定までにあと残り1回分の実績をつくればよいことになる。
  • 認定日にハローワークに行く前なら、転職サイトの求人に応募して間に合わせることができる。
Web応募で求職活動実績【2回分を家で寝ながら片手でも】

© 2019-2021 ノンブロ.