仕事行きたくない…朝に泣くくらい辛い悩みの対処方法

仕事に行きたくない…。朝に涙が出て泣くくらい辛い時はどうしたらいいのでしょう。

それは心が助けを求めて、涙となって出てきているのです。

決して無理はしないことです。

仕事に行きたくない…。朝に涙が出るときはどうしたらいい?

もう仕事に行きたくない…。このまま辞めることってできるのかな?

朝に涙が出るくらい辛いときは、無理して仕事に行く必要はありません。

もう職場には行かずに仕事を辞めたいときは、弁護士資格を持った退職代行に相談できます。

この記事では、仕事に行きたくない、朝に泣くくらい辛い悩みの対処方法を解説します。

 

仕事に行きたくない…朝に泣くくらい辛い悩みの対処方法

無理して仕事に行く必要はない

仕事に行きたくない…。朝、涙が出た…。

朝起きて泣くくらいの心境になっているということは、精神的にかなり追い込まれている証拠です。

その涙は、心が助けを求めて身体に送ったサインなのです。「心身が壊れ始めているから、これ以上辛いことはしないで」…と。

決して無理はしないでください。

毎日毎日、生活に追われて仕事をしていると忘れがちなのです、健康が一番大切な宝物であることを。

今朝、目から涙が出たなら。今日は欠勤の連絡を入れて休みましょう。休むことに罪悪感を抱いたり、後ろめたく思う必要はありません。

なぜなら、事実、心のやまいだからです。

仕事に行きたくない…朝に泣く状況が続いているとき

毎朝、泣く状況が続いているときは、仕事を辞める決心をしなければなりません。

なぜなら、本当に心身が壊れてしまうからです。取り返しがつかなくなります。

でも、このまま仕事に行かないで辞めることなんてできるの?

実は、重く考えなくても円満に退職できるサービスが一般的になりつつあります。退職代行サイトです。

退職代行サービスは、弁護士資格を持っている退職代行を選ぶようにします。

退職のときは一般的には『退職願』を上司に受理してもらって、退職手続きを開始します。

そうではなく、このまま仕事に行かないで辞める場合は、法律を盾にして退職手続きを開始しなければなりません。

そのために「弁護士法人みやび」のような弁護士の退職代行を利用します。

弁護士法人みやびの退職代行 無料LINE相談はこちら

仕事に行きたくない…朝にやること

仕事に行きたくない…朝に泣くほどのつらい気持ちを、少しづつ和らげる方法を紹介します。

まずは、仕事を休む連絡を入れることです。

でも、連絡したくなければしなくてもいいと思います。

仕事を休む連絡を入れる

上司に連絡する気にならない場合は、同僚・先輩を頼っても良いのです。

あなたの味方になってくれる同僚・先輩はいますか?

欠勤の連絡をするときは、その方に電話をして理由を話してみてください。

状況を素直に話せば大丈夫です。

「辛くて涙が止まりません。体に気力がなくて…仕事に行けそうにありません。」と、正直に言えば良いです。

あなたの味方である同僚・先輩は、一緒に対処を考えてくれるはずです。

あなたに代わって、上司に欠勤理由を伝えてくれるかもしれません。

泣き腫らした目には保冷剤

泣き腫らした目で鏡を見ないようにしましょう。

気持ちが落ち込んでしまいます。

保冷剤をあてて冷やせば、10分ほどで腫れが引いていきます。

タオルに保冷剤を包んで、まぶたの上からそっと冷やしましょう。

暖かい飲み物を飲む

暖かい飲み物は、心を落ち着かせてくれます。

コーヒーや紅茶、ホットミルク…なんでも良いので、暖かい飲み物を飲んでみてください。

私は、気分が辛いときのためにココアを常備しています。

暖かくて甘いココアは、仕事の辛い気分を優しく包んでくれる感じがするのです。

カーテンを開ける

女性の一人暮らしの場合、外からの視線を気にしてカーテンや雨戸を閉め切っている方も多いでしょう。

もしカーテンを閉め切っているなら、少しでも良いのでカーテンを開けて外の光を入れてみてください。

不思議なことですが、太陽の光には心をすこやかにするパワーがあります。

ついでに窓を開けて空気を入れ替えると、部屋の中の負の空気が出て行くのでスッキリします。

どうしても出勤しなければならないとき

朝に泣くくらいの深刻な状況なのに、出勤しなければならないときは…

  • 泣きはらした目を保冷剤で冷やす
  • 暖かい飲み物を飲む
  • カーテンを開ける

を実行してみてください。きっと少しだけ気持ちが前に向くはずです。

でも、決して無理はしないでください。

辛かったら、途中で電車を降りて帰ってきても良いのです。

仕事に行きたくない…朝に泣いたあとの過ごし方

仕事を休む連絡を入れたら、あとは心を楽にしてゆっくり一日を過ごしましょう。

二度寝すると夕方に目が覚めて余計に寂しい気持ちになります。

もし体がつらくなければ、ご紹介する過ごし方はいかがでしょうか。

映画やドラマを観る

好きな映画、見たかったドラマを観れば、現実を忘れることができます。

近くのコンビニで、お菓子やスイーツを買い込んで、ゆっくり鑑賞しましょう。

花を飾ってみる

生花を飾ったことがある方なら、この感覚をご存知かもしれません。

花を飾ると、部屋の空気が一変します。

生命力にあふれる、健康的な気で満たされるのです。

もし、近くにお花屋さん(または花を扱うお店)があれば、久しぶりに花を飾ってみませんか?

あなたが自発的に元気になろうとしなくても、花が少しずつ元気を分けてくれます。

転職サイトを見てみる

仕事に行きたくない。という気持ちが現れているということは、今後も仕事へのあきらめが収まることはありません。

遅かれ早かれ、退職に向けて動き出すことになるでしょう。

私自身は、仕事に行きたくない気持ちに気付いた時点で転職サイトに登録しました。

リクナビNEXTという転職サイトでWeb履歴書を作成しながら、気持ちが楽になっていったのを覚えています。

「いまの会社じゃなくたって、ほかに会社はあるんだ」という気持ちの逃げ道ができたことに安心したのだと思います。

まとめ

  • 仕事に行きたくない…朝に泣くくらい辛い時は無理しない。
  • 朝に泣くような状況が続いているときは、弁護士資格を持った退職代行に相談する。
  • 仕事を休む連絡は、味方になってくれる同僚・先輩にする。
  • 仕事を休めるなら、見逃したドラマを観たり、花を飾ったりして過ごすと気持ちがリラックスする。
仕事、行きたくない…家にいたいときの欠勤理由と過ごし方

© 2019-2021 ノンブロ.