連休明け、仕事行きたくない…そんな気持ちが前に向く方法

ゆっくりと過ごした連休の終わりに、サザエさんが始まると気が重くなります。

また、忙しい毎日の繰り返しが始まる。仕事に戻りたくない。

そう思うと、このまま辞めてしまいたくもなりますよね。

この連休が明けるのが怖い。仕事行きたくない。

仕事行きたくないときに、何かできることってあるの?

仕事に行きたくないときは、無理していく必要はありません。

会社はあなたを一生面倒を見てくれるところではありません。

あなたが身をすり減らして働いて、それで体を壊してたとしても「もう来なくていいよ」と言われるだけです。

この記事では、連休明けに仕事に行きたくないときにできる2つの行動を解説します。

仕事、行きたくない…家にいたいときの欠勤理由と過ごし方

仕事に行きたくない理由

連休明けに仕事行きたくない。

こう感じる原因は、いまの仕事・職場に不満があるからです。

  • 給料が見合ってないし、上がりそうにない
  • やりがいを感じなくなっている
  • このまま続けても成長できなさそう
  • 残業が多すぎて体が持たない
  • あきらかに人手不足で忙しすぎる
  • 上司のパワハラに耐えていける気がしない

どの理由も、自分ひとりの頑張りでは変えていくことができないものです。

仕事に行きたくないくらいの気持ちが生まれているなら、転職に向けて一歩動いても良いタイミングです。

自分で応募するタイプの転職サイトなら、転職時期を決める必要はありません。

自分のペースで、良さそうな会社があれば動く。という準備が整います。

仕事、行きたくない…家にいたいときの欠勤理由と過ごし方

連休明け、仕事行きたくない…逃げ道を作っておく

仕事に忙殺されて、いまの仕事のことしか見えなくなることはよくあります。

でも、世の中には本当にたくさんの仕事があります。

転職サイトをのぞいて見ると、気持ちが前に向きます。

私自身の経験です。

毎日、終電まで残業するような状況が一年ほど続いたゴールデンウイーク明けに、体が動かなくなりました。

仕事に行きたくないのです。

結局、連休を延ばす形でもう一日休みを取りました。

その日、転職サイトに登録してほかの会社や就労環境を眺めていると、気持ちが楽になったのを覚えています。

「いまの仕事にこだわらなくても、いつでも転職はできる。」という逃げ道ができたことに安心したのだと思います。

今の職場に不満があるなら、いつでも転職できる逃げ道を作れる

いつでも転職できるように逃げ道を作るなら、直接応募型の転職サイトが適しています。

※エージェント型の転職サイトは、自分のペースで動くことができません。

直接応募型の転職サイトの大手は、次の2つのサイトです。

  • リクナビNEXT:求人数業界1位(リクルートエージェント含む)。未経験者の求人が多い印象。レジュメを作成しておけば企業からスカウトメールが届く。
  • doda:求人数が業界2位。経験者向けの求人が多い。Web履歴書を作成しておけば企業からオファーが届く。
Web履歴書を作成しておくとたくさんオファーが届きます。オファーを見れば自分の市場価値もわかってきます。

dodaの利用登録~Web履歴書作成はこちらから

連休明け、仕事行きたくない…このまま行かずに辞める

「実はそろそろ辞めてもいいかなと思っている」なら、このまま辞めるという選択もできます。

いままでも結論を伸ばし伸ばし、仕事を続けてきた状態になっているからです。

このまま連休明けに仕事に行くと、またズルズルと今の仕事を続けてしまうでしょう。

この機会に見切りをつけて次のステップに進む一歩が、将来につながっていきます。

退職願の書き方【本文テンプレート・封筒の記入例まで解説】

辞めてもいいかなと思っているなら、このまま辞めることだってできる

退職代行というサービスを使えば、代わりに退職手続きしてくれます。

ただ、このまま辞めると会社から損害賠償請求されるケースもあるので、弁護士資格を持った退職代行を利用します。

急に仕事を辞めたいというときでも、会社ともめ事になることもなく、円満に退職できます。

無料でLINEで相談できるので、このまま仕事に行かずに退職する方法について相談してみても良いかもしれません。

みやびの退職代行 無料LINE相談の案内を見る

  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。