失業認定日にハローワークに行けないときは?行かなかったらどうなる?

失業保険を受給するためには、4週間(28日間)の間隔で失業認定をしてもらうことになります。失業認定日にハローワークに行けない、行かない場合は失業認定できないため、予定されていた認定日をもって支給がストップします。

受給資格が喪失するという意味ではありません。

失業手当の支給継続をのぞむなら、ハローワークに連絡すれば代わりの認定日を指定してもらえます。もし、求職活動実績が無くてハローワークに行きたくない場合でも、不認定の処理をしてもらうために行かなければなりません。

求職活動実績は、転職サイトを利用しても実績になります。求人に応募する方法や、セミナーを受講する方法なら急いで実績になるので、「実績がなくて行けない」と考えている人には有効です。

失業認定申告書の書き方【求職活動の全パターンが一目瞭然】

認定日に行けないとどうなるか

  • 行けないことがわかった時点でハローワークに連絡する。
  • ハローワークに行って次回の認定日を設定してもらうまで、失業手当の支給は停止される。
  • 求職活動実績が無い場合は、不認定の処理をされる。

失業認定日にハローワークに行けない場合は、結局、後日にハローワークに行って次回の失業認定日(認定対象期間)を設定してもらわなければなりません。

自分で勝手に判断して、次回の失業認定日を決めることはできないのです。失業認定日(認定対象期間)は、『雇用保険受給資格者証』に印字された日付で管理されています。

認定対象期間とは

前回の認定日~今回の認定日までの期間のことです。認定対象期間に失業の状態だったことが認定されると、その期間分の失業手当が支給されます。

風邪・体調不良で行けない

  • 当日に「行けない」と判断した時点ですぐにハローワークに連絡する。
  • 代わりの認定日を指定される。
  • 求職活動実績2回分があれば、失業手当を支給してもらえる。(ただし、ハローワークに行けなかった期間分の手当はもらえない。)

風邪などの体調不良で、認定日の当日になってハローワークに行けないことがわかった時点でハローワークに連絡します。

ハローワークに連絡すると、代わりの認定日を指定してもらえます。その認定日に行けば、次回の認定日(認定対象期間)を設定してもらえます。なお、失業認定に行けない期間の支給分は減額されます。

支給されなかった分は繰り越しされます。

旅行で行けない

  • 原則的には、旅行が理由で認定日に行けないのは許されない。
  • 旅行の理由が、結婚や法事などやむを得ない理由であれば、あらかじめハローワークに連絡して指示をもらう。
  • 代わりの認定日を指定される。
  • 求職活動実績2回分があれば、失業手当を支給してもらえる。(ただし、ハローワークに行けなかった期間分の手当はもらえない。)

旅行で失業認定日に行けないというのは、原則的に許されていません。ただし、やむを得ない理由の旅行であれば、ハローワークに連絡すると対処してもらえます。

長期の旅行で失業認定に行けない状態になっても、単に失業手当の支給が繰り越されるだけです。失業保険の受給資格は離職日から1年間です。つまり1年間を限度に失業手当の支給を繰り越しできます。

支給を再開したい場合は、ハローワークに行って認定日(認定対象期間)を設定してもらう必要があります。次の認定日までに求職活動2回を実績として申告すれば支給が再開されます。

実績が無くて行けない

  • 求職活動実績が無くても失業認定には行く必要がある。
  • 今回の失業手当は支給されない。
  • 次回の認定日(認定対象期間)を設定してもらう。

「求職活動実績が無くてハローワークに行けない」と思っても、認定日にはハローワークに行く必要があります。次回の認定日(認定対象期間)を設定してもらう、次回分の失業認定申告書をもらうためです。

実績が無い場合は不認定の処理となり、今回の失業手当は支給されません。

もし失業認定まで時間的余裕があるなら、急いで求職活動実績をつくる方法があります。こちらの記事で解説しています。

求職活動実績が足りない場合、手当どうなる?当日実績急造術

忘れて行かなかったら

  • 気付いた時点でハローワークに連絡する。
  • 後日、指定された日にハローワークに行けば、次回の失業認定日(認定対象期間)を設定してもらえる。
  • 失業手当は次回に繰り越し。

認定日を間違えたり、うっかり忘れて行かなかった場合は、原則的には不認定になります。今回の失業手当の支給はありません。

ただ、気付いた時点でハローワークに連絡すれば、ハローワークによっては「大目に見ますから、急いでハローワークに来てください。」と対処してくれるところもあります。

忘れてたことに気付いたら、すぐハローワークに連絡を!

わざと行かないと

  • 失業認定日をもって支給はストップする。
  • 別に罰則はない。(失業手当をもらえないことが罰のようなもの)
  • 再開したいときは、ハローワークに連絡すれば良い。ハローワークに行って次回の認定日(認定対象期間)を設定してもらえば復活する。

失業認定日にわざとハローワークに行かないと、その認定日をもって支給がストップします。ただそれだけのことです。罰則はありません。

支給を再開したい場合は、ハローワークに行って認定日(認定対象期間)を設定してもらう必要があります。次の認定日までに求職活動2回を実績として申告すれば支給が再開されます。

失業保険の受給資格は離職日から1年間です。1年を過ぎると、所定給付日数の残日数分の失業手当を放棄することになります。

まとめ

  • 失業認定日にハローワークに行けない理由はさまざまだが、とにかく行けないことがわかった時点でハローワークに連絡すればよい。
  • 認定日にハローワークに行かなかったことを、怒られることはない。「不認定で失業手当が出ませんけど、生活は大丈夫ですか?」と心配される。
  • 求職活動実績が無い場合、忘れて行かなかった場合は不認定。後日にハローワークに行けば、次回の失業認定日(認定対象期間)を設定してもらえる。
  • 「旅行のせいで認定日にハローワークに行けない」という理由は通用しない。結婚や法事に関わる旅行であれば、ハローワークに連絡すると、代わりの認定日を指定してもらえる。
  • 長期の旅行だったり、わざと行かない場合は、認定日をもって支給はストップ。離職日から1年間を限度に失業手当が繰り越されるというだけ。
  • 求人に応募する方法や、セミナーを受講する方法なら急いで求職活動実績になるので、「実績がなくて行けない」と考えている人には有効。
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。プライベートではPHP・MySQLでウェブサービスを作りつつ、副業で収入を得ています。「プログラミングは人生を豊かにする」と実感しています。