自己都合の給付制限【3ヶ月の待機期間は2ヶ月に短縮】

失業保険の給付は自己都合の場合に3ヶ月の制限があると聞くけど、どういうことなのか知らないと不安になるものです。

自己都合の場合、支給開始が給付制限期間だけ遅れます。

この給付制限期間を乗り切るためのお金または貯蓄が必要になります。

この記事では、失業保険の給付制限期間3ヶ月(現在2ヶ月)について解説します。

自己都合の給付制限期間とは

退職理由が自己都合の場合は、失業保険の支給まで給付制限期間があります。

給付制限とは、失業保険の支給開始が遅らされるという意味です。

給付制限の分、支給額が減らされる…というわけではありませんので、安心してください。

自己都合の給付制限3ヶ月は短縮されて2ヶ月に

給付制限は3ヶ月間でしたが、令和2年10月1日以降は2ヶ月に短縮されています。


出典:厚生労働省『「給付制限期間」が2ヶ月に短縮されます』.pdf

【給付制限2ヶ月には条件があります】

最後の離職日からさかのぼって5年以内の離職2回まで。

詳しくは厚生労働省の案内をご覧ください。

自己都合になる退職理由とは

失業保険は、退職理由によって給付制限の有無が決められています。

自己都合(給付制限あり)

自分の都合・責任において仕事を辞める場合は、自己都合になります。

  • 本人の申出により退職したとき(一身上の都合)
  • 自分の責任による重大な理由により解雇されたとき(懲戒解雇)
  • 定年
  • 契約期間満了

会社都合(給付制限なし)

再就職の準備をする時間的余裕がなかった離職は、会社都合になります。

  • 倒産
  • リストラ
  • 雇止め

この場合、失業保険の給付申請後の待機期間(7日間)を経て支給が開始されます。

「自己都合だと失業保険の支給が遅れるから、会社都合にしてあげるね」と、会社が配慮してくれることもあります。

しかし転職活動の中で、本人の業務能力不足による解雇や雇止めを疑われる原因にもなるので、安易に会社都合にはしないほうが良いでしょう。

転職活動では、「ステップアップのために退職しました」(自己都合)とする方が好感を得られます。

自己都合の給付制限期間に備える

お金の準備

自己都合による給付制限期間を乗り切るためのお金または貯蓄が必要です。

必要なお金(生活費)は、家賃 + 食費 + 電気ガス水道料金 + スマホ料金 です。

もし1ヶ月の生活費がわからない場合は、家賃の2倍を目安にします。

たとえば、家賃が6万円の場合、1ヶ月の生活費は12万円が目安になります。

給付制限2ヶ月分を乗り切るためには、24万円のお金の準備が必要です。

転職の準備

直接応募(自分で求人を探して応募するタイプ)の転職サイトに登録しておくと便利です。

失業保険の認定のときに、求職活動実績を作る目的でも使えます。

直接応募型の転職サイトは2つ。

  • リクナビ:転職サイト。レジュメを作成しておくと、企業からスカウトメールがもらえる。エージェントは別サービス「リクルートエージェント」の登録が必要。
  • doda:転職サイト + エージェント。登録と同時にWeb履歴書を作成し、応募に使いまわせる。未公開求人を多く保有しており、オファーをもらえるのも魅力。

dodaは、直接応募型の転職サイトとエージェントを併せ持つので、1回の登録で幅広く活用できます。

  • 失業保険の受給期間中は、自分のペースで転職先を探すことができる。
  • 失業保険の受給期間が終わって転職活動を活発化させるときに、エージェントを頼れる。

登録するとカウンセリングの案内をもらえます。このカウンセリングは早めに受けておくことをおすすめします。

失業保険の受給期間が終わって転職活動を活発化させるときに、すぐに候補をもらえる状況を作れるからです。

dodaの利用登録はこちらから

まとめ

  • 退職理由が自己都合の場合は、失業保険の支給まで給付制限期間がある。
  • 給付制限期間は、令和2年10月1日以降は2ヶ月に短縮された。
  • 自分の都合・責任において仕事を辞める場合は、自己都合になる。
  • 自己都合による給付制限期間を乗り切るためのお金または貯蓄が必要。
  • 直接応募型の転職サイトに登録しておくと便利。
失業保険いくらもらえる【計算例:自己都合120日全額月額】

© 2019-2021 ノンブロ.