20代後半の転職にはどんなリスクがあって厳しいのか

20代も後半になると、いままでのキャリアで30代に突き進むか、未経験・異業種へ挑戦するか。迷いも出てきます。

やってみたかった仕事への未練がある場合は、20代後半が挑戦への最後のチャンスとも言える年代です。

しかし、未経験・異業種への転職にはリスクがあることも事実です。現在のキャリアの評価を引き継ぐのが難しいためです。

培ってきたスキルを再就職先でどう活かせるのか。また、アピールに加えられる資格や新たなスキルを加えることで転職は有利になります。

この記事では、20代後半の転職は厳しいのか、転職のリスクについても解説します。

20代後半の転職は厳しいのか

20代後半の転職には、覚悟しておくべきリスクがあります。

とくに、転職先が未経験・異業種の場合には、次のようなリスクがあります。

  • 20代前半の転職者との競争に負ける
  • 異業種の風土が合わなかった
  • 評価を引き継げず、待遇が悪化する
  • 転職先でスキルが通用しなかった

未経験の業種・職種に転職活動する場合は、新卒や20代前半の転職希望者との競争において厳しくなりがちです。期待値が同じくらいなら年齢の若い人を採用したいというのが採用側の本音だからです。

また、未経験の業界の風土に馴染なじめなかったり、培ってきた経験を活かせなかったりと、転職後に「こうじゃなかった」と後悔する可能性があることは否めません。

いままでの業界と同じ業界で転職する場合は、待遇の向上を期待できます。しかし、未経験の業界では評価を引き継ぐことが難しいため、待遇が落ちることが多いです。

20代後半の転職では、スキルが重視されるようになります。そのため、同じ業種・職種で転職するほうがスキルを活かしやすいでしょう。

転職回数が多い場合は厳しい

20代の転職回数の平均は1回です。転職回数が2回以上あると転職経験が多い方であるとみられます。

20代の転職回数の平均は何回?【2回目、3回目と繰り返すのは不利なのか】

採用側にとっては、「採用しても、またすぐに辞めてしまうかもしれない。」という不信感につながります。

転職が平均より多い場合は、転職エージェントを利用してプロのアドバイスを得ながら転職活動するのが確実な方法です。

女性が抱える厳しい側面もある

女性の場合は、20代後半は結婚を控えている年代になります。

採用側としては産休や育休を考慮しなければなりません。この点は転職希望者にとって厳しい状況となります。

女性の転職支援を強みにしている転職サービスを頼ることで、転職を成功させる可能性を高めることができます。

20代後半でもあながち厳しいわけではない理由

20代後半の転職は、未経験の業種・職種への最後の機会と捉える人も多いでしょう。

「未経験の仕事だけど挑戦したい」という希望や未練があるのなら、転職に動くチャンスとも言えるわけです。

  • 採用側にとっては、転職希望者がつちかってきた経験やスキルへの期待が大きい。
  • 20代後半までは第二新卒とみなし、ポテンシャル採用を行う企業も多い。

こういった点がポジティブに働くので、20代後半の転職があながち厳しいということはありません。

ポテンシャル採用とは

ポテンシャルとは、本人に秘められた可能性・能力のことです。現状のスキルに加えて、潜在的な能力が発揮されることへの期待も含めて採用するのがポテンシャル採用です。

20代の転職・キャリアチェンジにおすすめの職種【ITが断トツ】

20代後半の転職に活かせる資格・スキル

近年のスマホの需要や人工知能への注目から、IT業界への転職を考える人も多いでしょう。

私の場合は、20代で身に付けていたプログラミングのスキルがあったことが、20代で転職4回!の不利な条件を覆した要因だと感じています。

そもそも、IT業界は転職が盛んな業界でもあります。プログラミングのスキルがあれば、転職のチャンス自体がかなり多くなり、有利になります。

20代後半の転職に有利で取得しやすい資格・スキルには、次のようなものがあります。

  • プログラミング
  • 簿記
  • 宅建士
  • TOEIC

プログラミングは資格ではありませんが、スキルとしてとても強くアピールできます。PythonやPHPといった人気のプログラミング言語ではなくても、Excelを自動化するVBAのプログラミングができれば、多くの職場で重宝されます。私が最初に身に付けて武器にしていたのがVBAです。Excelさえあれば学習できるのでおすすめです。

簿記は、経理や会計の仕事ではなくても何かしら活きてくる資格です。2ヶ月くらいの学習で習得できます。私はIT業界で転職活動していましたが、どの面接に行っても「簿記持ってるんですね。」と聞かれました(笑)。「独立したときに役に立つと思って取りました。」という決め台詞ぜりふで、採用担当者に好印象を与えられます。

宅建士の資格は、実家のアパート経営を助けるつもりで取得したものです。不動産業界に限らず、宅建の資格取得を推奨する企業は多いです。金融業では不動産担保を取るし、保険業では家屋の火災保険の知識にもつながります。飲食や美容などの業界のようにテナントを借りて行う業種でも、賃貸契約の際に重宝される資格です。3~4ヶ月程度の学習で取得できます。

TOEICは、私は英語が苦手なので持っていません。が、TOEICで高得点を取っている友人を見ていると、転職がかなり有利である様子がわかります。彼は外資系の貿易の仕事ですが、転職活動を始めてすぐに内定が出ていました。外資系の企業に転職するなら、これほど強い資格はないでしょう。英語ができない私には羨ましい資格です。

未経験からITエンジニア・プログラマーになるには【20代ならスクール転職保証あり】

20代後半の転職に有用な転職エージェント

20代の転職を専門にしていたり、未経験の求人を多く扱っている転職エージェントがあります。

こういった転職エージェントを利用することで、未経験・異業種への転職活動を有利に進めることができます。

20代の未経験に強い転職エージェント

マイナビジョブ20's:名前のとおり、20代専門の転職エージェントです。東名阪地域での就職を希望する人に限られますが、当てはまるなら登録しておくと、競争が少なく良質な求人を紹介してもらえる点で有利です。未経験の業界を志望する転職希望者のサポートにも強いのが特徴です。利用は無料です。

20代の経験者に強い転職エージェント

リクルートエージェント:大手リクルートの転職エージェントです。一般求人に公開していない非公開求人数10万件を持ち、業界最大級の案件数で希望に合う求人を紹介してもらえる優良なエージェントです。各業界に精通したキャリアアドバイザーがキャリアアップをサポートしてくれます。利用は無料です。

doda:転職エージェントに加え、求人サイトを併せ持つ総合転職サービスです。とくに経験者の転職に強く、非公開求人10万件から職歴と希望に合う求人を紹介してもらえます。専門のキャリアドバイザーが担当に付き、円満退職から転職活動を経て再就職するまでをサポートしてくれます。利用は無料です。

20代の女性に強い転職エージェント

パソナキャリア:大手人材派遣会社のパソナが母体の転職エージェントです。女性の活躍支援に特化したコンサルティングチームを持ち、非公開求人を含む5万件の求人から、ひとりひとりに合ったキャリアアップを支援してもらえます。産休・育休から復帰した女性への支援体制も整っています。利用は無料です。

まとめ

  • 20代後半で「未経験の仕事だけど挑戦したい」という希望や未練があるのなら、転職に動くチャンス。
  • 20代後半の転職には有利に働く面があるものの、転職先が未経験・異業種の場合にはリスクもある。
  • 20代後半の転職に有利で取得しやすい資格・スキルには、プログラミング、簿記、宅建士、TOEICなどがある。
  • 20代の転職を専門にしていたり、未経験の求人を多く扱っている転職エージェントを利用することで転職活動を有利に進めることができる。
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。