未経験からITエンジニア・プログラマーになるには【20代ならスクール転職保証あり】

経済産業省『IT人材需給に関する調査』より

IT業界は、スマホの普及・業務の自動化・AIの導入などにより技術者の需要が増えているものの、現在も人手不足です。

経済産業省の調査では、2025年で36万人、2030年で45万人のIT人材不足が予測されています。

未経験でもITエンジニアになることはできるし、今はまだまだ席が空いている状況なのでチャンスとも言えます。

ただ、未経験からITエンジニア・プログラマーになるには、プログラミングのスキルが必要です。

ITエンジニアになるルートは、社内教育、プログラミングスクールの転職保証、IT特化の転職エージェント…といろいろありますが、スクールの転職保証や転職エージェントの利用は20代までです。

この記事では、未経験からITエンジニア・プログラマーになる方法について解説します。

未経験可のITエンジニアの職種とは

職種 平均年収 未経験者
プロジェクトマネジャー 664万円
プリセールス 658万円
ITコンサルタント 584万円
IT戦略/システム企画 575万円
研究開発 544万円
データサイエンティスト 516万円
システム開発/運用 473万円
サーバーエンジニア 463万円
ネットワークエンジニア 455万円
パッケージ導入/システム導入 452万円
スマホアプリ/ネイティブアプリ系エンジニア 443万円
制御系ソフトウェア開発 427万円
Webサービスエンジニア 419万円
SE/プログラマ 417万円
テクニカルサポート 409万円
運用/監視/保守 381万円
デバッグ/テスター 379万円
ヘルプデスク 349万円

出典:doda

ひとくちに「ITエンジニア」といっても、細かく職種を見ると上図のようになります。(私はIT業界歴10年ですが、ここまで細かく職種を意識したことはないです。)

未経験者の募集が多い職種は、スマホアプリエンジニア、制御系ソフトウェア開発、Web系エンジニア、プログラマです。

これらの職種はいずれも、プログラミングのスキルが必要です。ただ、使われている言語はプログラミング言語のなかでも習得しやすく扱いやすいスクリプト言語が多いです。

スクリプト言語とは

コンパイル(機械語への翻訳作業)が要らないため、開発が手軽。記法が簡易的なので初心者にも扱いやすいのが特徴です。用途や得意分野があり、未経験者のプログラミング学習にも向いています。

テクニカルサポート・運用/監視/保守・デバッグ/テスター・ヘルプデスクは、IT業界ではありますが、思い描いているITエンジニアの姿とはちょっと違うかもしれません。

パソコンに向かってプログラミングしてる姿に憧れます。
となると、SE/プログラマより上に書かれている職種になります。
プログラミング言語|難易度ランキング【実際に書いた経験による習得難易度順】

未経験からITエンジニアになるには

  • 未経験者を社内教育してくれるIT企業に入社する(おすすめしない)
  • プログラミングスクールの転職保証を利用して転職する(20代の転職のみ)
  • 未経験者のIT転職専門の転職エージェントを利用する(20代の転職のみ)

ITエンジニアになるルートはいくつかありますが、現在はプログラミングスクールに通ってスクールの転職支援を受けるのが早くて確実な方法になっています。

とくに転職保証を持つプログラミングスクールのコースは、利用者を20代に限っているところがほとんどなので、動くのは早ければ早い方が良いでしょう。

30代・40代の未経験者がIT業界へ転職する場合の方法・ルートは、こちらの記事で解説しています。

お金をかけたくない場合の2つのルート

1 侍エンジニア 転職コース プログラミングスクール。ウェブプログラミングの学習を無料でスタートでき、転職に成功したら受講料はそのまま無料。
2 ウズキャリIT 転職エージェントなので利用無料。IT業界転職希望者に案件を紹介。その案件に必要なスキル・資格取得を短期間でサポート。

なぜ無料?怪しくないの?

転職に成功した場合は、企業がお金を出すからです。企業が、「よいエンジニアを紹介してくれたお礼」をスクールやエージェントに支払う仕組みになっています。無料カウンセリングを賢く利用して、情報を収集してみると良いでしょう。

お金を払わずにプログラミングスクールで受講する方法があります。こちらの記事で解説しています。

未経験者を社内教育してくれるIT企業に入社する(おすすめしない)

未経験のITエンジニアを募集している会社があります。応募の職種はSEが多いです。

SEとはシステムエンジニアのことで、プログラムはもちろんサーバー、データベースといったシステム全域を統括するための幅広い知識が要求されます。

本来なら相応の経験が求められるのですが、未経験を採用して1~2ヶ月かけて教育してくれる会社も多くあります。

こういった会社では社員を客先の現場に配属させるケースが多く、場当たり的に先輩から業務を教わっていくことになります。

勘の良い方は気づくかもしれませんが、このやり方自体が結構黒いです。私の経験では、こういう『名ばかりSE』になっても続かない人が多く、IT業界への転職の方法としておすすめできません。
未経験者でもSEになれる!みたいな募集は、ちょっと慎重になった方が良いですね。

プログラミングスクールの転職保証を利用して転職する(20代の転職のみ)

プログラミングスクールには、転職支援や保証を付けたコースを用意しているスクールがあります。

ただ、これらの転職コースの多くは、利用者を20代に限定しています。逆に言うと、20代だけに与えられたチャンスとも言えます。

1 GEEK JOB スピード転職コース(転職前提0円) 0円。Java・PHP・Rubyのどれかを習得して就職を目指す。
2 侍エンジニア 転職コース(転職成功で受講料無料) ウェブプログラミングの学習を無料でスタートできる。
3 テックアカデミー エンジニア転職保証コース 転職保証の習得条件であるJavaはちょっと難易度が高い。
4 DMM WebCamp 短期集中コース&転職保証 ウェブプログラミングなので身につけやすい。ただし料金が高い。

プログラミングスクールのカウンセリングとは

プログラミングスクールでは必ずカウンセリングを行っています。受講を考えている方が何をやりたいのか、どのくらいのスキルがあるのかを把握したうえで適切なコースを提案するためです。カウンセリングで強引に勧誘されることはありません。できるだけ複数のスクールのカウンセリングを受けて、提案されたコースを比べながら選んでいくのが賢明です。

GEEK JOB スピード転職コース

  • 受講料金:0円
  • 年齢制限:20歳~29歳
  • 学習期間:定めなし(最短就職22日)

GEEK JOBのスピード転職コースは、完全無料です。(就職先がスクールにエンジニア紹介への報酬を支払うので、利用者は無料になります。)

転職成功率は97.8%。しかも、業種を変えた転職成功率は91.2%。

オンライン学習ですが、メンターが転職成功までしっかりサポートしてくれます。

学習できる言語はJava(システム組み込み系)、PHP・Ruby(ウェブ系)のどれかです。

どの言語が未経験にはどのプログラミング言語がいいですか?
ウェブ系のプログラミング言語であるPHP・Rubyの方が易しいです。

GEEK JOBの無料カウンセリングでもっと詳しく話を聞いてみる

侍エンジニア 転職コース

  • 受講料金:入学金98,000円 + 198,000円(分割可)
  • 年齢制限:20歳~28歳
  • 学習期間:4週間から自由に設定

侍エンジニアの転職コースのすごいところは、無料で学習をスタートできて、さらに転職に成功した場合は受講料が無料のまま!

その転職成功率は94%。

(ただし、転職に失敗した場合に限り受講料が発生します。)

個人的にはイチオシの転職コースです。無料で学習をスタートできるのは侍エンジニアだけなので。
お金ないし、私ならコレに賭ける。説明聞いてみたい。

侍エンジニアの無料体験レッスンでもっと詳しく話を聞いてみる

テックアカデミー エンジニア転職保証コース

  • 受講料金:327,800円(分割可)
  • 年齢制限:20歳~32歳(受講開始時点)
  • 学習期間:12週間

TechAcademyテックアカデミーがターゲットにしているのは、

20代で未経験からエンジニアになりたい人。地方から東京の企業に就職したい人。

そして、6週間までにJavaコースの全過程を修了できた人。

つまり、テックアカデミーのエンジニア保証は、Javaのプログラミングスキルを必要とするシステム系の会社への就職サポートとなります。

Javaって難しい?
スクリプト言語よりちょっと難しいくらいです。スクールで6週間みっちり習うならきっと大丈夫。

テックアカデミーの無料カウンセリングでもっと詳しく話を聞いてみる

DMM WebCamp 短期集中コース&転職保証

  • 受講料金:一括料金690,800円
  • 年齢制限:転職保証は30歳まで
  • 学習期間:最短3ヶ月

DMM WebCampは、ウェブ系のプログラミング言語を学ぶカリキュラムです。

3ヶ月あれば、たしかに未経験からでもHTML&CSSとRubyは覚えられそうです。

このコースのITエンジニアへの転職成功率は98%です。

DMM WebCampの転職保証は魅力的ですが、受講料がやや高めです。
次に説明する、教育訓練給付金のほうが料金が安いです。

DMM WebCampの無料カウンセリングでもっと詳しく話を聞いてみる

失業中の人は、教育訓練給付金でプログラミングスクールに通う方法があります。こちらの記事で解説しています。

専門実践教育訓練給付金でプログラミングを学習してITエンジニアになる方法

未経験者のIT転職専門の転職エージェントを利用する(20代の転職のみ)

未経験者のIT業界への転職支援を専門にしている転職エージェントがあります。

もし、プログラミングスクールで学習するための時間的余裕やお金が無い場合は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

このような転職エージェントでは、転職活動中にITについての学習や資格取得をサポートする体制が整っているので安心です。

ウズキャリIT

  • 利用料金:無料
  • 年齢制限:20代
  • 転職期間:平均1ヶ月程度

ウズキャリITは、就職サポートとIT学習を無料でサポートする転職エージェントです。

就職内定率は86%、定着率は97%。未経験者でも、IT業界に定着しやすい優良な案件とマッチング力を発揮しています。

黒い労働環境の企業を排除しているので安心です。

転職活動中はIT学習・IT資格取得のサポートを受けられ、入社後のフォロー体制も整っています。

SE・プログラマ・インフラエンジニアならどれ?

SEとはシステムエンジニアのことで、開発工程・システム全域を統括するためにプログラムやサーバー、データベースといった幅広い知識が要求されます。インフラエンジニアは、サーバー関係の資格や経験を必要とするため、未経験者にはやや難しいです。未経験者なら、ウェブエンジニア(ウェブプログラマ)がよいでしょう。

ウズキャリITの無料カウンセリングでもっと詳しく話を聞いてみる

まとめ

  • 未経験者の募集が多い職種は、スマホアプリエンジニア、制御系ソフトウェア開発、Web系エンジニア、プログラマ。
  • どの職種も、プログラミングのスキルが必要。使われる言語は、プログラミング言語のなかでも扱いやすいスクリプト言語が多い。
  • ITエンジニアになるルートはいくつかあるが、現在はプログラミングスクールに通ってスクールの転職支援を受けるのが早くて確実。
  • 未経験のITエンジニアを募集している会社がある。応募の職種はSEが多い。ただし、このやり方、配属先の労働環境が黒い場合が多いのでおすすめしない。
  • プログラミングスクールには、転職支援や保証を付けたコースを用意しているスクールもある。侍エンジニア 転職コースは、転職成功で受講料が無料。
  • プログラミングスクールで学習するための時間的余裕やお金が無い場合は、未経験者のIT業界への転職支援を専門にしているウズキャリITを利用すると良い。
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。