仕事辞めたいときに使える【辞める理由ランキング】

仕事辞めたいけど、理由をどうするか…。

引き止めがしつこかったり、脅迫じみたことを言われて悩むこともあります。

職場が人手不足だったり、上司の物分かりが悪かったりすると理由づけに困ります。

仕事辞めたいけど、すんなり分かってもらえる理由ってあるの?

職場のみんなが納得する退職理由ってあるのかな?

物分かりの悪い上司にも通用する退職理由、あります。

職場のみんなが「それじゃ仕方ないね」と思ってくれる理由もあります。

この記事では、仕事を辞めるときに使える退職理由をランキング形式で解説していきます。

退職理由ランキング

退職理由をランキング形式にしました。

文句を言われないのは、上位の3つです。

  1. 実家の仕事を手伝う
  2. 親が倒れたので介護する
  3. 夫の転勤について行く
  4. 一身上の都合で…
  5. ステップアップしたい

1. 実家の仕事を手伝う

実家の仕事を手伝うことになりました。

これは一番すんなり分かってもらえる理由です。

でもウチの実家、商売をしているわけではないんだけど…

大丈夫、そんなのいくらでも理由を付けられます。

昔からやってる商売ばかりが「実家の仕事」というわけじゃないのです。

たとえば、「父がネットでビジネスを始めたので、パソコン作業の方を任せたいと言われている。」

「母が着付けの教室を始めたので、一緒に経理事務をやることになった。」

考えようによって、どうとでも理由を作れてしまいます。

私の経験上、実家がらみの理由が最強だと思います。

あなたのご両親と口裏合わせしておけば、たとえブラック企業でも退職は余裕です。

 

2. 親が倒れたので介護する

親が入院したので面倒を看ることになりました。

退職を引き止めることができない理由です。

すでに無断欠勤している場合でも、「親が急に倒れたので連絡できませんでした。」と言えば通用します。

ただ、職場のみんなに心配をかけてしまうのが難点です。

適当な退職理由なのに、「お父さんどう?大丈夫なの?」とか心配されるとちょっと心苦しいものです。

でも、どうしても仕事を辞めたいなら、この理由は強力です。

「お前の親の介護なんて知らないよ」なんて言う会社・上司はいないからです。

この理由を使うときは、ご両親と口裏合わせしておくことをおすすめします。

 

3. 夫の転勤について行く

夫が転勤するのでついて行くことになりました。

配偶者のいる女性なら使える理由です。

私の友人(女性)が、この理由でブラック企業を無事に退職しました。

夫婦・家族を引き裂く権利など会社にはないので、「夫の転勤」というのはいい理由だと思います。

ただし、家と会社が近い場合は、退職後にも職場の人と遭遇しないように気を付けなければなりません。

また、男性が「妻の転勤について行く。」というのは一般的ではないので、退職理由としては弱いでしょう。

配偶者の転勤を理由できるのは主に女性。ということになります。

 

4. 一身上の都合で…

一身上の都合で辞めさせていただきます。

「一身上の都合」は、『退職願』を書くときに使われる退職理由です。

コンプライアンスが守られているような大企業なら、難なく通用します。

しかし、たいていは「一身上の都合」をゴリ押しすることはできないでしょう。

「一身上って、ほんとの理由は何なの?」って食い下がって聞かれます。

結局、退職理由の本意を話さなければならなくなるので、あまり理由としておすすめできません。

【一身上の都合とは】

自分の身の上の都合、つまり個人的な都合ということです。

「個人的な都合ということで、察してください。」と退職理由を伝えているわけです。

だから、上司が「一身上って、どういうことなの?」と食い下がってくるのは、ちょっとダサいことでもあります。

5. ステップアップしたい

ステップアップしたいので転職します。

これを理由にしようとしていたなら、あなたはむちゃくちゃ素直な人だと思います。

ただ、退職理由としてはあまり良くありません。

「仕事辞めたい??そんなの甘えだよ」って返されるかもしれません。

なぜなら、長年同じ仕事を続けてきた上司・先輩は、当然あなたより仕事ができると自負しているからです。

「俺が続けてきた仕事をなんだと思ってるんだ」と、自尊心が傷ついてカチンときているのです。

ステップアップが本当の理由だとしても、退職理由にはしないほうがいいです。

仕事辞めたいって甘え?違う、前向きだし!次に行きたいだけ

 

【仕事辞めたいときの理由・態度としてダメなもの】

仮病:仮病はウソの塗り重ねになっていくので、退職理由のつじつま合わせが面倒くさくなります。

仕事に自信がなくなった:これは退職理由にならないです。上司・先輩やから叱咤激励されるだけで話が終わってしまうでしょう。

無断欠勤:あなたと連絡がつかない場合は実家にも連絡がいきます。また、あなたの欠勤によって損害が発生した場合は、賠償責任を問われることもあります。

もし、すでに無断欠勤している状況で仕事を辞める理由を探している場合は、早めに弁護士退職代行に無料相談するのが最善です。


弁護士法人みやびの退職代行 LINE無料相談はこちら

仕事を辞める理由が分かってもらえないとき

仕事辞めるって言ってるのに、意思がなかなか伝わらない。

仕事を辞めたいと伝えてるのに、上司が拒否してくる。

こういう状況になっているときは、退職代行に相談して退職の準備をしておくのが一番よい方法です。

たとえば、弁護士法人みやびの退職代行では、退職の方法についても相談できます。

弁護士さんに、無料でLINEで相談できます。

弁護士法人みやびの退職代行 LINE無料相談はこちら

 

まとめ

  • 退職理由として納得されやすいのは、「実家」「親」が絡む理由。
  • 「一身上の都合」や「ステップアップ」は、理由としてあまり相応しくない。
  • 辞める意思を伝えるのは、最短でも2週間前まで。
  • なかなか辞めさせてもらえない場合は、弁護士資格を持った退職代行に相談する。

 

 

© 2019-2021 ノンブロ.