プログラミング用ノートPCで安くてコスパがいいのはThinkPad

プログラミングに適したノートパソコンはThinkPadです。ThinkPad以外でプログラミングというのはちょっと違和感すら感じます。

プログラミングに使うノートパソコンを探すときに、ついCPUやメモリ、サイズなどの性能にばかり意識が向きがちです。

しかし、キーボードを無視するべきではありません。キーボードはプログラマーがもっともこだわる部分です。だから、キーボードだけをわざわざ別に探したりします。

とくにノートパソコンはキーボードの替えが効かないので、慎重に選ぶ必要があります。

この記事では、私がプログラミング用ノートパソコンを探して、コスパの良いThinkPadにたどり着いたときの過程を書いていきます。

キーボードの打ち心地

プログラミングに使うのだから、キーボードが一番大事なことはわかっています。反発の弱いノートパソコンのキーボードは、プログラミングでストレスになります。

そもそもThinkPad以外あり得ないのですが、「もしかしたらもっと良いキーボードのノートパソコンが出ているかもしれない。」

そう思って、新宿の家電量販店Yに行って店舗1階に並んでいたすべてのメーカーのノートパソコンを試し打ちしてきました。

試し打ちした結果、キーボードが良かったのは次の3つでした。

  • Lenovo ThinkPad:評価★★★★★:ストロークが深く反発力がある。コクコクした打ち心地。
  • 東芝 Dynabook B:評価★★★★☆:キーの表面積が広い。デスクトップPCのような打ち心地。
  • NEC LAVIE NS:評価★★★★☆:ストロークは十分。キーの表面がやや小さく軽い打ち心地。

Lenovo Thinkpad L580のキーボードのストロークを示す画像

やっぱりというか、想定していたとおりThinkPadのキーボードが一番よかったです。ストロークが深く、反発が強い。感触はデスクトップPCのキーボードに近く、長時間のプログラミングでも疲れません。

毎日使っていますが、長時間タイピングしても指が全然疲れないキーボードです。

画面サイズは15インチ以上

私は業務で27インチモニターを使用している経験から、プログラミングにおいて画面の広さは心の余裕になることを知っています。

今回探したノートパソコンは持ち運びすることを想定していません。机に据え置きするつもりなので大画面のノートPCから探しはじめました。

17インチで探して見つかったのは次の2つです。

  • Lenovo ThinkPad Pシリーズ:40万円前後と高い!予算オーバー。
  • HP 17シリーズ:10万円程度でかなり安い!予算内。

一瞬、HPにしようかとも思ったのですが、キーボードの薄っぺらい「パチパチ」とした感触がどうにも好きになれません。プログラミングに使うつもりなのに、キーボードを妥協することはできません。

ここで17インチを断念して、15インチで探しなおすことにしました。

15インチでOKなら、本命のThinkPadの中で選ぶことができそうです。

Lenovo ThinkPadのシリーズで15インチをラインナップするのは次の4つです。

  • Pシリーズ:シリーズ最高の性能、最高の価格。プログラミングだけではもったいないくらい。
  • Tシリーズ:外装は強靭に、中身を高性能に設計。プログラミングにぴったり。
  • Lシリーズ:外装コストを抑えて中身を充実。プログラミングにも十分。
  • Eシリーズ:性能を抑えた分、求めやすい価格。プログラミングには物足りない。

Tシリーズが欲しかったのですが、同じ性能ならLシリーズの方が安いことに気付きました。

Lシリーズはコストパフォーマンスが良いです。

性能面の最低ライン

プログラミングに使ううえで性能面の最低ラインは次のとおりです。

  • CPU: Core i5(交換できない。できるだけ能力が高いものを求む。)
  • ストレージ: SSD 256GB(あとで交換は面倒。256GBは欲しい。)
  • メモリー:8GB(あとで自分で交換できる。当面は8GBもあれば十分。)

パーツの部分で最もお金を惜しみたくないのはCPUです。ただ、CPUの進化は早いので、そのときの予算範囲のなかで最高の性能を選ぶことにします。

ストレージはSSDを選び、容量は256GBを最低基準にします。128GBではすぐに足りなくなるからです。

メモリは8GBもあれば十分です。メモリが足りなければ自分で増強できます。

Lenovoの直販が安い


出典:Lenovo ThinkPad Lシリーズ

いちおうLenovoの直販を見てみることにしました。すると、けっこうな値下がり率のノートパソコンが並んでいます。52%引きなんてものもあります。

ひとつひとつ見ていくと、LシリーズにCore i7を搭載したカスタマイズモデルが見つかりました。

期間限定セールで40%OFFくらいになっていました。

店舗よりも、メーカー直販のほうがはるかに安くてお得です。店舗で見て触ってみて、そのあとでメーカー直販で買うというのもありだと思います。

期間限定セールをLenovo公式サイトで見る

結局、キーボードにこだわったらThinkPad一択になりました。

ThinkPadのLシリーズは、プログラミング用ノートパソコンとしてコストパフォーマンスが良いです。

© 2019-2021 ノンブロ.