在宅ワークで稼げる!プログラミング言語を習得するならPHP

在宅ワークで稼げるプログラミング言語を習得するなら、PHPをおすすめします。

その理由は、

私自身はプログラミング歴10年になります。このブログの運用でもPHPを使っています。

これから在宅で仕事をしたいけど、ちゃんと稼げるスキルでやっていきたい…と真剣に考えているならPHP一択です。

 PHPは習得しやすい

このブログはPHPの技術で作られたWordPressを使って運用しています。

なのでPHPを使う機会もちょこちょこあるのですが、PHPは他のプログラミング言語より簡単に感じます。

これは未経験者でも習得しやすいということでもあり、初めてプログラミングに挑戦する方に向いています。

これから在宅ワークや副業を見据えてプログラミング言語を習得したいと考えているなら、PHPは学習コストが低くおすすめです。

さらにイラストレーター・フォトショップの技術を持ち合わせていれば、ウェブ系の仕事を幅広く受注することができるはずです。

プログラミングスクールでも、PHPと一緒にイラストレーター・フォトショップを学習できるコースがあります。例えばCodeCampというスクールでは、レッスン受け放題でイラストレーター・フォトショップ・PHPを習得できるコースがあります。無料体験レッスンも実施しているので、興味があればぜひ見てみてください。

 PHPの仕事は単価が高い

クラウドワークスの報酬単価を示す画像

クラウドソーシングで有名な「クラウドワークス」で受注単価を見てみると、在宅ワークの現実がわかります。

プログラミングなどのスキルがあれば、右側の単価の高い仕事を受注できます。

「WordPress制作」や「ウェブデザイン」といったウェブ系の仕事は、PHPのスキルがあれば受注可能です。

 

左側スキルが無くてもできる「タスク・作業」は報酬相場が低いです。

例えば「レビュー・口コミ」50円/1件を一日中頑張って10件こなしても…500円です。在宅ワークでやっていくのはかなり厳しそうです。

この傾向はランサーズクラウドテックなどの他のクラウドソーシングでも同じです。

 PHPの仕事は募集が多い

PHPは、ウェブ制作やウェブデザインと親和性が高いプログラミング言語です。

WordPress制作、ECサイト制作・改修、ホームページ制作は、今後も需要が尽きない仕事です。

せっかく頑張って「手に職を付ける」なら、需要の多い技術がいいですよね。

 

もう一つ。PHPは転職する場合でも募集が多い傾向にあります。

在宅ワークから会社員に転身することになったとしても、PHPのスキルは有利になることでしょう。

© 2019-2021 ノンブロ.