就職が決まった場合の求職活動実績【2回分もしたくない】

就職が決まったけど、求職活動はもうしなくていいのかな。

失業手当はいつまでもらえるんだろう。

就職が決まった場合、求職活動実績をどう申告すればいいのか。分かりにくいものです。

就職先に行なった求職活動1回分があれば求職活動実績になります。就職先が決まった以上、求職活動をできないからです。

しかし、就職先が決まったものの就職日がまだまだ先の場合は、失業手当をできるだけもらいたいというのが人情です。

失業手当の支給を継続したい場合は、求職活動実績2回分を申告する必要があります。

この記事では、就職が決まった場合の求職活動実績と、就職日までの失業手当について解説します。

就職が決まった場合の求職活動実績

就職が決まったという状況には、次の2通りがあります。

  • 就職日が認定日までにある場合:失業認定申告書で就職先を申告すれば支給終了。失業手当の支給は就職日前日分まで。
  • 就職日が認定日を越す場合:失業認定申告書で就職先を申告すれば支給終了。でも、失業手当の支給を継続するなら求職活動実績が必要。

就職が決まった場合の求職活動実績は、その就職先に行なった求職活動を失業認定申告書に記入すればよいです。つまり、求職活動実績1回でも構いません。

失業手当(基本手当)は、就職することを失業認定申告書で申告することによって支給を終えます。

もし、内定をもらったものの、さらに就職活動を続けて失業手当をもらう場合は、当然、認定期間に原則2回以上の求職活動実績が必要となります。

認定期間とは、認定日~認定日前日までの期間のことです。この期間に原則2回以上の求職活動実績が必要です。

就職日が認定日までにある場合

就職が決まった!ハローワークに言わなきゃ。

失業認定申告書で就職先を申告すれば失業手当の支給は終了となります。

この場合、求職活動実績は必ずしも2回分を必要としません。就職を決めたときのその就職活動実績さえあればよいです。

また、失業手当は就職日前日までの分は支給されます。つまり、認定期間が短縮されて、就職日前日までの失業の認定を受けることになります。

失業手当の支給金額は、基本手当日額 × 就職日前日までの日数 となります。

※基本手当日額は、雇用保険受給資格者証の第1面、19番に記載されています。

支給残日数が十分ある場合は、再就職手当(または就業手当)を申請できます。

就職日が認定日を越す場合

このとき、選択肢は2つあります。

  1. 求職活動はもういい:失業認定申告書で就職先を申告して、失業手当の支給を終了とする。
  2. 失業給付を続けたい:失業認定申告書で求職活動実績2回を申告して、失業手当の支給を継続する。

1. 求職活動はもういい

就職が決まったから、求職活動はもういい。やりたくない。

次の認定日に、失業認定申告書で就職先を申告すれば良いです。

求職活動実績は、就職を決めたときの就職活動実績1回分があれば構いません。就職先を決めた以上、求職活動することができないからです。

また、失業手当はその認定期間(認定日~認定日前日)の分まで支給されます。

支給残日数が十分ある場合は、再就職手当(または就業手当)を申請できます。

2. 失業給付を続けたい

就職が決まったけど、就職日がまだ先。失業給付をもらい続けたい。

次の認定日に、通常どおり失業認定申告書に求職活動実績2回分を記入して申告します。

この場合の求職活動実績は、内定をもらった求職活動を含めても構いません。なぜなら、そこに就職しようがしまいが、本人の職業選択の自由だからです。

再就職手当は、支給残日数が最低でも所定給付日数の1/3以上あることが条件です。

再就職手当をもらえないことが明らかな場合は、失業給付を続けるほうが得策です。

ネット応募なら1社への応募が実績1回分。2社に応募すれば実績2回分。
インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

失業認定申告書の記入例

失業認定申告書 3 の項目

3の項目に就職が決まったときの求職活動を記入します。

赤枠は、次の場合に記入します。

  • ハローワークの職業相談・職業紹介の場合:(ア)
  • 転職エージェントの場合:(イ)
  • 派遣会社の案件の場合:(ウ)
  • ジョブカフェやサポステなど公的機関の場合:(エ)

青枠は、上記を利用せずに自分で応募した場合に記入します。

  • 転職サイトを利用して応募した場合
  • 知人の紹介により応募した場合

派遣は労働者派遣事業であり、職業紹介事業ではないため職業紹介にはあたりません。また労働者派遣事業は求人募集することができないので、応募の扱いにはできません。派遣の場合は「派遣就業相談による案件提示に応じたので就職(就業先)が決まった」という流れになります。

失業認定申告書 4 ・ 5 の項目

4の項目に「イ 応じられない」として理由(ウ)を選びます。

5の項目に就職先を記入します。

まとめ

  • 就職が決まった場合、就職先に行なった求職活動1回分があれば求職活動実績にできる。
  • 就職日が認定日までにある場合は、失業認定申告書で就職先を申告すれば失業手当の支給は終了となる。認定期間は、就職日前日までと短縮される。
  • 就職日が認定日を越す場合は、求職活動はもうやめるか、失業給付を続けるかの2択。失業給付を続けるなら、求職活動実績2回分を申告する。
  • 支給残日数が少なくて再就職手当をもらえない場合は、失業手当をもらうほうが得策。ネット応募を利用して実績をつくれば良い。
Web応募で求職活動実績【2回分を家で寝ながら片手でも】

© 2019-2021 ノンブロ.