職業訓練相談だって求職活動実績になる!相談方法・質問内容

ハローワーク職業訓練相談を実績にしたときの失業認定申告書の記入例を示す画像

職業訓練相談ってどうやって相談すればいいんだろう。

相談を受けたら、必ず申し込まなきゃならないのかな。

ハローワークで職業訓練の相談をすると、求職活動実績にできます。

1回の相談が求職活動実績1回分になります。

職業訓練に関することなら何でも相談できますが、職業訓練校の応募倍率について聞くのが簡便です。

また、その場で職業訓練校に申し込みすることにはなりません。

この記事では、ハローワーク職業訓練相談の相談方法・質問内容を解説します。

職業訓練相談が短時間で終わる質問方法があるので、それもお教えいたします。

職業訓練相談で実績とは

ハローワークで職業訓練の相談をすると、求職活動実績にできます。

職業訓練に関する、次のようなことを相談できます。

  • 職業訓練とはどのようなものか
  • 自分にはどんな職業訓練が向いているか
  • 職業訓練校にはどのように申し込みするか

1回の相談が求職活動実績1回分になります。

職業訓練相談はハローワークの求職活動の1つであり、相談すると必ず実績になるからです。

職業訓練校に申し込みする・しないは、実績に関係ありません。

職業訓練校説明会も実績

ハローワークが実施する職業訓練説明会に参加すると、求職活動実績にできます。

1回の説明会への参加が求職活動実績1回分になります。

職業訓練説明会とは、職業訓練校が集められて、それぞれのブースで職業訓練の内容や説明を受けられる合同説明会です。

職業訓練説明会の案内は、ハローワークに置いてあるパンフレットやホームページで入手できます。

職業訓練相談の相談方法

職業訓練の相談方法は、次の手順になります。

  1. 一般教育訓練のパンフレットを入手して、相談する職業訓練を選んでおく。
  2. 一般教育訓練のパンフレットを持って、ハローワークの受付で職業訓練相談を申し込む。
    職業訓練の相談をしたいです。
  3. 職業訓練相談で、職業訓練の応募倍率をたずねる。
    この職業訓練の倍率ってどのくらいなんですか?
  4. 応募倍率を教えてもらったら、お礼を言って相談を終わらせる。
    ありがとうございました。検討してみます。

あとは、雇用保険受給資格者証に押印をもらって終了です。

これは、私の雇用保険受給資格者証です。

一番最初(左上)の押印が職業訓練相談のときのものです。(印字が小さいので、スマホの方は拡大して見てください)

1. 5. 15 訓練相談 新宿・訓練

相談すると、このような押印をもらえるので、それが求職活動実績1回分の証拠になります。

私も職業訓練の相談を受けましたが、職業訓練校には申し込みしませんでした。このときの相談を実績1回分として申告書に記入し、失業認定してもらいました。職業訓練は、相談するだけで実績になります。

職業訓練相談の質問方法

職業訓練相談が短時間で終わる質問方法があります。

その質問とは、相談員に一般教育訓練の応募倍率(人気度)を聞くことです。

相談員が調べることができるのは、一般教育訓練の倍率です。

相談員に一般教育訓練のパンフレットを見せながら、

この職業訓練の倍率ってどのくらいなんですか?

…と質問します。

相談員に応募倍率をたずねると、過去の倍率をもとに今期の予想倍率を教えてくれます。

お礼を言って、職業訓練相談は終了になります。

訓練期間による失業給付の延長

一般教育訓練の場合は失業給付期間を延長できる制度を利用できます。職業訓練校を利用したい方は、給付期間の延長のことも一緒に聞いてみることをおすすめします。

なぜ応募倍率を質問することが、相談になるのか

職業訓練の応募倍率は公開されていないので、相談員に聞くしかないのです。だから、相談の動機としてとても自然なのです。

職業訓練校には定員があります。

倍率が高いと入校できない可能性があるので、応募倍率(人気度)を知っておきたいと思うのは自然なことです。

職業訓練相談のコツ

一般教育訓練(パンフレット)の中から探すこと

ハローワーク職業訓練相談の一般教育訓練のパンフレットの写真

職業訓練には、2種類あります。

  • 一般教育訓練(※東京都の場合はパンフレット)
  • 専門実践教育訓練(※東京都の場合はチラシ・ビラ)

相談する職業訓練は、一般教育訓練の中から探すようにします。その理由は、相談が短時間で終わる質問をするためです。

自身の職歴と関連する分野の職業訓練を選ぶこと

ハローワーク職業訓練相談の一般教育訓練のパンフレットの内容を示す写真

たとえば、過去の職務において至らなかった能力・スキルを伸ばすことを、訓練の動機にするのです。

これなら動機が自然なので、相談員に説明しやすくなります。

たとえば、職業訓練「ウェブクリエイター 養成科」の動機なら、「以前の職務ではウェブの知識があればもう少し会社に貢献できたと感じています。だから、転職のためにウェブクリエイター 養成科を受講したいのです。」という具合に説明できます。

逆に、職歴と全く関係のない未経験分野の職業訓練を志望すると、その動機を説明することになりかねません。

話がややこしくならないように、自身の職歴と関連する分野の職業訓練を選ぶのがよいでしょう。

失業認定申告書 記入例

ハローワーク職業訓練相談を実績にしたときの失業認定申告書の記入例を示す画像

  • 求職活動の方法:(ア)
  • 活動日:職業訓練相談をした日付
  • 利用した機関の名称:職業訓練相談をしたハローワークの名称
  • 求職活動の内容:「職業訓練相談」

職業訓練校申込み書の対処

職業訓練校の申込みは必須ではない

職業訓練相談を受けると、職業訓練校の申込み書を出してくれることがあります。

でも、別に申込みしなくても構いません。

その場合は、申込書をハローワークに提出しなければよいです。

ただし、職業訓練相談の履歴は残る

職業訓練相談の履歴は、ハローワークのデータに残ります。

二回目の相談になると、

「前に別の職業訓練について相談されてましたね。それはどうなったんですか?」

と聞かれることがあります。

求職活動実績が目的の場合は、ある程度(1~2か月)は期間をあけて利用するのが良いでしょう。

私は2回目の相談のときに「前回、IT関係の訓練相談をしたみたいですね。」と実際に聞かれました。職業訓練について何度も相談することは不自然であり、相談員に不信感を持たれてしまいます。

職業訓練相談する時間がないとき

職業訓練相談に行く時間がないときは、転職サイトで求人に応募して実績にする方法もあります。

転職サイトで応募して実績を作る方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

実績になる求職活動はハローワークの紹介だけではありません。『雇用保険受給資格者のしおり』に書かれているとおり、職業紹介事業者でのカウンセリングや職業講習会、転職サイトでの求人の応募を実績として申告できます。

まとめ

  • 相談する職業訓練は、一般教育訓練(パンフレット)の中から探す。
  • 自身の職歴に関連する職業訓練を選べば、動機を説明しやすい。
  • 短時間で相談が終わる質問方法は、訓練校の応募倍率(人気度)について質問すること。
  • 相談の履歴はハローワークのデータに残るので、期間をあけて利用する。

未経験からIT業界へ転職がかなうプログラミングスクール

IT業界に転職できるスキルを身につける方法もあります。

たとえば、『GEEK JOB』のようなプログラスクールでは、無料のプログラミング学習カリキュラムを持っています。

プログラミングを短期間で身につけられる良い機会です。

習得したプログラミング言語を活かせる転職先を紹介してもらえるので、未経験でも給与水準が高いIT業界へ転職できる良い機会になります。

GEEK JOBオンライン無料説明会の案内を見る

フリーランスを目指す女性向けのクリエイティブスクール

フリーランスを目指す女性なら、短期間でスキルを身につけて収益につなげる方法があります。

クリエイティブスクール『SHElikes(シーライクス)』は、ウェブデザインやフォトショップのスキル、プログラミングまで幅広いカリキュラムが用意されています。

また、スキルの度合いに応じた案件をSHElikesがアサインしてくれるので、フリーランスへの近道として良い選択です。

SHElikesの無料体験案内を見る

求職活動実績が足りない場合、手当どうなる?当日実績急造術
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。