求職活動実績にはdodaセミナーなど民間転職サイト活用術!

民間転職サイトのセミナーを受講すると求職活動の実績になります。

申し込みから数日で受講できるので、失業認定まで日数が無いときに有用です。

1回のセミナー受講を、求職活動の実績1回分にできます。

失業認定申告書には「セミナー受講・セミナーのタイトル」を記入します。

この記事では、民間転職サイトのセミナーを利用して求職活動の実績にする方法を解説します。

実績にできる求職関連のセミナ-は、マイナビジョブ20'sがウェブで開催しています。

マイナビジョブ20'sに無料登録してセミナー情報を見る

民間転職サイトのセミナーとは

民間転職サイトのセミナーは、転職・求職に関する相談やアドバイスを受けられるセミナーです。

転職サイトのマイナビジョブ20'sとdodaが実施しています。

  • マイナビジョブ20's:利用者は首都圏、東海、関西地域に転職予定の20代に限定。その分、申込みしやすい。
  • doda:利用者は全国、どなたでも。個別型セミナーの方が講義時間が短く、受講しやすい。

首都圏とは東京・神奈川・埼玉・千葉、東海とは愛知、岐阜、三重、関西とは大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀です。

マイナビジョブ20's、dodaに登録すると、転職支援サービス(利用無料)の案内があります。このとき、転職支援サービスにも申し込んでおくと良いです。転職支援サービス側から動いてくれて仕事をマッチングしてくれるので転職活動がかなり楽になります。また、就職活動を本格化させるときにも動き出しやすくなります。

マイナビジョブ20'sのセミナー

出典:マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sが実施するセミナーには、次のようなものがあります。

【セミナー】60~90分程度

  • 面接対策講座:元人事、採用経験のあるアドバイザーが採用者目線で面接のポイントや志望理由、自己アピールを解説。
  • 社会人未経験者対象セミナー:社員として就業経験のない方に、既卒就活の違いや注意点など。転職サポートの案内。
  • 初めての転職者講座:転職失敗例、成功例を見ながら、長期就業できる職場とその見つけ方について講義。
  • 地域別の求人紹介セミナー:地域別に開催。10社程度の求人企業を紹介するセミナー。いろいろな企業を見てみたい方向け。
  • ITエンジニアセミナー:エンジニア未経験者向けの転職講座。IT業界に興味がある方、すでにIT業界で就業中の方への転職講座。

マイナビジョブ20'sのセミナーはオンライン(GoogleMeets)で受講可能です。申込後に届く案内メールに受講方法が記載されています。

マイナビジョブ20'sのセミナー受講までの流れ

  1. マイナビジョブ20'sの利用登録(無料)をする。
  2. マイナビジョブ20'sの『セミナー案内』からセミナーを探す。
  3. セミナーを選んで申し込みする。セミナー受講の案内メールが届くので目を通しておく。
  4. セミナーを受講する。

案内メールにオンライン受講ツールのログイン方法が記載されているので、内容をよく確かめておきます。

セミナーの受講が完了すると求職活動の実績にできます。

マイナビジョブ20'sは、首都圏・東海・関西の20代の方だけが利用できる特権みたいなサービスです。

マイナビジョブ20'sに無料登録してセミナー情報を見る

dodaのセミナー

出典:doda

dodaが実施するセミナーには、次のようなものがあります。

【セミナー】90~120分

  • 転職教室セミナー:求職者の抱える悩みを明確化し、自己分析から職務経歴書に活かすノウハウを得られる内容です。
  • 採用視点セミナー:書類選考から面談に至るまでどこを見られるのか。採用担当者の視点からヒントをもらえます。

【個別セミナー】60分 ※講師と対話するので、PC・スマホのマイク機能が必要です。

  • 求職相談セミナー:今後のキャリアをどう描いていけばよいのか。働くことの悩みや求職の不安について相談できます。
  • 自己分析セミナー:自身の強みをどうアピールするか。応募のときの悩みの種でもある志望動機についてアドバイスをもらえます。
  • 書類添削セミナー:応募書類(履歴書・職務経歴書)を添削してもらえます。ウェブ履歴書についても添削してもらえます。

dodaのセミナーはオンラインビデオツールで受講できます。申込後に届く案内メールに受講方法が記載されています。

dodaのセミナー受講までの流れ

  1. dodaの利用登録(無料)をする。
  2. dodaの『イベント』からセミナーを探す。
  3. セミナーを選んで申し込みする。セミナー受講の案内メールが届くので目を通しておく。
  4. セミナーを受講する。

案内メールにオンライン受講ツールのログイン方法が記載されているので、内容をよく確かめておきます。

セミナーの受講が完了すると求職活動の実績にできます。

dodaはセミナーのほかに、実績にできる求人応募にも利用できます。

dodaに無料登録してセミナー情報を見る

民間転職サイトのセミナー 失業認定申告書の記入例

  • 求職活動の方法:(イ)
  • 活動日:セミナーを受講した日付
  • 利用した機関の名称:転職サイトの名称
  • 求職活動の内容:セミナー受講・セミナーのタイトル

民間転職サイトのセミナーの場合、セミナーのタイトルまで記入しておくと認定のときに信用を得やすいです。

首都圏・東海・関西に転職希望の20代なら…マイナビジョブ20'sに無料登録してセミナー情報を見る

転職希望地域を限らない、30~40代なら…dodaに無料登録してセミナー情報を見る

民間転職サイトのセミナーを受講する時間がないとき

民間転職サイトのセミナーは、申し込み~受講まで数日間の時間的余裕が必要です。

失業認定まで時間がないときは、転職サイトの求人に応募して実績にすることができます。

1社への応募が求職活動実績1回分になります。

転職サイトで応募して実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

求職活動中に活用できる転職サービス

セミナ-を開催しているサイトは2つ
1 マイナビジョブ20's 利用者は20代(29歳以下)東名阪地域で就職先を探すなら利用価値が高い。採用経験者による面接対策や未経験職種の転職術など60分程度のセミナ-を受講すれば実績にもなる。
2 doda 年齢・地域を問わず求人が揃う転職サービス。経験者・即戦力の求人が多く転職を急ぐ人向け。個別セミナ-は60分程度で受講しやすく、自己分析や書類添削など実践的な内容。
 

実績になる求職活動はハローワークの紹介だけではありません。『雇用保険受給資格者のしおり』に書かれているとおり、職業紹介事業者でのカウンセリングや職業講習会、転職サイトでの求人の応募を実績として申告できます。

まとめ

  • 民間転職サイトのセミナーは、マイナビジョブ20's、dodaが実施している。
  • セミナーの受講はオンライン。在宅で、PCでもスマートフォンでも受講可能。
  • 申し込み後に届くオンラインツールのログイン方法をよく確認しておく。
  • 失業認定申告書にはセミナーのタイトルまで記入しておくと認定のときに信用を得やすい。
  • 失業認定まで時間がないときは、転職サイトの求人に応募して実績にする方法もある。
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。