求職活動の裏ワザ【面接不要で必ず実績!5つのワザ】

失業保険の認定に必要な求職活動実績の裏ワザをまとめています。

私自身が失業保険の給付期間中に、実際に使っていた裏ワザです。

この記事では、面接不要で必ず認定される5つのワザを解説します。

裏ワザ★☆☆☆☆:ハローワークの求職活動をすれば実績

これは私の雇用保険受給資格者証です。職業相談・相談・紹介・セミナ-などの文字が見えると思います。

これらはすべて、ハローワークの求職活動をしたときに押してもらったものです。このスタンプが求職活動の証拠にもなります。

ハローワークの求職活動とは、職業相談(または紹介)、職業訓練の相談、セミナ-のことです。このどれかの活動を1回すると求職活動実績1回分になります。

わざわざ応募や面談をしなくても、認定までに2つのスタンプを集めれば求職活動実績2回分。文句なしで認定!というわけです。

ハローワークの求職活動で実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

ハローワークの求職活動ハンコが実績1回分【面接いらない】

裏ワザ★★☆☆☆:職業相談はハローワーク関連施設でも実績

ハローワークに行くのって、なんか気が向かない

ハローワークで職業相談をする(または仕事紹介してもらう)と求職活動実績にできます。

ハローワークの職業相談は、どこのハローワークでも利用できます。なんなら、ハローワーク関連施設でも利用できます。

管轄のハローワークに行くのが面倒なときは、最寄りのハローワークか関連施設を利用するとよいでしょう。

※ハローワーク関連施設の名称は地域・自治体によって違います。例:しごとセンター、ワークプラザ、ワークサポート、就職情報室など。

私の場合は、管轄が新宿ハローワークでした。でも、家の近くに杉並区就労支援センター、隣町にハローワーク三鷹があったので、そのどちらかで職業相談して実績にしていました。

ハローワークで職業相談をして実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

管轄外ハローワーク出先機関どこでも職業相談で求職活動実績

裏ワザ★★★☆☆:職業訓練の相談を受けても実績

職業訓練の相談が実績になるなんて知らなかった

じつはハローワークで職業訓練の相談をすると求職活動実績にできます。職業訓練を受けたいと考えたことがある人じゃなければ、職業訓練の相談が実績になるとは知るよしもないでしょう。

職業訓練校に応募・申し込みする必要はありません。相談して雇用保険受給資格者証に押印をもらえば、それが求職活動実績1回分になります。

でも、何を相談すればいいのか。自然な動機で相談できて、しかも短時間で終わらせる方法があります。

職業訓練(一般教育訓練)のパンフレットを持って相談窓口へ行き、職業訓練校の応募倍率を聞きます。すると相談員が応募倍率を調べて教えてくれるので、「ありがとうございます。申し込みを検討してみます。」と言えば相談が終わります。

ハローワークで職業訓練の相談をして実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

職業訓練相談だって求職活動実績になる!相談方法・質問内容

裏ワザ★★★★☆:転職サイトの求人に応募しても実績

(1) 求人への応募(応募書類の送付)

※ただし、書類選考、筆記試験、採用面談等が1つの求人に係る一連の選考過程である場合には、そのいずれまでを受けたにもかかわらず、1回の応募として取り扱います。

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

この裏ワザに期待してGoogleで検索した方も多いと思います。

転職サイトで求人に応募すると求職活動実績にできます。1社への応募を、求職活動実績1回分にできます。2社に応募すれば1日で2回分の求職活動実績も可能です。

応募には、直接応募型の転職サイトを利用します。※エージェント型は自分のペースで応募できないのでおすすめしません。

転職サイトの求人に応募するときのコツは、今までの経歴と同じ業種・職種から応募先を選ぶことです。未経験の職業を選んでしまうと、志望動機を考えるのが面倒になり時間がかかってしまいます。

転職サイトでプロフィールを作成しておけば、今後も応募するときに使いまわせるので便利です。

転職サイトの求人に応募して実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネットWeb応募で求職活動実績!応募辞退も解説

裏ワザ★★★★★:転職サイトでセミナ-受講でも実績

(3) 許可・届出のある事業者(職業紹介事業者、労働者派遣事業者、地方公共団体)が実施するもの

求職申込み、職業相談、職業紹介、求職活動方法等を指導するセミナー

東京労働局『雇用保険受給資格者のしおり』

転職サイトでセミナーを受講すると求職活動実績にできます。認定まで数日の余裕がある場合に有効です。応募や面談をしなくて済むので気分的にも楽な方法です。

申し込んでから早ければ2~3日のうちに受講できるので、認定までもう少し日数があるときに活用できます。ハローワークのセミナ-(申込みから受講まで2週間くらいかかる)より、求職活動のスケジュールを立てやすいです。

転職サイトのセミナ-を受講して実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

オンラインセミナーで求職活動実績【在宅でWebで60分で】

まとめ

  • ハローワークの求職活動をすれば実績にできる。
  • ハローワークで職業相談をすれば実績にできる。家の近くのハローワークまたは関連施設でも利用できる。
  • ハローワークで職業訓練の相談をすれば実績にできる。聞くことがなければ応募倍率を聞けばよい。
  • 転職サイトで求人に応募すると実績になる。
  • 転職サイトで転職セミナーを受講すると実績になる。
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。プライベートではPHP・MySQLでウェブサービスを作りつつ、副業で収入を得ています。「プログラミングは人生を豊かにする」と実感しています。