求職活動の裏ワザ【面接不要で必ず実績!5つのワザ】

失業保険の認定に必要な求職活動実績の裏ワザをまとめています。

私自身が失業保険の給付期間中に、実際に使っていた裏ワザです。

この記事では、面接不要で必ず認定される5つのワザを解説します。

応募の実績に使えるサイトは、直接応募できるバイトルPROのような求人サイトです。

バイトルPROに無料登録して求人情報を見る

裏ワザ★☆☆☆☆:ハローワークの求職活動をすれば実績

応募とか面談とかしなくても、実績にできる方法ないかな

これは私の雇用保険受給資格者証です。職業相談・相談・紹介・セミナ-などの文字が見えると思います。

これらはすべて、ハローワークの求職活動をしたときに押してもらったものです。この押印が求職活動の証拠にもなります。

ハローワークの求職活動には次の3つがあります。

  • 職業相談(または紹介)
  • 職業訓練の相談
  • セミナ-

このどれかの活動を1回すると1つの押印、すなわち求職活動実績1回分になります。

わざわざ応募や面談をしなくても、認定までに2つの押印を集めれば求職活動実績2回分。文句なしで認定!というわけです。

ハローワークの求職活動で実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

ハローワークの求職活動ハンコが実績1回分【面接いらない】

裏ワザ★★☆☆☆:職業相談はハローワーク関連施設でも実績

ハローワークに行くのって、なんか気が向かない

ハローワークで職業相談をする(または仕事紹介してもらう)と求職活動実績にできます。

ハローワークの職業相談は、どこのハローワークでも利用できます。なんなら、ハローワーク関連施設でも利用できます。

管轄のハローワークに行くのが面倒なときは、最寄りのハローワークか関連施設を利用するとよいでしょう。

※ハローワーク関連施設の名称は地域・自治体によって違います。例:しごとセンター、ワークプラザ、ワークサポート、就職情報室など。

私の場合は、管轄が新宿ハローワークでした。でも、家の近くに杉並区就労支援センター、隣町にハローワーク三鷹があったので、そのどちらかで職業相談して実績にしていました。

ハローワークで職業相談をして実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

ハローワーク職業相談で求職活動実績作り【質問と相談内容】

裏ワザ★★★☆☆:職業訓練の相談を受けても実績

職業訓練の相談が実績になるなんて知らなかった

職業訓練を受けたいと考えたことがある人じゃなければ、職業訓練の相談が実績になるとは知るよしもないでしょう。

ハローワークで職業訓練の相談をすると求職活動実績にできます。

職業訓練校に応募・申し込みする必要はありません。相談して雇用保険受給資格者証に押印をもらえば、それが求職活動実績1回分になります。

でも、何を相談すればいいのか。

自然な動機で相談できて、しかも短時間で終わらせる方法があります。

職業訓練(一般教育訓練)のパンフレットを持って相談窓口へ行き、職業訓練校の応募倍率を聞きます。

すると相談員が応募倍率を調べて教えてくれるので、「ありがとうございます。申し込みを検討してみます。」と言えば相談が終わります。

相談の終わりに、雇用保険受給資格者証に押印をもらえます。

ハローワークで職業訓練の相談をして実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

職業訓練相談だって求職活動実績になる!相談方法・質問内容

裏ワザ★★★★☆:転職サイトの求人に応募しても実績

明日、失業認定なんだけど急いで実績にできる方法ないかな

この裏ワザに期待してGoogleで検索した方も多いと思います。

転職サイトの求人に応募すれば求職活動実績にできます。

応募には、直接応募型の転職サイトを利用します。※エージェント型は自分のペースで応募できないのでおすすめしません。

直接応募型の転職サイトは次の2つです。

  • リクナビNEXT:利用は無料。登録後にウェブ履歴書・職務経歴書を作成し、応募すると実績になる。
  • バイトルPRO:利用は無料。登録後にプロフィールを作成し、応募すると実績になる。

1社への応募を、求職活動実績1回分にできます。

転職サイトの求人に応募するときのコツは、今までの経歴と同じ業種・職種から応募先を選ぶことです。未経験の職業を選んでしまうと、志望動機を考えるのが面倒になり時間がかかってしまいます。

転職サイトでウェブ履歴書を作成しておけば、今後も応募するときに使いまわせるので便利です。

年齢、経験・未経験者を問わず求人に応募したい…リクナビNEXTに無料登録して応募先を探す

業界・職種・雇用形態を問わす求人に応募したい…バイトルPROに無料登録して求人をみる

転職サイトの求人に応募して実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

裏ワザ★★★★★:転職サイトでセミナ-受講でも実績

認定までもう少し日数があるんだけど、ほかに方法ないかな

認定まで一週間くらい日数がある場合は、転職サイトのセミナ-を利用するのもおすすめです。

転職サイトのセミナ-を受講すれば求職活動実績にできます。

セミナ-は、次の2つの転職サイトが実施しています。

  • マイナビジョブ20's:利用は無料。登録後にオンラインセミナ-に申し込み、受講完了すると実績になる。
  • doda:利用は無料。登録後に転職セミナ-に申し込み、受講完了すると実績になる。

申し込んでから早ければ2~3日のうちに受講できるので、認定までもう少し日数があるときに活用できます。

申し込んでから受講まで2週間くらいかかるハローワークのセミナ-より、計画を立てやすいです。

転職サイトのセミナ-を受講して実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

Webセミナーで求職活動実績!オンラインで在宅で60分で

求職活動中に活用できる転職サービス

応募の実績に使えるサイトランキング
1 バイトルPRO プロフィールの入力項目が少ないため短時間で応募できる。業界・職種・雇用形態を問わず求人が集まっており、応募先を探しやすい。
2 転職会議 大手転職サイトと提携しており、求人を探しやすい。会員500万人の100万件を超えるクチコミで、社風や選考過程の様子などがわかる。
3 doda 求人とエージェントの総合転職サービス。登録後のカウンセリングは職業紹介事業者との相談になるため実績になる。転職を急ぐときに。
 

実績になる求職活動はハローワークの紹介だけではありません。『雇用保険受給資格者のしおり』に書かれているとおり、職業紹介事業者でのカウンセリングや職業講習会、転職サイトでの求人の応募を実績として申告できます。

まとめ

  • ハローワークの求職活動をすれば実績にできる。
  • ハローワークで職業相談をすれば実績にできる。家の近くのハローワークまたは関連施設でも利用できる。
  • ハローワークで職業訓練の相談をすれば実績にできる。聞くことがなければ応募倍率を聞けばよい。
  • 転職サイトの求人に応募すれば実績にできる。
  • 転職サイトの転職セミナ-を受講すれば実績にできる。
Web応募で求職活動実績【2回分を家で寝ながら片手でも】
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。