オンラインセミナーで求職活動実績【東京・名古屋・大阪の20代向け】

失業保険の求職活動実績には、オンラインセミナーを利用できます。

外出しづらい状況のなかで、マイナビジョブ20'sが実施するオンラインセミナーは求職活動として便利です。

1回のセミナー受講が、求職活動実績1回分になります。

失業認定申告書には「セミナー受講・セミナーのタイトル」を記入します。

マイナビジョブ20'sの利用は20代、東京(首都圏)・名古屋(中京圏)・大阪(関西圏)に住んでいる方に限定されます。当てはまる方なら、利用しない手はないでしょう。

この記事では、マイナビジョブ20'sのオンラインセミナーで求職活動実績を得る方法を解説します。

マイナビジョブ20'sのオンラインセミナー

これはマイナビジョブ20'sのセミナーの情報です。『セミナー案内』に掲載されています。

上図を見るとわかるとおり、利用者は大都市圏に限られており、その地域ごとに分けて案内があります。オンラインセミナーには、(オンライン開催)の文字が付いています。

  • 求人紹介:営業職・事務職などの職種ごとに求人のを紹介してもらえます。未経験の職種を知ることができる機会にもなります。
  • 面接対策:採用経験のある元人事が、採用者目線のアドバイスをしてくれます。面接の準備に役立つ心強い情報を得られます。
  • 転職環境:コロナ禍における転職の状況や、いまの転職市場について情報を得られます。求人の紹介もしてもらえます。

オンラインセミナーなので、在宅のままPC・スマホで受講できます。

頻繁に開催されているので、失業保険の求職活動実績に利用しやすいです。

セミナーの受講方法

マイナビジョブ20'sのセミナー受講は、事前の申し込みが必要です。

オンラインセミナーの利用は、次の手順になります。

  1. マイナビジョブ20'sに会員登録する
  2. セミナー案内からオンラインセミナーに申し込みする
  3. オンラインセミナーの案内をもらう
  4. オンラインセミナーの当日に受講する

セミナーの受講が完了すると、求職活動実績として申告できます。

オンラインセミナーに申し込みすると、参加の案内とセミナーのURLがメールで届きます。セミナー当日は、このURLからセミナーに参加します。

オンラインセミナーはGoogle Meetを利用して行われるので、Googleアカウントが必要です。また、スマホやタブレットで参加する場合は、アプリ「Google Meet」のインストールが必要です。

マイナビジョブ20'sに無料登録してセミナー情報を見る

失業認定申告書の記入例

  • 求職活動の方法:(イ)
  • 活動日:セミナーを受講した日付
  • 利用した機関の名称:転職サイト マイナビ
  • 求職活動の内容:セミナー受講・セミナーのタイトル

オンラインセミナーのタイトルまで記入しておくと認定のときに信用を得やすいです。

20代、東名阪地域ではない方には

マイナビジョブ20'sの利用は、20代、東名阪地域に住んでいる方に限られます。

それ以外の方が利用できるオンラインセミナーには、dodaの転職セミナーがあります。こちらは年齢・地域を問いません。

dodaの転職セミナーについては、こちらの記事で解説しています。

民間転職サイトdodaのセミナーも求職活動の実績になる!

転職サイトのセミナーを受講する時間がないとき

オンラインセミナーは、申し込み~受講まで数日間の時間的余裕が必要です。

失業認定まで時間がないときは、転職サイトの求人に応募して実績にすることができます。

1社への応募が求職活動実績1回分になります。

転職サイトで応募して実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

まとめ

  • オンラインセミナーは、マイナビジョブ20'sが実施している。
  • オンラインセミナーなので、在宅で、PCでもスマートフォンでも受講可能。
  • 申し込み後に届くオンラインツールのログイン方法をよく確認しておく。
  • 失業認定申告書にはオンラインセミナーのタイトルまで記入しておくと認定のときに信用を得やすい。
  • 失業認定まで時間がないときは、転職サイトの求人に応募して実績にする方法もある。
求職活動実績が足りない場合、手当どうなる?当日実績急造術

© 2019-2021 ノンブロ.