求職活動実績の作り方【必ず認定される活動実績一覧・解説】

この記事では、失業保険の認定に必要な求職活動実績の作り方をまとめています。

求職活動実績実績の作り方は失業認定申告書の書式によって2通りになることを示す画像

(↓ 各項目にジャンプできます)

求職活動実績の作り方
活動
実績
作り方
ハローワーク
職業相談
求職活動
即日
相談
(押印)
ハローワーク
職業訓練相談
求職活動
即日
相談
(押印)
ハローワーク
セミナ-
求職活動 受講
(押印)
転職サイト
セミナ-
求職活動
在宅
受講
転職サイト
ネット応募
応募
即日・在宅
応募

※このほかに実績にできる活動には、雇用保険説明会(職業講習会)や、国家資格・検定の受験があります。

ハローワーク 職業相談

ハローワークの職業相談(または仕事紹介の相談)は、ハローワークの求職活動なので必ず実績になります。

1回の職業相談が求職活動実績1回分です。雇用保険受給資格者証に押印をもらえます。

即日で実績を作れます。

実績の作り方

  1. ハローワークの受付で職業相談を申し込む。
  2. 相談の終わりに雇用保険受給資格者証に押印をもらう。
  3. 失業認定申告書の『求職活動の内容』に「職業相談」と記入する。

私は職業相談をよく利用していました。求人票を持って行ってその求人への応募者数を聞き出し、「持ち帰って検討してみます。」と言えば5分程度で相談を終わらせることができます。

職業相談の手順や相談方法、質問の仕方は、こちらの記事で解説しています。

ハローワーク 職業訓練相談

ハローワークの職業訓練の相談は、ハローワークの求職活動なので必ず実績になります。

1回の職業訓練の相談が求職活動実績1回分です。雇用保険受給資格者証に押印をもらえます。

即日で実績を作れます。

実績の作り方

  1. ハローワークの受付で職業訓練の相談を申し込む。
  2. 相談の終わりに雇用保険受給資格者証に押印をもらう。
  3. 失業認定申告書の『求職活動の内容』に「職業訓練相談」と記入する。

私が職業訓練の相談で使った方法は、職業訓練のパンフレットを持って行って職業訓練校の応募倍率を聞くというもの。「申し込みを検討してみます。」と言って、相談を終わらせることができます。

また、職業訓練校に入校すると失業給付期間を延長できる制度があります。興味のある方は相談の中で聞いてみると良いでしょう。

職業訓練の相談方法や手順、質問の仕方は、こちらの記事で解説しています。

ハローワーク セミナ-

ハローワークのセミナ-は、ハローワークの求職活動なので必ず実績になります。

1回のセミナ-受講が求職活動実績1回分です。雇用保険受給資格者証に押印をもらえます。

セミナ-は、事前にハローワークで参加申し込みが必要です。※申し込んだだけでは実績になりません。

実績の作り方

  1. セミナ-のスケジュールを入手して、セミナ-に申し込む。
  2. セミナ-受講の終わりに雇用保険受給資格者証に押印をもらう。
  3. 失業認定申告書の『求職活動の内容』に「セミナ-受講」と記入する。

私がセミナ-を受講するときに利用していたのが、わかものハローワークです。セミナ-を頻繁に実施しているので、計画的に求職活動実績を作ることができます。

わかものハローワークのセミナ-を受講する場合は、わかものハローワークの利用登録が必要です。

セミナ-のスケジュール入手方法、申し込みから受講までの流れは、こちらの記事で解説しています。

転職サイト セミナ-

転職サイトのセミナ-は、セミナ-受講が求職活動にあたるので実績になります。

1回のセミナ-受講が求職活動実績1回分です。

在宅で実績を作れます。

セミナ-は、事前に転職サイトで参加申し込みが必要です。※申し込んだだけでは実績になりません。

セミナ-を利用できるのは次の転職サイトです。

  • マイナビジョブ20's:利用は無料。登録後にオンラインセミナ-に申し込み、受講完了すると実績にできる。
  • doda:利用は無料。登録後に転職セミナ-に申し込み、受講完了すると実績にできる。

実績の作り方

  1. 転職サイトでセミナ-に申し込む。
  2. セミナ-を受講する。
  3. 失業認定申告書の『求職活動の内容』に「セミナ-受講」と記入する。

私は転職サイトのセミナ-をよく利用していました。申し込んでから早ければ2~3日のうちに受講できるので、認定日までもう少し日数があるときに助かりました。

転職サイトのセミナ-の申し込み方や受講方法は、こちらの記事で解説しています。

Webセミナーで求職活動実績!オンラインで在宅で60分で

転職サイト ネット応募

転職サイトでのネット応募は、ウェブ履歴書を利用して応募することで実績になります。

1社への応募が求職活動実績1回分です。

在宅で即日で実績を作れます。

ネット応募には、直接応募型の転職サイトを利用します。※エージェントは自分のペースで応募できないのでおすすめしません。

実績をつくりやすい直接応募型の転職サイトは、次の2つです。

  • リクナビNEXT:利用は無料。登録後にウェブ履歴書・職務経歴書を作成して応募すると実績にできる。
  • はたらいく:利用は無料。登録後にウェブ履歴書・自己紹介を作成して応募すると実績にできる。

実績の作り方

  1. 転職サイトで求人情報を見て、応募先を探す。
  2. ウェブ履歴書を利用して応募する。
  3. 失業認定申告書の『応募の結果』に「選考結果待ち」と記入する。

応募先を選ぶときのコツは、前職と同じ業種・職種で探すことです。逆に未経験の職業で探してしまうと、良し悪しがわからなくて選ぶのに時間がかかります。

ウェブ履歴書は、一度作っておけば、今後も応募に使いまわせるので便利です。

リクナビNEXTに無料登録して応募先を探す

ネット応募で実績にする手順やコツは、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

求職活動実績の作り方 まとめ

押印をもらえる求職活動実績の作り方

ハローワークの求職活動ハンコが実績1回分【面接いらない】

即日でできる求職活動実績の作り方

求職活動実績が足りない場合、手当どうなる?当日実績急造術

在宅でできる求職活動実績の作り方

Web応募で求職活動実績【2回分を家で寝ながら片手でも】

失業認定申告書の記入例

失業認定申告書(求職活動実績ごと)の記入例は、こちらの記事にまとめています。

失業認定申告書の書き方【求職活動の全パターンが一目瞭然】

© 2019-2021 ノンブロ.