ハローワークの求職活動ハンコが実績1回分【面接いらない】

ハローワークでハンコをもらえば求職活動実績になるってホントかな。

ハローワークのハンコってどうすればもらえるんだろう。

ハローワークのハンコとは、ハローワークの求職活動で押してもらえるハンコです。

ハローワークの求職活動とは、職業相談・職業訓練の相談・セミナーです。このどれかの求職活動1回につきハンコ1つ、必ず求職活動実績1回分になります。

自分のペースで就職活動したい人にはハンコ集めがおすすめ。無理やり就職活動したり、面接したりする必要なんか無くなります。

この記事では、ハローワークの求職活動でハンコをもらって求職活動実績にする方法を解説します。

求職活動の裏ワザ【面接不要で必ず実績!5つのワザ】

ハローワークのハンコとは

ハローワークの求職活動のハンコを示す画像

これは私自身の雇用保険受給資格者証です。ハローワークで押してもらったハンコが並んでいます。ハローワークのハンコとは、ハローワークの求職活動をしたときにもらえるハンコのこと。

ハローワークの求職活動には、次の3つがあります。

  • 職業相談(または紹介)
  • 職業訓練の相談
  • セミナー

このどれかの活動を1回行うと、雇用保険受給資格者証にハンコを1つ押してもらえます。つまり、ハローワークのハンコ1つが求職活動1回分の証拠となるわけです。

認定までにハンコ2つを集めれば、毎月2回の実績ノルマを達成でき、文句なしで認定してもらえます。

職業相談でハンコをもらう方法

  1. ハローワークのパソコンで求人検索して、求人票をプリントする。
  2. ハローワークの受付で「この求人票のことで相談したい」と伝える。
  3. 相談員に「この求人の応募者数はどのくらいですか」と聞く。
  4. 応募者数を教えてもらって相談を終えると、ハンコを押してもらえる。

ハローワークで職業相談をすると、雇用保険受給資格者証にハンコを押してもらえます。また別の日にハローワークに行って職業相談をすれば、求職活動実績2回分を達成できます。

相談を短時間で終わらせる方法は、相談窓口で求人への応募者数を聞くことです。

この求人が気になるんですけど、どれくらい応募してる人がいるんですか?

職業相談をして実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

ハローワーク職業相談で求職活動実績作り【質問と相談内容】

訓練相談でハンコをもらう方法

  1. 職業訓練(一般教育訓練)のパンフレットの中から、職業訓練を選んでおく。
  2. ハローワークの受付で「職業訓練のことで相談したい」と伝える。
  3. 相談員に「この職業訓練の応募倍率を教えてください」と聞く。
  4. 応募倍率を教えてもらって相談を終えると、ハンコを押してもらえる。

ハローワークで職業訓練の相談をすると、雇用保険受給資格者証にハンコを押してもらえます。職業訓練校に応募・申し込みしなくても、相談すればハンコを押してもらえて実績になります。

相談を短時間で済ませる方法は、相談窓口で職業訓練校の応募倍率を聞くことです。

この職業訓練って倍率はどのくらいなんですか?人気ありますか?

職業訓練の相談をして実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

職業訓練相談だって求職活動実績になる!相談方法・質問内容

私が失業給付期間に職業訓練の相談を利用したのは2回でした。職業訓練を受けたい人が何回も相談するのは、あからさまに不自然です。利用できるのは給付期間中1~2回にしておくのが良さそうです。

セミナーでハンコをもらう方法

  1. セミナーのスケジュールを入手して、受講するセミナーを選ぶ。
  2. セミナーの申込みをする。
  3. セミナーを受講して講義が終わると、ハンコを押してもらえる。

ハローワークでセミナーを受講すると、雇用保険受給資格者証にハンコを押してもらえます。

セミナーに申し込むときは、申込開始日にすぐに申し込むようにします。人気の高いセミナーは、申込開始の直後に定員が埋まってしまいます。

セミナーに申し込めば、あとは受講するだけなので精神的に楽でした。

セミナーを受講して実績にする方法については、こちらの記事で解説しています。

ハローワーク就職支援セミナーで求職活動実績【のみでも可】

私の場合は、わかものハローワークで毎月1回セミナーを受講していました。ただし、認定に間に合うように日程を組むのがちょっと面倒ではあります。

ハンコをもらわなかった場合

職業相談したけどハンコなしだった。ハンコをもらい忘れてしまった。そんな場合は、もう一度ハローワークに行けばハンコをもらえます。

ハローワークの受付で、「職業相談したときにハンコもらえませんでした。」と伝えます。すると、職員が職業相談の履歴を調べてくれます。履歴があればその場でハンコをもらえます。

これで、職業相談したことを求職活動実績として申告できるようになります。

ハンコなしでも実績になる求職活動

求職活動実績は基本的に自己申告なので、必ずしもハンコは要りません。そのため、転職サイトを利用して求職活動した場合も実績として申告できます。

転職サイトで求人に応募する方法

転職サイトで求人に応募すると、1社への応募を求職活動実績1回分にできます。

応募には、求人数の多い大手・直接応募型の転職サイトを利用します。大手の転職サイトは、ウェブ履歴書を応募で使い回せるので便利です。

転職サイトで求人に応募する方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネットWeb応募で求職活動実績!応募辞退も解説

転職サイトでセミナーを受講する方法

転職サイトでセミナーを受講すると、1回の受講を求職活動実績1回分にできます。

セミナーを実施している転職サイトはとても少ないですが、いくつか存在します。セミナーなら応募や選考をする必要がないので気分的に楽です。

転職サイトでセミナーを受講する方法は、こちらの記事で解説しています。

オンラインセミナーで求職活動実績【在宅でWebで60分で】

まとめ

  • ハローワークの求職活動をすると、1回の活動につきハンコを1つもらえる。
  • ハローワークのハンコを2個集めれば、毎月2回の実績ノルマを達成できる。
  • ハローワークの求職活動とは、職業相談・職業訓練の相談・セミナー。
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。プライベートではPHP・MySQLでウェブサービスを作りつつ、副業で収入を得ています。「プログラミングは人生を豊かにする」と実感しています。