ハローワークの求職活動ハンコが実績1回分【面接いらない】

ハローワークでハンコをもらえば求職活動実績になるってホントかな。

ハローワークのハンコってどうすればもらえるんだろう。

ハローワークのハンコとは、ハローワークの求職活動で押してもらえるハンコです。

ハローワークの求職活動とは、職業相談・職業訓練の相談・セミナーです。

このどれかの求職活動1回につきハンコ1つ、必ず求職活動実績1回分になります。

自分のペースで就職活動したい人には、ハンコ集めがおすすめ。

無理やり就職活動したり、面接したりする必要なんか無くなります。

この記事では、ハローワークの求職活動でハンコをもらって求職活動実績にする方法を解説します。

ハローワークのハンコとは

ハローワークの求職活動のハンコを示す画像

これは私自身の雇用保険受給資格者証です。ハローワークで押してもらったハンコが並んでいます。

ハローワークのハンコとは、ハローワークの求職活動をしたときにもらえるハンコのこと。

ハローワークの求職活動には、次の3つがあります。

  • 職業相談(または紹介)
  • 職業訓練の相談
  • セミナー

このどれかの活動を1回行うと、雇用保険受給資格者証にハンコを1つ押してもらえます。

つまり、ハローワークのハンコ1つが、求職活動1回分の証拠となるわけです。

認定までにハンコ2つを集めれば、毎月2回の実績ノルマを達成でき、文句なしで認定してもらえます。

私の雇用保険受給資格者証(上の画像)をよく見てもらえばわかると思います。職業相談とセミナーを繰り返して、毎月、失業保険をもらっていました。

職業相談でハンコをもらう方法

ハローワークで職業相談をすると、雇用保険受給資格者証にハンコを押してもらえます。

また別の日にハローワークに行って職業相談をすれば、求職活動実績2回分を達成できます。

職業相談でハンコをもらう手順は、

  1. ハローワークのパソコンで求人検索して、求人票をプリントする。
  2. ハローワークの受付で「この求人票のことで相談したい」と伝える。
  3. 相談員に「この求人の応募者数はどのくらいですか」と聞く。
  4. 応募者数を教えてもらって相談を終えると、ハンコを押してもらえる。

相談を短時間で終わらせる方法は、相談窓口で求人への応募者数を聞くことです。

この求人が気になるんですけど、どれくらい応募してる人がいるんですか?

職業相談をして実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

ハローワーク職業相談で求職活動実績作り【質問と相談内容】

私が失業給付期間によく利用していたのが、セミナー&職業相談です。このセットを繰り返して、毎月2回の実績で認定してもらっていました。

職業相談(紹介)のハンコなし・ハンコもらい忘れ

職業相談または紹介を受けたときのハンコなし・もらい忘れたまま帰宅した場合は、再度ハローワークに行くと押してもらえます。

ハローワークの受付で、職業相談のハンコもらい忘れを伝えます。すると職員が利用履歴を調べてくれます。

職業相談をした事実が確認できたら、雇用保険受給資格者証にハンコを押してもらえます。

職業訓練の相談でハンコをもらう方法

ハローワークで職業訓練の相談をすると、雇用保険受給資格者証にハンコを押してもらえます。

職業訓練校に応募・申し込みしなくても、相談すればハンコを押してもらえて実績になります。

職業訓練の相談でハンコをもらうときの手順は、

  1. 職業訓練(一般教育訓練)のパンフレットの中から、職業訓練を選んでおく。
  2. ハローワークの受付で「職業訓練のことで相談したい」と伝える。
  3. 相談員に「この職業訓練の応募倍率を教えてください」と聞く。
  4. 応募倍率を教えてもらって相談を終えると、ハンコを押してもらえる。

相談を短時間で済ませる方法は、相談窓口で職業訓練校の応募倍率を聞くことです。

この職業訓練って倍率はどのくらいなんですか?人気ありますか?

職業訓練の相談をして実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

職業訓練相談だって求職活動実績になる!相談方法・質問内容

私が失業給付期間に職業訓練の相談を利用したのは2回でした。職業訓練を受けたい人が何回も相談するのは、あからさまに不自然です。利用できるのは給付期間中1~2回にしておくのが良さそうです。

セミナーでハンコをもらう方法

ハローワークでセミナーを受講すると、雇用保険受給資格者証にハンコを押してもらえます。

セミナーを受講してハンコをもらう手順は、

  1. セミナーのスケジュールを入手して、受講するセミナーを選ぶ。
  2. セミナーの申込みをする。
  3. セミナーを受講して講義が終わると、ハンコを押してもらえる。

セミナーに申し込むときは、申込開始日にすぐに申し込むようにします。

人気の高いセミナーは、申込開始の直後に定員が埋まってしまいます。

セミナーに申し込めば、あとは受講するだけなので精神的に楽でした。

セミナーを受講して実績にする方法については、こちらの記事で解説しています。

求職活動実績、セミナーのみでも失業保険認定!実例で解説

私の場合は、わかものハローワークで毎月1回セミナーを受講していました。ただし、認定に間に合うように日程を組むのがちょっと面倒ではあります。

ハンコないけど応募も実績

転職サイトの求人に応募すると、1社への応募を求職活動実績1回分にできます。

転職サイトで応募して実績にする手順は、

  1. 転職サイトの求人の中から応募先を探す。
  2. ウェブ履歴書を使って応募する。
  3. 失業認定申告書に「選考結果待ち」と記入する。

応募には、求人数の多い大手・直接応募型の転職サイトを利用します。

大手の転職サイトでは、ウェブ履歴書を応募に使用できます。

一度作った履歴書を何度も使い回しできるので便利です。

直接応募できる転職サイトでは、リクナビNEXTが登録から応募まで手っ取り早くて使いやすかったです。

リクナビNEXTに無料登録⇒応募先を探す

転職サイトの求人に応募して実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

まとめ

  • ハローワークの求職活動をすると、1回の活動につきハンコを1つもらえる。
  • ハローワークのハンコを2個集めれば、毎月2回の実績ノルマを達成できる。
  • ハローワークの求職活動とは、職業相談・職業訓練の相談・セミナー。
  • ハンコはないけど、転職サイトの求人に応募すると実績にできる。
求職活動実績の作り方【必ず認定される活動実績一覧・解説】

© 2019-2021 ノンブロ.