求職活動実績が簡単にできあがっちゃうんだよ~ん

求職活動実績が簡単にできあがっちゃう方法を示す画像

↑ フリー素材です。資料参考:トレンダーズ株式会社『Pakunaviパクナビ

私自身が失業保険受給中の求職活動で簡単に実績にできた方法は、職業相談・ネット応募・セミナー受講です。

失業認定まで時間がないとき。

ハローワーク(職安)に行くのが面倒なとき。

失業保険をもらいながらのんびりしたいとき。

この記事では簡単に求職活動実績にできる方法について解説します。

簡単に求職活動実績とは

簡単に求職活動実績とは、即日・在宅でできる次の方法です。

  • 職業相談:即日。ハローワークで申し込んで、その日のうちに相談するだけ。
  • ネット応募:即日・在宅。転職サイトの求人に応募すれば、実績2回分も簡単。
  • セミナー受講:在宅。転職サイトのセミナーに申し込み、後日に受講するだけ。

いずれも、私が失業保険をもらっていたときに使っていた方法で、簡単だと感じたものです。

職業相談が簡単に済む質問

ハローワーク(職安)で職業相談をすると、求職活動実績にできます。

1回の相談が実績1回分になります。

職業相談と聞くと、なんだか腰が重いですよね。

実績がほしいだけなのに、何を相談してよいのか
あれこれ聞かれて、話をするなんて面倒めんどくさそう

私も、最初はそう思いました。

職業相談は、仕事を紹介してもらうだけの窓口ではありません。求職にかかわることなら何でも相談できます。

そこで、仕事の紹介をもらう相談ではなく、求人票の不明点を相談するようにします。

ハローワークのパソコン求人検索で印刷した求人票を相談窓口に持って行って、こう質問してください。

この求人票が気になったんですけど、何人くらい応募してるかわかりますか?

応募者数を教えてもらったら、「家でじっくり検討してみます。」と言って相談は終わりです。

雇用保険受給資格者証に押印してもらうのを忘れずに。

簡単に短時間で実績1回分ができてしまいます。

ハローワークの職業相談については、こちらの記事でも解説しています。

ハローワーク職業相談で求職活動実績作り【質問と相談内容】

2回分が簡単!ネット応募

転職サイトの求人に応募すると、求職活動実績にできます。

1社への応募が実績1回分になります。

私の経験でも、この方法が一番簡単です。

でも、どのサイトでどうやればいいの?

ネット応募するときは、大手で、直接応募できる転職サイトを利用します。

  • 大手:ウェブ履歴書の機能がある。何度でも応募に使い回しできる。
  • 直接応募:自分で応募先を探せる。自分のペースで応募できる。

求職活動の実績に利用するのが簡単なサイトは、次の2つです。

  • リクナビNEXT:ウェブ履歴書・職務経歴書を作成して応募。年齢、経験・未経験を問わず幅広い求人が多数。
  • バイトルPRO:プロフィールを作成して応募。ハローワークのような地域性のある求人を探しやすく、応募しやすい。

一度登録を済ませておくと、今後の求職活動実績をつくるときにも便利です。

簡単に実績2回分をつくることもできてしまいます。

ネット応募で求職活動実績をつくる方法については、こちらの記事でも解説しています。

Web応募で求職活動実績【2回分を家で寝ながら片手でも】

お家で簡単!セミナー受講

セミナーを受講すると、求職活動実績にできます。

1回のセミナー受講が求職活動実績1回分になります。

セミナーは事前に申し込んで、受講するまで数日かかります。認定日まで余裕があるときにおすすめです。

セミナーの受講ってどうやるの?

実績に利用できるセミナーには、次の2つの方法があります。

  • ハローワークセミナー:ハローワークが主催する求職活動支援セミナー。申し込みから受講まで2週間程度。
  • 転職サイトのセミナー:転職サイトの実施するセミナー。ハローワークセミナーより頻繁に実施されており、申し込みから受講まで数日。

方法として簡単なのはマイナビやdodaのセミナーです。家にいながらウェブで簡単に受講できるのが優れています。

マイナビやdodaに会員登録すると転職支援カウンセリングの案内があります。このカウンセリングは職業紹介事業者の職業相談にあたります。また、カウンセリングを受けておくと転職活動が本格化したときに動き出しやすくなります。

転職サイトのセミナーを受講して実績にする方法は、こちらの記事でも解説しています。

Webセミナーで求職活動実績!オンラインで在宅で60分で

まとめ

  • 簡単に求職活動実績にできる手段は3つ。職業相談、ネット応募、転職サイトのセミナー。
  • 職業相談は、ハローワーク(職安)に行かなくてはならないが、相談が簡単に済む質問がある。
  • ネット応募は、大手、直接応募できる転職サイトを利用する。簡単に実績2回分をつくることが可能。
  • 転職サイトのセミナーは、マイナビやdodaの転職セミナーを利用する。家に居ながらウェブで簡単に受講できる。
インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

↑ こちらの画像は弊社のオリジナルです。フリー素材となっております。

弊社の記事・画像をおパクリになられるアフィカストレンダーズ株式会社『Pakunaviパクナビ』の資料を参考にして作成いたしました。

失業保険のネット応募関連の記事をお書きのアフィリエイトライター・ブロガーの皆様、ご自由にお使いくださいませ。

  • この記事を書いた人

non

小学生のときにBASIC言語でプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。