インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

求職活動実績をインターネット応募で作ったときの失業認定申告書の記入例

インターネットで求人に応募すると求職活動実績にできます。

応募には転職サイトを利用します。1社への応募が実績1回分になります。

応募辞退や選考結果にかかわらず、応募した時点で求職活動実績になります。

失業認定申告書には「インターネット・選考結果待ち」と記入します。

この記事では、インターネットで応募して求職活動実績にする方法を解説します。

応募の辞退の仕方も記事の後半で解説しています。

応募の実績に使えるサイトは、直接応募できるバイトルPROのような求人サイトです。

バイトルPROに無料登録して求人情報を見る

応募に利用する転職サイト

インターネットの応募に利用するのは、大手・直接応募型の転職サイトです。

※エージェント型の転職サイトは、自分のペースで応募できないのでおすすめしません。

大手には次のメリットがあります。

  • 求人数が多いので応募先を探しやすい。
  • プロフィールやウェブ履歴書を使用して応募できる。(一度つくれば何度も使い回しできます。

インターネットの応募に利用しやすい直接応募型の転職サイトは、次の2つです。

  • 転職会議:利用は無料。全国の会社の口コミが書き込まれる、転職活動中は必ず登録しておきたいサイト。年齢、地域、経験を問わず求人多数。
  • バイトルPRO:利用は無料。大手のディップが運営。業界、職種、雇用形態を問わず幅広く求人を探しやすい。プロフィールを作成して応募。

バイトルPROのほうがプロフィールの入力欄が少ないので、失業保険の毎月の求職活動に利用しやすいです。

2社に応募すれば、一気に実績2回分をつくれます。

インターネット応募の方法

インターネット応募の手順は、次のようになります。

  1. 大手の転職サイトを利用して応募先を探す。
  2. ウェブ履歴書を使用して応募する。
  3. 失業認定申告書に「インターネット・選考結果待ち」と記入する。

失業認定申告書を見るとわかるのですが、3の項目の選択肢から「(エ)インターネット」で申告できる書式になっています。

インターネット応募のコツ

  • いますぐ面談!にならない応募先を探す。
  • 複数の求人に応募する場合は、同じ職種にしておく。

インターネットで応募するときは、過去の職歴と同じ職種の応募先を探すのがコツです。

同じ職種にしておけば条件の良し悪しがわかるので、求人探しもスムーズに進みます。

また、未経験の職種から探そうとすると、志望動機を考えるのに時間がかかってしまいます。

失業認定申告書には『職種』を記入する欄があります。2社に応募する場合は同じ職種でそろえておくと違和感がなく、認定のときに信用を得やすいです。

失業認定申告書 記入例

求職活動実績をインターネット応募で作ったときの失業認定申告書の記入例

  • 応募日:応募した日付(認定前日までの日付)
  • 応募方法:転職サイトの名称
  • 応募したきっかけ:(エ)インターネット
  • 応募の結果:「選考結果待ち」

認定当日の求職活動は実績にできません。『応募日』に認定当日の日付を記入しないようにご注意ください。

インターネット応募の辞退

インターネットで応募するのはいいけど、辞退はどうするのか。

応募辞退は、選考通過の連絡があったときだけすればよいことです。こちらから動く必要はありません。

転職サイトを利用して応募した場合は、サイトに選考通過の連絡が届きます。辞退するときは次のように返信します。

先に他社でご縁があり、そちらで検討を進めております。この度はありがとうございました。

応募辞退しても求職活動実績になる

応募辞退や選考結果は、実績とは関係ありません。応募した時点で求職活動実績になるからです。

失業認定申告書に応募辞退したことを記入する必要はありません。『応募の結果』には「選考結果待ち」と記入しておきます。

応募辞退したのに選考結果待ち?と思われるかもしれません。でも、こう考えることもできます。応募辞退を伝えても、応募先が採用をあきらめていない可能性だって残っています。応募先から「当社としては一度お会いしたいのですが、いかがですか?」と返信がないかぎりは選考が続いているわけです。

インターネット応募の事実確認

インターネットの応募は、応募した事実を証明するものがありません。

証明するものを必要としないかわりに、公共職業安定所は「求職活動実績について事実確認を行うことがある。」と忠告しています。

応募さえすれば、事実確認を心配する必要はまったくありません。

求職活動中に活用できる転職サービス

応募の実績に使えるサイトランキング
1 バイトルPRO プロフィールの入力項目が少ないため短時間で応募できる。業界・職種・雇用形態を問わず求人が集まっており、応募先を探しやすい。
2 転職会議 大手転職サイトと提携しており、求人を探しやすい。会員500万人の100万件を超えるクチコミで、社風や選考過程の様子などがわかる。
3 doda 求人とエージェントの総合転職サービス。登録後のカウンセリングは職業紹介事業者との相談になるため実績になる。転職を急ぐときに。
 

実績になる求職活動はハローワークの紹介だけではありません。『雇用保険受給資格者のしおり』に書かれているとおり、職業紹介事業者でのカウンセリングや職業講習会、転職サイトでの求人の応募を実績として申告できます。

まとめ

  • インターネット応募の手順は、転職サイトで応募先を探して、ウェブ履歴書で応募する。
  • インターネット応募のコツは、過去の職歴と同じ職種の応募先を探す。
  • 応募に利用する転職サイトは、大手・直接応募型の転職サイトを利用する。
  • 失業認定申告書には「インターネット・選考結果待ち」と記入する。
  • 応募辞退は、選考通過の連絡があったときだけすればよい。こちらから動く必要はない。
Web応募で求職活動実績【2回分を家で寝ながら片手でも】
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。