転職フェアで求職活動【参加証明書は実績になるのか】

転職フェアを求職活動実績にする場合の失業認定申告書の記入例を示す画像

転職フェアに参加すれば求職活動実績になるのかな。

失業認定申告書にはどう書けばいいんだろう。

転職サイトが開催する転職フェアに参加して、求職活動実績にする方法があります。

ただし、参加証明書だけでは実績として申告できないのが通例です。

企業ブースを訪問してエントリー(応募)すると、1社へのエントリーが求職活動実績1回分になります。

失業認定申告書では、応募方法を「転職フェア」として、エントリーした企業名を記入します。

この記事では、転職フェアを利用して求職活動実績にする方法を解説します。

転職フェアで求職活動実績

転職フェアに参加して、求職活動実績にする手順は次のとおりです。

  1. 転職フェアの開催情報を入手する
  2. 転職フェアに参加する
  3. 企業ブースを訪問してエントリーする

1. 転職フェアの開催情報を入手する

転職フェアのほとんどは、大手の転職サイトが主催しています。

転職フェアを頻繁に開催しているのは次の2つです。

  • リクナビNEXT:『はじめての転職フェア』を各地で開催。(転職がはじめてじゃなくても大丈夫です)
  • doda:『doda転職フェア』を各地で開催。業種を絞ったフェアやITエンジニアのフェアなども開催。

どちらか片方にしか登録していない方は、この機会にもう一つの転職サイトにも利用登録することをおすすめします。

転職フェアの情報を入手しやすくしておけば、求職活動の機会をより多く得られます。

『はじめての転職フェア』が気になるなら…リクナビNEXTに無料登録~転職フェア情報を見る

『doda転職フェア』が気になるなら…dodaに無料登録~転職フェア情報を見る

2. 転職フェアに参加する

開催日に会場へ行って、転職フェアに参加します。

転職フェアでは参加証明書が用意されています。多くは、会場の受付でもらえます。

ただし、参加証明書をもらうだけでは求職活動実績にはなりません。

※参加だけでは『求職活動』にも『応募』にもならず、失業認定申告書に書きようがないのです。

3. 企業ブースを訪問してエントリーする

企業ブースを訪問して、応募書類を提出するかたちでエントリーします。

エントリーの事実があれば、失業認定申告書の『応募』欄に記入できる状態にできます。

1社へのエントリーが求職活動実績1回分になります。

転職フェアの参加証明書

求職活動実績の証明に必要な転職フェアの参加証明書の例

転職フェアの参加証明書をもらうだけでは求職活動実績にならないのが通例です。

失業認定では、転職フェアの参加証明書は『補助的な資料』という扱いになります。

求人が少なくて求職活動の機会が少ない地域では、転職フェアの参加を求職活動として扱ってくれるハローワークもあります。

転職フェアに参加するまえに、あらかじめ管轄のハローワークで確認しておくと良いでしょう。

企業提出用キャリアシート

一度ウェブ履歴書を作っておけば、何度でもプリントできて使いまわせるので大変便利です。

転職サイトのウェブ履歴書は、キャリアシートや履歴書・職務経歴書としてプリントできます。※手書きしなくて済むので便利です。

ウェブ履歴書を作成できる転職サイトは次の2つです。

  • リクナビNEXT:レジュメを作成すると、転職フェアの企業提出用の履歴書・職務経歴書としてプリントできる。
  • doda:ウェブ履歴書を作成すると、転職フェアの企業提出用キャリアシートとしてプリントできる。
履歴書・職務経歴書のほうが応募にも使えて便利です。

転職フェアで使用する履歴書・職務経歴書を作っておきたい…リクナビNEXTに無料登録~レジュメを作成する

転職フェアで使用するキャリアシートを作っておきたい…dodaに無料登録~ウェブ履歴書を作成する

失業認定申告書 記入例

転職フェアを求職活動実績にする場合の失業認定申告書の記入例を示す画像

  • 応募日:企業にエントリーした日
  • 応募方法:転職フェア名称
  • 応募したきっかけ:(オ)その他
  • 応募の結果:選考結果待ち

企業ブースを訪問してエントリーした場合は、失業認定申告書にその企業名を記入して申告できます。

1社へのエントリーを、求職活動実績1回分として記入します。

失業認定申告書の書き方【求職活動の全パターンが一目瞭然】

転職フェアが認定に間に合わない場合

転職フェアの参加~エントリーを実績にする場合は、転職フェアの開催日が認定に間に合う必要があります。

転職フェアの開催日が認定に間に合わないときは、転職サイトの求人に応募して実績にする方法があります。

1社への応募が求職活動実績1回分になります。

大手で直接応募できる転職サイトなら、自分のペースで応募できます。

求職活動の実績に利用しやすいサイトは、リクナビNEXTです。

2社に応募すれば、一気に実績2回分になります。

リクナビNEXTに無料登録して求人を見る

転職サイトの求人に応募して実績にする方法は、こちらの記事で解説しています。

インターネット応募で求職活動実績を急造!応募辞退も解説

実績になる求職活動はハローワークの紹介だけではありません。『雇用保険受給資格者のしおり』に書かれているとおり、職業紹介事業者でのカウンセリングや職業講習会、転職サイトでの求人の応募を実績として申告できます。

まとめ

  • 転職フェアで求職活動実績を作るためには、企業ブースを訪問してエントリー(応募)する必要がある。
  • 失業認定では、転職フェアの参加証明書は『補助的な資料』という扱い。
  • 転職フェアの参加を求職活動として扱ってくれるハローワークもある。
  • 転職サイトでウェブ履歴書を作成しておくと、転職フェアで使用できる企業提出用キャリアシートとしてプリントできる。
  • 転職フェアの開催日が認定日に間に合わない場合は、転職サイトの求人に応募して実績にする方法がある。
Web応募で求職活動実績【2回分を家で寝ながら片手でも】
  • この記事を書いた人

non

小学生のときにVBでプログラミングを覚え、社会に出てからはPythonを主力に通信業界で無線設計とGISシステム開発に携わること12年目。損害保険営業→自動車製造→運輸荷扱作業→建築現場作業→ネット通販企画→カーナビ品質管理→携帯無線設計SEと職を変えてきたジョブホッパーです。